自己愛性人格障害のひとは本当はものすごく気が小さい

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとが

本当のことを言っているようにみえる

ことについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害のひとは

本当にコミュニケーション能力に

長けているひとが多く

第一印象がとてもよいです。

 

心がないと言われている病気なのに

なぜあんなにも印象が

いいのでしょうか?

 

自己愛性人格障害のひとは

普段はそうは見えませんが

とても臆病です。

自分はひどいことをしていても

それがばれることを

ひどく恐れています。

 

自己愛性人格障害のひとは

自尊心があまりにも低く

それに耐えられないため

いつも尊大で素敵な

自分を見せています。

 

しかし、心の奥には人の感情を

理解することができない不安と

恐怖に

押しつぶられそうになっているので、

いつまでも、その不安を隠しきれないです。

 

そのため、些細なことで

キレているように見えるのですが

自己愛性人格障害のひとにとって

それは些細なことかどうかも

分からないのです。

そして、自分の中の不安を

押さえきれずに、

誰にもばらさないような人を見かけると

自分のお腹の中の怒りを

ぶつけるのですが、

ぶつけてしまったあとに

それがばれることを

ひどく恐れています。

 

そして、極端に臆病なことから

その逆で、いっさい臆病なところを

見せられないのです。

 

そのため、普段はとても

堂々としているので

いつも自信満々に見えますが、

本当はその逆で

本当の自分(臆病でなんの価値もない自分)を知られることに

ひどく怯えているのです。

 

本当は、なんの価値もない自分ではなく

色々なことが普通の人よりも

器用にこなすことができるのですが

そんな自分を認めることもできません。

 

自分で自分が分からないのです。

 

人の反応を見てしか

自分がどんな風にみられているのか分かりません。

 

そのため、本当は

隠す必要のない自分を必死に隠しているため、

本当に素敵なところしか

いっさい見せないのです。

 

 

本来自己愛性人格障害のひとは

やらなくてもいいことを

たくさんしていて、自分のことで

いっぱいいっぱいになっています。

 

だからあなたのことを考えているような余裕はなく、

ただ自分を立派に魅せるためだけに

自分のために必死でひとを潰してみせているのです。

 

本来、そんなことをしなくても

充分魅力的にみえ

普通の人よりも特をしていることが遥かに多いのですが

それでも自分を認めることができない

極端なほどに自尊心のない

最後まで人の心をみることのできない

哀れな病気なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください