自己愛性人格障害の人は実は本当のことが分かっている


>
こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

実は本当のことが分かっているというお話をします。

自己愛性人格障害の人は、

自分の記憶を都合の悪いことは消し、

本気で違う事実を作り上げ、自分でやったことですら

やっていない、と思い込む、と言われていますが、

実は、心のどこかで本当のことが分かっているのです。

Tiaraも経験上、そういうことを何度も言う場面を見てきました。

たぶん、Tiaraの元カレも

心のどこかでは、自分がしてきたことも全部分かってるんだと思うんです。

自己愛性人格障害の人は、

別れた元カノの話もよくする、という話を聞くのですが、

Tiaraの元カレも、元カノの話をしていました。

泣きながら電話をしてきて

「元カノにひどいフリ方をしたけど、本当は彼女は

何もしていないんだ。」と言って打ち明けてきたり、

「あいつは何にもわかっとらんかったんだ!」と言ってみたり。

Tiaraとの大事な約束もなかったようにふるまい続けて

Tiaraが別れるというと、ずっと嫌がらせをし続け、

それでも彼に戻ると言わないと、

急に泣きながら電話をしてきて

「思い出したんだ!全部思い出したんだよ!」と言っていました。

初めに聞いていたことと正反対のことを言っていた、

なんてこともざらにあります。

本当に思い出したのか、忘れていることのほうが

都合が悪くなったから今度は「思い出したんだ!」と言い出したのか、

わかりませんが、たぶん本当のことを覚えてはいるのです。

それを自分の都合によって

出したり引っ込めたり自由自在なのです。

でも、それに気づいたら

そんな人を信用できますか?

今後、一生ついていってもいい相手ですか?

自己愛性人格障害の人は

意見もころころ変わるので

自分の都合が悪くなれば、

長い間つきあい続けても、結婚をして子供がいたとしても

捨てたら、あなたが死んでしまう時でも

捨てるときは容赦なく捨てるのです。

あなたの意思など、付き合った期間など、

思い出など、関係がないのです。

付き合っていることが、結婚していることが、

自己愛性人格障害の人にとって

都合がよければ、モラハラをしていようと

絶対に別れません。

ターゲットとして都合がよければあなたを離したりは

しないでしょう。

でもそれであなたは幸せですか?

捨てるときはあなたが無一文だろうが、

子供がいようが、なんの迷いもなく捨てます。

そこの部分の感情が抜けているのです。

損か得か、都合がいいか悪いか上か下か、支配するかされるか、

捨てられるか捨てるかそのどちらかだけなのです。

あなたも人間なので、

そんな非常な扱いに耐えられませんよね?

そんな彼とでもいっしょにいたいですか?

自己愛性人格障害とは

そういった病気なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする