自己愛性人格障害の罪悪感がないことの本当の怖さ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人には

心がないということの意味について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

よく心がないといわれていますが、

自分の感情に関しては

普通の人よりも敏感すぎるほど

感じやすい傾向にあります。

臆病なのもそのためで

普通の人よりも

とても傷つきやすいのです。

あなたは共感力が高いので

そんな彼の寂しさが何となく伝わってしまい

彼をほっておけなくなるのかもしれませんが

自己愛性人格障害とは

本当に恐ろしい病気です。

共感力がないと

こんなにもひどいことをしても

平気でいられるのかと

驚くほどです。

そもそも罪悪感がいっさいないので

自分がどんなにひどいことをしていても

ずーっといい人の顔をしています。

何をしてもまったくなんとも思わないのです。

むしろ人がつぶされるところを見て

自分の自尊心が少しだけ上がりますので

気分が高揚しているくらいです。

心がないから余計いい人に見えるのです。

どんなに人を傷つけた後も

天使の顔で笑顔を届けてくれるので

もしかしたらこの人は

何にも悪いことをしていないのではないかと

思うほどです。

心がないから

だからわからないのです。

自分の感情だけは

顔や態度にも出るほど持っていますので

優しい人ほど

自己愛性人格障害の人を

ほっておけないでしょう。

ですが、自分に思いやりの心をくれる

そんな優しいあなたに

精神的な虐待を何度も何度もはかり

自分の精神を安定させているのです。

自己愛性人格障害の人は

人間ならできないようなことも

罪悪感なしにできるので

善の雰囲気をかもし出しているのです。

だから周りの人にも気づかれず、

コミュニケーションが取れたり

いい人だと思われたりします。

あと本当の自分というものがないので

全く嫌な感じがしません。

人間とは本来個性があり

その個性が人によって

合ったり合わなかったりするのですが

自己愛性人格障害の人は

個性をその場に合わせて

自由自在に変化させることができるので

周りの人に全く嫌な感じを与えないのです。

そして自分が心を許す

特定のターゲットにだけ

敵対心をむき出しにして

自分の中の怒りをぶつけてすっきりしているのです。

普通の人は

何もしていない人に腹を立てたりしないし

こじつけてわざわざ悪者にして

けんかを吹っ掛けることもありません。

だってそんなこといちいちしていたら

めんどくさいと思いませんか?

いくらあなたから離れていかないと

信頼している人にだって

離れていかないからと

いちいち自分の中の怒りをぶつけたりしませんよね?

普通の人もちょっとイライラしているときに

仲の良い人に八つ当たりをすることくらいは

あると思います。

ですが、八つ当たりをしてしまったことは

した本人が一番よくわかっているし

誤らないときもあるかもしれませんが

今度は

八つ当たりをしないようにしようと思ったり

ごめんね、さっきはちょっとイライラしてた、

などと謝るときもあるでしょう。

ところが自己愛性人格障害の人には

それがまったくないのです。

自分が傷つくことが怖いので

自分が悪いと思うことさえしようとせず

そうなったからにはあなたのどんなところが悪いのか

あぶりだしてでもつなげて

どうしてもあなたのせいにするのです。

そのことに対しても一切罪悪感がありませんので

あなたが責任感が強すぎる場合は

彼を怒らせたのは

私のこんなところだ、と

あなたも彼と一緒になって

自分の悪いところをあぶりだしてしまうので

話が成立してしまうのです。

そしてあなたは何もしていないのに

どんどん悪者になっていき

自己愛性人格障害の人の

おなかの中にもともとある怒りを

ぶつけられても

仕方のない人になってしまうのです。

良心が強い人ほど悪びれたり

申し訳なさそうな顔をするので

そのままでいると

何もかもがあなたのせいになってしまいますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする