自己愛性人格障害の被害に遭いやすいひとの特徴

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の

被害者になりやすいひとの

考え方のくせについて

お話ししたいと思います。。

 

自己愛性人格障害の被害には

できるだけ遭いたくないと思うひとが

ほとんどだと思いますが、

どうしても何度も

自己愛性人格障害のターゲットに

なってしまうひとというのは

存在します。

 

なぜだかわからないけど

はじめのうちは

仲良くやっていたのに

いつのまにか

モラハラに遭いやすい人の

特徴として、

相手に認められたい気持ちが強い

というものがあります。

 

相手に認められたいのは

自己愛性人格障害のひとも

おなじなのですが、

被害者と加害者に

明らかな違いがあるのが

この考え方の違いについてです。

 

自己愛性人格障害のひとは

相手に自分を認められるために

尊大な自分を魅せつけて

自分のすてきなところや

素晴らしいところを魅せて

自分を認められようとします。

 

 

自己愛誠意人格障害の人は

自尊心が極端にないため

そんな自分を恥ずかしいと思っていて

それがばれることを恐れています。

 

そして価値のない自分を隠すために

尊大な自分を魅せ付けて

本当の自分を見せないように

しているのです。

 

ところが、自己愛性人格障害の

被害者になるようなひとは

自分のことは差し置いて、

自己愛性人格障害のひとに

寄りそうことで

相手に認められようとします。

被害者になりやすいひとも

自分を認めてもらいたいのは

やまやまなのですが

自尊心が低いため、

自分に自信がないため、

相手に合わせて

相手にご機嫌になってもらおうと

します。

 

あなたといることを

彼が幸せに感じてくれれば、

愛されるはずだと思っていて、

どんなにひどい扱いをうけても

それをやめようとしません。

 

 

しつこいくらいに

彼に合わせにいくのです。

 

どんなにひどい扱いをしても

あなたが寄り添ってくることを知っているので

自己愛性人格障害のひとは

大変機嫌をよくしてくれます。

 

 

そして、もっと粗末に扱っても

あなたが寄り添ってくることが

分かっているので

どんどんあなたにひどい扱いをして

それでも合わせようとしてくれる

あなたに

自分を絶対に裏切らないと信頼を

寄せているのです。

 

あなたは、

彼がどんなにひどいことをしても

許してくれるので

あなたにひどいことをすることを

やめようとしません。

 

そして、あなたに気づかれないように

少しづつ虐待の力を強めていきます。

 

そして、もし、

あなたが気づきそうになったら

極限まで優しくして

こんないい人はいない、

と思わせてしまう技術を

持っています。

 

だから少し彼のことが変だな?と

気づきかけても

私の彼に限って

そんなことあるはずがない、

とすぐに信用してしまいます。

 

だからとても気づきにくいのです。

 

そしてあなたは

とても人を

信じやすいのではありませんか?

 

特に、自分の彼など

あなたに優しくしてくれる人には

本当に信頼していて

何かあっても

きっと分かってくれるはず、

と信じる気持ちが

強い人なのではありませんか?

 

人を信じる気持ちとは

悪いことではなりません。

 

なにか誤解があって

うまくいっていないような関係でも

信じることによって

うまくいくようになるケースも

多くあります。

 

ですから、あなたも今までの人生で

人を信じる気持ちを持つことで

人間関係をうまくいかせていた人なのでしたら

自分を信じる気持ちに

自信を持っているのかもしれません。

 

 

ですが、自己愛性人格障害の人は

あなたのその自信を

利用して、信じることが

正義のように、あなたに言って聞かせ

自分が虐待することを

気づかなくしてしまうことに

成功してしまいます。

 

常識で考えて

そんな人間がいるとは思わないので

あなたは嫌がらせに

気づくことができません。

 

そのため、一緒にいる期間が

長引いてしまい、

あなたに対しての

嫌がらせは

どんどん大きくなっていって

しまうのでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください