自己愛性人格障害の被害に遭い続けているとだんだんとあなたの輝きを失ってしまう


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害に遭いつつけていると

あなたの輝きをだんだんと

失っていってしまう

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

とても頼りがいのある人が多いです。

それは、人よりも

常に上に立とうとし続けているので

本当にかなりの確率で

ひとよりも上に立っているので

そのオーラが

とても優秀で頼りがいのある人物に見えます。

自己愛性人格障害のひとも

尊大な自分を魅せつけることで

称賛してくれる女性がいると

高揚感が増すので

そういった女性を選んで

近づいてくることが多いのです。

だから、共依存症のひとと

自己愛性人格障害のひとは

とてもカップルになりやすいのです。

付き合い始めたばかりのころは

本当にお姫様扱いをしてくれるので

そんな彼に夢中になってしまう人も多いですし

本当にとても素敵な映画のような恋をします。

お互いにこの人だと

信じて疑わないのも

当然だと言えるでしょう。

ですが、あなたがどんなに

安心してついて行ける、と思っても

なぜか何度も

突き放されるようなことばかりが起きるので

だんだんとあなたは不安になっていきます。

あなたは自分が何かしたのかと不安になり

彼から嫌われたくないがために

だんだんと

彼に逆らえなくなっていきます。

自己愛性人格障害のひとは

必ず人との力関係が

上か下かで

動いてしまいますので

あなたが彼のことを

好きになれば好きになるほど

あなたを無意識のうちに支配して

あなたを下だと判断して

しまうようになるのです。

もしも、あなたの方が

彼よりも優れていて

頭もよく、仕事もできて弁もたつのなら

彼はあなたに一切逆らわなくなり

驚くほど従順な姿を見せると思います。

今までTiaraの恋愛相談室に来る方で

そのような方を見たことがありませんが、

もし、自己愛性人格障害のひとよりも

圧倒的にあなたの方に力があるのだとしたら

もしかしたらとても幸せな時を

過ごせるのかもしれません。

自己愛性人格障害のひとは

自分のほうが上だとみなしたときに

どんどん相手を見下していき

どん底まで追いやってしまった後

その人にもう何も

魅力を感じなくなってしまうと

ぼろ雑巾のように平気で捨てると

言われています。

だから、あなたが圧倒的に

彼よりも優れた人間になれば

彼からモラハラを受けることはありません。

ですが、そういった女性は

自己愛性人格障害のひとに惹かれませんから

自己愛性人格障害のひとと

恋愛関係になることは

ありえないでしょう。

気づく人は、自己愛性人格障害のひとが

人を下に見下すことで

上に立っていると気付くことができるので

自己愛性人格障害のひとと

距離を置くことができるのです。

自分に自信のない人や

誰かに頼り切っていきたいと

心の中で望んでいる人ほど

そういった男性を素敵だと

とらえてしまいやすいです。

プライドの高い女性や

自分に自信のある女性は

自分を見下されたりバカにされたりすると

許せないので

そういった男性を選んだりしません。

だから、あなた自身が

自分を大切にすることで

自分を傷つける人を

寄せ付けなくなることができるのです。

もともとのあなたは

普通のひとよりも優しく

自分を犠牲にしてでも

相手のために寄り添うことのできる

とても思いやり深い女の子です。

ですが、自己愛性人格障害の被害に遭うと

自己愛性人格障害のひとから

何もしていないはずのあなたのイメージを

信じてもらえないように

コントロールしてしまいますから

周りから誤解されることが

多くなってしまうのです。

あなたの方に

なんの心当たりのないのに

信じてもらえなくなってしまうので

とてもつらいですよね?

しかも自己愛性人格障害のひとと

上手くやっていきたいからこそ

自分の気持ちを押さえてでも

自己愛性人格障害のひとに

寄り添っているのに

彼からも冷たくされてしまうのです。

するとあなた自身も

だんだん自分に自信がなくなっていき

周りからも誤解されて

ひどい人間のように思われてしまうので

あなたの輝きがだんだんと

無くなっていってしまうのです。

自己愛性人格障害のひとに

ターゲットにされたくなかったら

あなたを傷つける人は絶対に許さない、

と固く心に誓ってくださいね。

それだけで、

自己愛性人格障害のひとが

自分から離れていきますので

彼と離れたくないという思いは

あなたのために

あなたの中で

徐々に消していってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする