自己愛性人格障害の彼との穏やかな関係

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

やっていけるのか、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

みなさんの相談を受けているとき

時々、考えるんですよね。

 

自己愛性人格障害の彼と

やっていけないのかって。

 

Tiaraの元彼はきっと

途中で自分の性格に気づいていて

(というか彼が

そう言っていたんですが)

自分の性格を直そうと思ったんです。

 

以前の彼女に振られたときに

すごくショックを受け、

死に物狂いで性格を変えたんだ

って言っていました。

 

Tiaraと一緒にいるときの彼も

ときどき本当に抑えているんだな、と

感じたことは何回もあって、

彼が努力していたのは

感じていました。

 

それでも、最後に

激化したということは

何かのきっかけで

彼の中のタガが外れ、

自分の中の感情を

止められなくなったんだと

思います。

 

自己愛性人格障害の彼と

やっていくには

どちらかが、あるいはお互いに

変わっていく必要があります。

 

いろいろ試してみましたが

結局、自己愛性人格障害の人は

自分で抑えていても

感情の動きがほかの人と違うので

何かの拍子に爆発してまうと

相手が悪いわけではなくても

どんどんと力を強め、

相手を潰してしまいます。

 

そして、あとで後悔しても

もう遅いのです。

 

では、あなたが変わった場合は

どうなるのでしょうか。

 

どれだけ虐待を強められても

ずっとそれに耐えていては、

自己愛性人格障害の症状は

結局強まってしまいます。

 

それでは、あなたのこころか命が

もたないでしょう。

 

 

 

Tiaraは自分の、

彼と一緒にいたい感情を押さえ

反応を抑え、

そして離れていくことで

結果、安定した関係になることが

できましたが

それは彼から離れてしまう、

ということになってしまいました。

全然彼と関係のないところで

彼のことだけを思って生きる、

という少し離れた関係でなら

穏やかで彼から攻撃を受けないで

いられるのです。

 

常識で考えれば

Tiaraもよく言われることなのですが

もういいじゃん、という話ですよね。

 

まあ、本当のことを言って

もういいんです。

 

ただ、自己愛性人格障害という

不思議な特徴を持った人の

存在を知ったことで

Tiaraの雰囲気も

がらりと変わってしまいました。

 

はたから見ると

すべてを否定しているような

拒否しているような

そんな人に見えているようですが

本当はそんなことないのです。

 

でも、これが平和だから

こうやって生きていくしかない。

 

被害者の人も

また普通には生きられないのかな?と

思いました。

 

ただ、被害者の人も

相手が普通なら

自分の感情を出してもよくて

自分の感情を出したところで

怒られるわけでも、嫌われるわけでも

ありません。

 

だからこれは、

ただの相性の問題で

お互いが安定して一緒にいられたら

いいだけの話ではないでしょうか。

ただでさえ、現代社会では

いろいろな問題も多く

一生懸命生きていかなければ

いけません。

 

せめて近くにいる人とは

穏やかな関係でいたいものです。

 

仕事がら、いろんな人に

お会いしますが、

たまに本当に話がお互いに

理解できる人と会うと

びっくりします。

 

 

それが普通なのかもしれませんが

そうやって普通の世の中を

生きている人もいるのです。

 

そしてそんな普通の人にも

それぞれ悩みがあり、

決して楽して

生きているわけではないんだなと

わかると

わざわざ人のことを否定しなくても

羨ましがらなくても

みんながそれぞれ

悩みをかかえながらも

それでも友達や仲間がいて

楽しい時を過ごしているんだなと

分かります。

 

 

穏やかな人間関係で

苦労をしながらも

お互いが認め合っていけたら

いいですよね。

 

自己愛性人格障害のひとと

穏やかな関係を築いていくには

少し離れたところから

最低限の関わりをもつことでしか

保てないのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください