自己愛性人格障害の人の本当の自分

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の人の中の

本当の自分について

お話ししようと思います。

 

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気付いても

彼といると虐待されているとき以外は

本当に居心地がいいと思いませんか?

 

ターゲットにさえならなければ、

本当に素敵な人が多いと思います。

 

なぜか。。。

自己愛性人格障害の特徴である

尊大な自分を見せるという特徴がそうさせるのでしょうか。。。

 

あなたは、他の人にはとてもよくしている彼を見ているので

よけい納得がいかないのかも知れませんね。。。

 

でも、それは自己愛性人格障害の彼からの信頼が

他の人たちよりも、あなたのほうが厚いから

そうなるのです。

自己愛性人格障害の人は

そうは見えませんが、自尊心が非常に低いために、

自分を出すことができないのです。

 

本来は臆病なので、自分のことを好きかどうかわからない人には、

どうしても親切でいい人を演じることがやめられないのです。

 

あなたは、自己愛性人格障害の人の恋人であるため、

彼からの絶大な信頼を得ています

 

だから彼は、あなたにはモラハラ行為ができるのです。

 

自己愛性人格障害の人は、なかなか人を信用することが難しく

彼の信頼を得るのは、

彼が起こす数々の嫌がらせ行為に

耐え、彼についてくるあなたしかいません。

 

本当はどうしたらいいか分からないのです。

 

そのために、本来の自分は0なのです。

本当は心のそこで本人さえも気づいてはいませんが、

自己愛性人格障害の彼は、

自尊心が非常に低く、自分には価値がないと思っています。

 

それが、ものすごく恥ずかしいので、

全力で隠しています。

本や、映画などで覚えた尊敬する人物を

そのまま演じることで、自分がその人物だと思い込みます。

 

それで、外で堂々としていられるのです。

 

でも、本当は心のそこで

自分に自信がないので、それが世間にばれることを

恐れています。

 

世間の人にばれないためにその尊敬できる人物を

いつも全力で演じています。

 

それは、本人にとって

ものすごくつらいことですが、

周りの人からはそうは見えないのです。

 

それでそのストレスを

常にガス抜きしないと耐えられないので、

一番信頼できる逃げていかない存在のあなたで発散しています。

 

その発散することをやめることは

本人にとってものすごくつらいことなのです。

 

あなたがそういうことは嫌だからやめてといっても

聞けないほどつらい状況を生きている自己愛性人格障害は、

言うことを聞いてやめたり

あなたの立場を考える余裕がありません。

 

自己愛性人格障害の人は、

自覚なく、自分を守るために嫌がらせをし続ける

病気なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください