自己愛性人格障害の被害者の悲劇

こんばんわ♡

今日は、

自己愛性人格障害の

被害者の悲劇について

お話ししようと思います。

暗い話かとお思いのひとも

いるかと思いますが、

大切な話なので

よく考えてみてくださいね。

自己愛性人格障害の被害に遭うひとは

自己愛性人格障害のひとから

価値のない人格的に問題のある人だ

と見せかけられていることが多く、

とても孤立しやすいと思います。

本当は優しすぎるひとが多く、

自分のことよりも他人のことを

優先しがちな

尽くすひとが多いと思うのですが

真逆に思われるように

自己愛性人格障害のひとから

印象をコントロールされています。

自己愛性人格障害の

被害者になりやすいひとが、

どうしてそんなにも

他人に合わせるのかというと

できるだけひとと

仲良く平和にしていきたいからです。

少々自分が我慢をしたり、

相手のために努力をしたりして

自分を犠牲にしていても

相手のひとと

平和に暮らせるなら

それでいいからです。

自己愛性人格障害の被害者に

なりやすいひとは

平和に穏やかに暮らせれば

それでいいのです。

もちろん、他人を蹴落とすつもりなど

いっさいなく、

お互いが幸せであることを望みます。

それなのに

自己愛性人格障害の特徴的な

他人よりも優位に立たなければ

極度の不安にかられる特徴から

被害者がひどいことをしていると

見せかけられたり

なんの才能もない価値のない存在だと

周りの人に見えるように

コントロールされているのです。

人は

いろいろな性質を持ったひとがいて

自己愛性人格障害ではないにしても

他人がひどく思われることを

どうでもいい、と思っている人や

逆に一緒になって笑っている人物も

たくさんいます。

人の悪い話で盛り上がるひとが

思ったよりも大勢いるのです。

tiaraは優しいおばあちゃんから

幼い頃、

「お友達には優しくしないと

だめだよ。

意地悪をされても

絶対に仕返しをしたらいけないよ。

tiaraまで意地悪をしたひとと

同じになってしまうから

やられてもやり返しては

絶対にいけないよ。」と

教えられてきました。

おばあちゃんはとても素敵な人だし

とても優しいひとだと

幼い頃からずっと思っていて

小さな頃から

ずっとずっと大好きな

おばあちゃんでした。

今でもおばあちゃんのことは

大好きですし、

今でも間違ったことは

言っていないと思っています。

あなたも

子供の頃に

両親や周りの大人から

このようなことを

言われてきたかもしれませんが、

この正論を信じていると

自己愛性人格障害のひとから

叩き潰され続けていても

やり返してはいけない、

と思うでしょうし、

あなたの思いやりが

いつか相手にも届いて

あなたの大切さに気づく、と

おもってしまうかもしれません。

ですが、あなたの相手がもし

自己愛性人格障害のひとだったと

したら

最悪なことになります。

あなたは叩かれ続けても

相手に寄り添うように

努力を続けてしまうでしょうし

あなたがもし、

根性のあるかたなら

潰され続けながらも

相手の悲しい気持ちに気づいてしまい

一生懸命

分かってあげようとするでしょう。

ですが、あなたがそんなけなげな面を

見せれば見せるほど、

自己愛性人格障害のひとは

あなたには

どんなひどいことをしてもいい、

と認識してしまい、

あなたの評判を社会的に落とすことに

快感を覚え、

それでいてあなたの前では

あなたに一生懸命つくしているような

ことをいってくるでしょう。

こうなってしまうと最悪です。

あなたは彼から信用を

潰されているどころか

あなたのことを信頼してくれる友達は

周りに誰もいなくなって

しまうのです。

しかも自己愛性人格障害の

被害に遭うようなひとは

自分が少々我慢をしても相手のために

全力で尽くすひとが多いので

気づいたときには

あまりの理不尽さに

たとえようのない、

ショックを覚えます。

そして、そこまでしてきたのは

相手との平和な関係のためだったのに

あなたは簡単に

無価値化されてしまい、

あなたのせいで

二人は別れることになったと

言われてしまうのです。

自己愛性人格障害のひとは

被害者が

一方的に悪く見えるように

例えるのがうまいので

信じたひとたちとあなたは

結果的に関係を

断たれてしまうのです。

こうなってしまうと

あなたのことを

信じるひとは誰もいません。

tiaraは、

一生懸命尽くしているあなたが

悪く思われることが

どうしても許せないのです。


あなたの人生は

あなたの舵どうりでないと

いけないのです。

すくなくとも被害者が

加害者呼ばわりされることだけは

どうしてもゆるせません。

だからあなたの今後の人生は

自己愛性人格障害の人を

みつけたら

すぐに距離を置くことを

オススメします。

どんなに素敵に見えても

彼はあなたのことなど

少しも考えていないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする