自己愛性人格障害の被害の後遺症の抜け方について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼からの

言葉の暴力で

ストレス障害になってしまったひとへ

すこしでも楽になれる方法について

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と別れても

しばらく彼からの言葉の暴力や

人格否定などで、

生きているのが

つらくなってしまったひとがいますが

いつまでも彼のことが忘れられないと

働くことすら困難になってしまいます。

 

これでは、

なかなか新しい環境が作れないので、

結果、彼のことが頭から離れず、

悪循環になってしまいます。

 

早く元気になるためには

できるだけ早く彼の事を忘れることと

新しい環境を作ることが大切です。

 

別れても、

自己愛性人格障害の元カレから

あなたにまだ

未練があるようなそぶりや

今の彼女との

幸せアピールなどがあり、

どうしても気になってしまうひとも

いるようですが、

気にしなくても大丈夫です。

 

自己愛性人格障害のひとは

どうしてもそうなってしまうのです。

あなたに忘れられることが

単純に怖かったり、

まだあなたに

嫌がらせが通じるのかどうか、

攻撃をしかけて、

あなたの様子を見ています。

 

そこで、あなたが悲しんだり

苦しんだりするところを見ると、

自己愛性人格障害のひとは

よけいにあなたから

離れられなくなってしまうのです。

 

自己愛性人格障害は別名で

いじめ依存と呼ばれることもあるので

自己愛性人格障害の加害者も

被害者に依存しています。

 

ひどいことをしているようですが

自己愛性人格障害の人の精神を

少しでも安定させるために

被害者に賞賛される意味でも

怒りを爆発させてすっきりする意味でも

依存しているのです。

 

だからあなたが

被害者っぽくふるまっていると

自己愛性人格障害の人もあなたから

離れられなくなります。

 

それは二人にとって

悪循環になりますので

彼があなたから

離れることができなければ

あなたのほうから離れていかないと、

両方の症状を悪化させてしまうことに

なってしまいます。

 

あなたも彼のことを忘れないほうが

辛いので

1日も早く忘れたほうがいいと思います。

 

なかなか忘れられなくて辛い、

という人は

自己愛性人格障害のことについて

理解を深めていってください。

 

自己愛性人格障害の症状が

分かってくると

彼があなたにしてきたことにも

納得ができるようになるので

嫌なことを言われても辛さがなくなってきます。

 

彼がどうしてもそうしてしまう

行動の意味が分かってくるので

あなたが悪いわけではないと

理解できてくるからです。

 

あなたの辛さの半分は

あなたの責任感の強さからくる

自責の念ですので

あなたが悪いわけではないと分かってくると

その辛さが半減するのです。

あなたは背負わなくてもいいはずの責任を

とろうとして

苦しくなっていますので

あなたには責任がないと分かると

少しでも楽になれるのです。

 

そして

そういう行動に出てしまう

自己愛性人格障害の人の

行動の意味も分かってくるので

本当の意味で

彼のすることに

無関心になれるようになるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください