自己愛性人格障害の被害者に見られる罪悪感について

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の被害者に見られる

罪悪感について

お話しようと思います。

 

自己愛性人格障とは、

態度で嫌がらせをして口では

何も言いません。

 

態度で

あなたにのみ、分かるように

怒りを表したり、イラついた態度をとって

あなたが、自ら気を使い

自己愛性人格障害の人の機嫌を損ねないように

遠慮するように仕向けます。

 

そして、あなたが自分のせいだと

罪悪感を持つことに

高揚しています。

 

自分が攻撃していないのに(本当はしている)

あなたが自ら

最悪間を持って堪えていることに

満足して少しだけ気分がよくなります。

あなたが自分で

自分が悪いと罪悪感を持つことを

目的としています。

 

そのために

あなたに嫌がらせを繰り返し

そして、それはあなたが悪いせいだと

あなたに思い込ませます。

 

究極のSとも言えそうですが、

自己愛性人格障害の人もまた

自分の中に自尊心が低すぎて

辛い、という面を持っています。

 

それを自覚すると

辛すぎて

生きていけないくらいのショックを感じるので

自分はそんな人間ではないと思い込むために

周りの人を自分よりも下だと

思い込みます。

 

そして、そんなひどいことをしていながらも

そんなことをしていると自覚してしまうと

ショックで耐えられないので

自分が悪者にならないためにも

あなたのその自信のなさを利用し

あなたが悪いと思い込ませています。

 

共依存症の人は

まんまとそれに乗ってしまい

本当に自分が悪いと思い込んでしまい

罪悪感に苦しんでしまうのです。

 

Tiaraが自分の経験から

そんなことないよと言えば

たいていの人は気づくのですが

自分の感情に自信がないため

人から言われないと自分が悪くないとは

自信を持って思えないのです。

 

 

自己愛性人格障害の被害にあうような人は

自分の考えに自信がないため

自分が何もしていなくても

一生懸命自分が悪い理由を

探してしまうのです。

そして今までの世の中すべてが

今まではそのような傾向にありました。

 

あなたも、両親や周りの人から

お前が悪い、人が悪いと思うなんて

反省の色のない証拠、などと

言われたことがありませんか?

 

それは正論で、

確かになんでも人のせいにする人、というのは

いることは事実です。

 

 

でも、自己愛性人格障害の被害にあうような人は

自分が悪くなくも

自尊心が低すぎるために

何にもしてないのに

自分の悪いところを一生懸命探して

何かその理由らしきものを見つけて

だから彼の機嫌が悪くなると、

自分を納得します。

 

そして、それを直せば

彼が許してくれると

無意味な努力をし続けるのです。

 

そして、もともと

自己愛性人格障害の人の中に

怒りがあることを知らないので

あなたがいくら治しても

いくら彼に寄り添っても

どんどん彼に責められることに

どんどん辛くなっていきます。

 

 

そして周りの人も

あなたが一生懸命反省するのを見て

やっぱりあなたが何かしたんだ、

と納得しあなたを悪者だと思って納得するのです。

 

人は、自分で理解できないものに関して

不安でたまりません。

 

だから納得できる理由が見つかれば

それが正しいか、正しくないかを

冷静に判断することなく

あ、なんだ、そっか、と

簡単に

自己愛性人格障害の人の

怒った理由がわかったと思い込み

安心するのです。

 

そして、それを繰り返すごとに

あなたも周りの人も

あなたが悪い、ということで

考えが落ち着き

どんどんあなたが悪くて当たり前だという

状況が出来上がっていくのです。

 

それはすべて自己愛性人格障害の人の

都合がいいように

事実が出来上がっていくのです。

(本当は事実ではない)

 

だからあなたが、

本当に自分が悪いのか、

本当に自己愛性人格障害の人を

そこまで怒らせるようなことをしたのか

判断してみてください。

 

 

自己愛性人格障害の彼とうまくいきたい一心で

自分が本当にしたことでないことで

謝ったりしないでください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください