自己愛性人格障害の人は事実と違うことを言ってあなたを混乱させる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

事実と違うことをいい、

あなたを混乱させる

ということについて

お話したいと思います。

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいていても

まだ、彼がなおるのではないかと

思っている人も大勢います。

今まで一緒にやってきた彼です。

そんなに簡単に

別れたくないですよね。

誰だってそうだと思います。

ですが自己愛性人格障害のひとは

あなたを守ってくれていると

思いますか?

自己愛性人格障害のひとは

本当に優しく穏やかで

時に本気で注意してくれて

あなたのことを心配してくれて

大事にしてくれているように

見えますよね?

ですがそれは

長くは続かないのです。

彼は自己愛性人格障害という病気のため

尊大で立派な人物を演じています。

ですが、それは彼自身のためで

そうしていないと彼の精神状態が持たないのです。

ところが、あなたは

あなたのために

彼が本当にいろいろしてくれている、

と思っています。

tiaraもそう思っていました。

tiaraは年上で子供がいます。

そんなtiaraや子供たちに

いつも楽しい話をしてくれたり、

いろいろと面倒を見てくれていました。

tiaraのまわりのひとも

誰もが彼を信用してくれていました。

はじめは心配してくれていたtiaraの両親も、

だんだんに、

彼を信用してくれ、

本当に彼のことを気に入っていました。

tiaraの両親にも

彼はとても優しくしてくれたのです。

自己愛性人格障害だなんて

信じられませんでした。

違っていてほしい、

本気でそう思っていました。

でも、最後には明らかにおかしい彼の行動に

これは普通ではない、

と感じたのです。

今までの彼からは

考えられない態度でした。

疑いは、やがて確信にかわり

もう、彼とは怖くてまともに

話せなくなってしまったのです。

それなのに

それだけおかしい行動をしていて

tiaraが離れるとわかると

とたんにすごいつがみつき行為を行いました。

以前なら

うれしくて

すぐに戻ってしまったでしょう。

ですが、もうさすがに

あまりのギャップにその言葉が

空々しくて

とても彼の本当の気持ちには

思えませんでした。

何を言ってもいいから

ただ引き戻したい、という

必死の思いに

むしろ恐怖さえ感じるようになってしまいました。

自己愛性人格障害の人は

あなたをかばっているように見えて

じつは普段から混乱させていたのです。

普段の不可解な行動が

すべてあなたを混乱させ

追い詰めるためにしてきた出来事だったのです。

そしていざ人が入ったときに

あなたが混乱しているといえば

ふだんからあなたを混乱させているので

あなたには判断能力がなく

周囲の人に信じてもらえません。

ただでさえ、彼をかばい、

そしてあなたは、説明べたなため

周りの人は

自己愛性人格障害の人の話を

信用してしまう可能性が高いのです。

あなたがおかしいのではなく

あなたを混乱させて

判断能力をなくさせているのは

信用されている自己愛性人格障害の人

本人なのです。

それに気づいたら

自己愛性人格障害の彼からは

心を離していってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする