自己愛性人格障害のひとは別れた後に思い出の品をいつまでも持っている理由

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

恋人がいなくなってから

思い出の品を飾る

理由について

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の相談にのっていると

みなさん年齢も仕事も性格も趣味も

バラバラなのですが

自己愛性人格障害のひとの

あまりの共通点に驚かせられながらも

その脳の構造だけは同じなのだということに

気づきます。

 

 

自己愛性人格障害の人は

何もないところで

自分で事件をわざわざ作り出し、

ぐちゃぐちゃにして終わった後

思い出の品を飾るということをします。

 

自分で事を仕掛けておいて

悲しむのです。

 

いえ、悲しんでいるというより

悲しそうに見せて自分のほうが被害者だと

本気で思い込み、落胆し、

別れた彼女を思うのです。

 

一緒にいるときは

あれほどののしり、つぶして

拒否をしていたくせに、

自分が捨てられたような顔をするのです。

 

捨てられたような顔はしますが

自分が本当に捨てられることは

恐怖を感じるほど怖いので

強烈なしがみつきを行います。

 

自己愛性人格障害のひとは

出会いも別れも

すべて自己愛性人格障害のひとが

ひとりで起こしていることなのに

自分が被害に遭ったと思っています。

 

これはもともと幼いころの体験から

このころにすでに心が折れて

良心がなくなるほどの

ショックを受けていますので

もともとが

ものすごく傷ついているからなのです。

 

ですが、

そんな自尊心のない自分を

知られることを

恥ずかしいと思っていますので

常に尊大な自分を演じ続けて

立派な人物に見せかけて

自分自身も傷つかないために

そんな立派な自分を

本当の自分だと思い込んでいます。

 

ですが、それは

自己愛性人格障害のひと自身も

自分が傷つくことを

避けているからなのです。

 

そしていつも見ようとはしない

避けて通ってきているはずの

自分のおなかの中の怒りが

ちょっとしたことをきっかけに

爆発しそうになります。

 

 

すると自己愛性人格障害のひとは

この怒りは何なのかと

理由を考えたときに

目の前のあなたのせいにするのです。

 

そうやって怒りをぶつけられ続けたあなたは

やがて耐えられなくなり

彼のそばにいたくてもいられなくなります。

 

 

そしてあなたがいなくなった後

今まであなたで自尊心を満たしていたので

そんな大事なあなたが愛しくなり

あなたがいなくなって自分が傷つけられたと

勝手に思い込むのです。

 

 

自己愛性人格障害の被害者の

相談を受けていると

別れた後に

被害者との思い出の場所を

SNSに載せたり、

二人の思い出の品をいつまでも持っている

自己愛性人格障害のひとのことを

なぜか、別れたはずの被害者の人が

知っています。

 

それはその時の状況により

被害者が、

勝手に別れた自己愛性人格障害の彼の

SNSなどを勝手に見ている場合もありますが、

自己愛性人格障害のひとが

わざと被害者の目に入るようところに

おいておく場合もあります。

 

ですが、それは

あなたに未練があるから

置いているわけではなく、

(あなたに未練がある)と

あなたに思ってもらいたいから

しているのです。

 

 

あなたに未練がある状態を

あなたが知っていなければ意味がないのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

あなたに見てもらわなければ

自分が悲しんでいたり

思い出の品を持っていることに

意味がありません。

 

だからまだ

自己愛性人格障害の元彼のことが

忘れられない人は

見ないほうがいいのかもしれません。

 

勝手に見ている人は

これからは彼のSNSをチェックすることは

あなたのためにやめましょう。

 

そして彼があなたとwかれた後もまだ

近い距離にいる場合、

彼の机の上に

あなたとの思い出の品が置いてあっても

気にする必要はありません。

 

あなたは忘れたくてたまらないのに

彼が

わざわざ見えるところに

置いている場合には

あなたもわざと

それを避けて通るようにして下さい。

 

自己愛性人格障害のひとは

そうやってあなたの気を惹いて

少しでも

あなたからコンタクトがあるのを

待っているのです。

 

そして少しでも

あなたが彼のことを気にしているそぶりを

見せてしまうと

ほんのちょっとの隙間からでも

いくらでも入ってきますので

自己愛性人格障害の彼と別れた後でも

わりと彼のそばにいるような人は

彼のことを気にしないように

意識しておいてください。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください