自己愛性人格障害の被害に遭わないために心がけておくべき大切なこととは?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

あなたの度量を測る行為について

お話したいと思います。

あなたの彼が、

自己愛性人格障害だと気づいた場合

彼からの攻撃は

相当強いものになっていると考えられます。

はじめ出会ってから

どうしてそこまでなるまでに

気づかなかったのでしょう。

自己愛性人格障害の人は

であったばかりのころは

まず、モラハラ的な行為は

いっさい見せないといわれています。

第一印象がいいといわれるのはそのためで

人によっては結婚するまで

そういった面をいっさい出さない

自己愛性人格障害の人も

おみえになるほどです。

だから本当に分かりにくいのです。

自己愛性人格障害の人のおなかの中の怒りは

誰にでも出すわけではありません。

出さない人にはいっさい出さないのです。

あなたが今、怖い思いをしているのは

あなたが彼の嫌がらせ行為を

そこまで許してきたからだといえます。

もちろんあなたは

そんなつもりはないと思いますが、

彼はできない人にはモラハラ行為は

しないはずなのです。

では、どうやってあなたが

そこまで許してきたかを

ご説明いたします。

あなたも彼と出会ったばかりのころは

彼に好印象を持ったと思います。

もちろん自己愛性人格障害の人にも

個性がありますので

誰でも同じというわけではありません。

だからはじめは

大してなんとも思っていなかった、

という被害者の人もみえます。

でもあることをきっかけに

モラハラ行為をしますが、

はじめのうちは、

あまりにも小さいことなので

なかなか気づきにくいです。

たとえば、

少し機嫌の悪い顔をしてみるとか、

待ち合わせの時間に少し遅れる、

とか。。

ま、いっか、と

流してしまいそうな軽いことから

初めてあなたの様子を見ます。

そして、少しづつ、

その嫌がらせを強めていきます。

たとえば約束の時間になっても

彼があらわれない、とか。

そして時間も

だんだん遅れる時間を延ばしていきます。

あなたが少し怒ったりすると

道が込んでいた、とか

どうしてもほっておけない用事ができたとか

あなたが怒りにくい理由を付けます。

それを少しづつ強めていき

そのうちあなたは

まあいつものことか、とか

もう少ししたらきっとくるにちがいない、とか

彼が約束の時間に現れなくても、

当たり前に許すようになります。

あなたがそれを許すようになると

今度は次のステージに進みます。

もう少し、強い嫌がらせに入るのです。

たとえば一緒にいるときに

不意に彼の機嫌が悪くなり帰ってしまう、とか

他の女の人の影をわざとちらつかせて

あなたが不安になると

「信じてないんだね!」と言ったりして

帰ります。

あなたはすべての責任が

自分のほうにあると思い込むほうなので

何とか彼の機嫌を直そうと

あやまったり、自分が悪かった点を探して

彼の機嫌をそこねないよう

必死で努力します。

でも、そこにはあなたが悪い理由なんてなく

彼がわざわざトラブルを起こしているのですが

被害者になるような人は

それになかなか気づけません。

そうやって

徐々に、ゆっくりと時間をかけて

立場を逆転させていくので

あなた歯なかなか気づかないのです。

これがもしあなたが

すぐに責任逃れをするようなタイプなら

すぐに気づくでしょう。

たとえあなたが悪くても

そんなの知らないと通してしまい

うまくいかなかったことの理由を

彼のせいにして

自分は責任逃れをするでしょう。

こういったことからも

被害者が悪くないのは一目瞭然なのです。

そしてそのことに被害者であるあなたも

加害者である自己愛性人格障害の人も

気づかないのです。

あなたが自己愛性人格障害の人の被害を避けることは

あなたがおかしいと不自然に感じた彼の怒りは

あなたのせいではない、

と言うことを

きちんと理解しながらお付き合いをすれば

気づいたときには

ひどい状況になっていた、

と言うことは避けられたかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする