自己愛性人格障害の被害に遭い、メンタルが壊れてしまった人たちへ


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

人の気持ちや感覚的なものは

分からず攻撃している、

ということについてお話しします。

自己愛性人格障害の相談を受けていますと

たまに

あまりにひどい被害を受けてきたため

相手のひとを憎む気持ちが芽生えてしまい

憎しみの気持ちに苦しんでいる人たちが見えます。

自己愛性人格障害のひとよりも

自分がおかしくなってしまったのではないかと

錯覚する人もいるようですが

違います。

実際に、被害者のほうが

自己愛性人格障害のひとから

周りの人たちをコントロールされ

悪者になってしまう場合も

ありますが、

被害者の方が悪いわけではありません。

それではなぜ憎しみの気持ちを

持ってしまっているのかという

質問があったのでお答えしますと

自己愛性人格障害のひとは

そうは見えませんが、

自尊心が非常に低く

本当は自分は周りのひとよりも

価値がないのではないかという

恐怖に苦しんでいる病気です。

そのため、周りの人に

価値がない人間だとばれてしまわないか

非常に恐怖心を持っていて

全力で隠しています、

だから、常に虚勢を張って生きているので

逆に強そうに見えたり、

尊敬できるような素晴らしい人に

見えているだけです。

心の奥底では

それが世間の人にばれることを

非常に恐れているので

大変臆病です。

ですが、その極端な臆病心のため

自分の価値が低いことを

病的に恐れているため

非常に用心深いのです。

だから本当は

自分のおなかの中の怒りを

誰にでもぶつけることはできず

相手がまだどんな人物か分からない場合は

とても親切で優しい人物を演じています。

その姿を見て

世間の人がいい人だと思うわけですが

少しでも自己愛性人格障害のひとから見て

この人はとてもやさしい人だとか

自分よりも立場が低い人だとみなされた場合は

少しづつ、徐々に嫌がらせをして

あなたの様子を見ます。

それであなたが

彼が嫌がらせをしていることに気づいて

怒ったり、嫌な顔をして

自己愛性人格障害のひとのことを

嫌な人だと感じた顔をした場合

自己愛性人格障害のひとは

あなたに嫌がらせをできなくなります。

自己愛性人格障害のひとは

人から極端に嫌われたくないので

全力でいい人を演じて

自分のしたことをなかったことにしたり

一生懸命ご機嫌を取って

あなたの勘違いだったと思わせているのです。

するとあなたが安心して

また彼と普通にお付き合いをすると

しばらくは優しい人格者を演じているのですが

また、あなたがすっかり水に流して

自己愛性人格障害のひとを

受け止めれば受け止めるほど

安心して、またあなたに攻撃を

仕掛けてくるのです。

あなたにごまかしが通用する、

と思われてしまうと

あなたをごまかしたりご機嫌を取ったりをしながら

嫌がらせを徐々に強めていきます。

あなたは心が広いので

少々のことは

水に流して普通に接してくれたり

また元のように仲のいい関係を戻してしまうと

優しい時と嫌がらせを

交互に繰り返すようになるのです。

そして少しづつあなたも

嫌なことをされてもまた反省して

元の優しい彼に戻ってくれる、と

思い、彼が怒っても

たまたま嫌なことがあったんだなとか

理解するようになってしまい

ひどいことをされてもまた戻ってくる、と思ってしまい

なれてしまうのです。

実際、Tiaraも

彼の機嫌が急に悪くなることには

気づいていましたが

Tiaraが知らない間に

彼の嫌なことをしちゃったのかなあ

と考えてしまい、

自分が悪くないのに彼と仲直りしたい一心で

一生懸命謝ったり、

しばらく無視をされていても

許してくれるまでずっと耐えてきましたが

自己愛性人格障害という病気を知ったとき

すべてが納得できたのです。

あなたがもし、自己愛性人格障害のひとに

とことん攻撃をされてしまったのだとしたら

あなたは相当ひどいことをされても

許して水に流してきたのだと思います。

そうやって自己愛性人格障害のひとが

理不尽なことをしてきても

許してきてしまっただけなのです。

そりゃあ、何も悪いことをしていないのに

理不尽に攻撃を続けられていると

そのうちに笑っていられなくなりますし

被害者も責任感が強すぎるため

なんにもしてないのに

自責の念に駆られて苦しみ

自尊心をやられてしまいます。

自分には価値がないと

自分でも周りの人からも思われてしまい

すべての悪の根源が

あなたのように思われてしまうのです。

これまで説明したように

ずっと本気で付き合ってきて

できるだけ彼に合わせてきて

自分の意見など言ったことがなかったのに

どんどんあなたが悪いことにされ

一方的に捨てられてしまったり

ほかの女の人のところへ

彼が行ってしまったとしても

それはあなたのせいだと思わされています。

ですがそれは、あなたが悪いからではなく

あなたが自己愛性人格障害の彼に

合わせすぎてしまったがために

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたにターゲットを決め

あなたを傷つけるために

わざわざほかの女のひとと

付き合ったりしただけなのです。

そこに何の意味もなく

相手の女性のほうが

あなたよりいいわけでもなく

あなたが悪いわけでもなく

あなたがあまりにも優しすぎるから

あなたに怒りをぶつけても怖くないのです。

悲しいですが、自己愛性人格障害のひとに

彼女を大切にしよう、という気持ちは毛頭なく

彼女に優しくしているこんな素敵な俺、

彼女を幸せにしているこんなにもいい人の俺

彼女のような手のかかる女の面倒を見るなんて

なんてかわいそうな俺なんだ、と

すべて自分しか見えていないのです。

浮気もはずかしいこと、だとか

いけないこと、だとか

自己愛性人格障害のひとは思っておらず

あなたより優位に立てれば

それだけでいいのです。

浮気もあなたが縋り付く前提でしていて

本当にあなたが彼に愛想が尽きたから

浮気をした、というわけでもなく

あなたが彼を大事にしていないから

浮気をした、ということでもなく

自分があなたよりも上の立場に立って

見下せていればそれでいいのです。

これは恋人や夫婦の関係だけでなく

会社の同僚や上司でも

同じような関係性となってしまい

自己愛性人格障害のひとが

自分が優位に立つために

あなたにひどいことをして

苦しめれば苦しめるほど

安心していくのです。

これだけ叩かれていれば

普通のひとなら憎しみの気持ちを

持って当たり前です。

今までは、理不尽な思いをしても

憎しみの気持ちや怒りを

あまり持たなかったことが

むしろ問題だったのです。

あなたの周りにいる人は

いい人ばかりではありません。

ひどい人もいるし、

人を虐めて楽しむような人もいます。

その人たちに向けても

あなたの優しさや思いやりの気持ちや

相手に寄り添う気持ちを見せたところで

相手がそういったひどい人なら

許してくれるわけもないし

関係性が良くなることなどないのです。

あなたが一方的に寄り添えば寄り添うほど

自己愛性人格障害のひとは

安心してあなたへの攻撃を

どんどん強めてしまうのです。

あなたが自己愛性人格障害のひとに

憎しみの気持ちを持ってしまった場合は

あなたが自分を大切にする気持ちをあまりにも

無視していたから

ひどいことになったのです。

これからは

自分が少しでも傷つけられたと気付いたときにな

あなたを傷つける人に

歩み寄ろうとせず

あなたを傷つける人から

遠ざかるようにしてください。

あなたがこれまでもし

トラブル続きだったと思うなら

あなたが自己愛性人格障害のひとに

寄り添ってしまいすぎていなかったか

よく考えてみてください。

人はすべてのひとと同じようにいい関係を保てることはあり得ません。

あなたはあなたを大切にしてくれる人にだけ

あなたの優しさを向ければいいと思います。

余分な人間関係で苦しむことは

人生にとって時間の無駄ですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする