自己愛性人格障害の人はおなかの中の怒りをあなたのせいにして、辛さから必死に逃げている

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

自分の中の不満を他人に向けて

解消する行動について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害の人は

幼いころにそのままの自分に

愛情を受けることができず

あまりに辛すぎる状況のために

共感力を使わないほうが

楽だということに気づき

良心をつかわなくなっていった症状なのですが、

本人はとうの昔に大人になってしまっているので

この事実を忘れてしまっています。

サイコパスはもともと良心がありませんが、

自己愛性人格障害の人は

もともとは良心を持っていたので

たまに自分がひどいことをしているなと

気づくことがあります。

Tiaraの元彼も

たまに気づいているような言動を

することがあったので、

うすうすは気づいていたと思います。

ただ、それが何なのかは

わかっていなかったようです。

そしてそのことに対して苦しんでいたので

こんな思いをするのなら

1人のほうがずっとましだ、と

言っていたことがありました。

でも、良心を使って

自分がひどいことをしていることに

気づいてしまうと

自分が悪い人間のように思ってしまい、

またそこで自分の価値がないような感じがして

極端に辛くなってしまい

耐えられないほどなのです。

だから気づいたとしても

すぐに頭を切り替えて

あなたが悪いから

自分がこんな風になってしまうんだと

すぐに事実を自分の意識の中で

摩り替えてあなたのせいにし

無意識に良心を使うことを

やめてしまいます。

良心を使ってしまうと

こじつけてあなたのせいにできなくなってしまうので

それは辛すぎるので

無意識に良心を使わないようにして

あなたのせいにすることをやめません。

彼にあなたがののしられるのは

自分が苦しみから解放されたいために

あなたのせいにして

それを本当だと思い込むのです。

自己愛性人格障害とは

病気ですので、

考え直してそれは自分の中にある怒りを

あなたにぶつけているだけで

あなたが悪いわけではない、

と考え直すことがありません。

だからあなたが彼に

分かって、といっても

無理なのです。

だからこんなことばかり続けられていたら

あなたのほうが、

いくら精神を保とうと思っても

耐えられなくなってしまうのです。

それが、自己愛性人格障害の人が

あなたに怒りをぶつける理由で

ひどいやつ、というよりは

あなたのことを考えている余裕がないほど

精神が壊れてしまっている病気なのです。

自己愛性人格障害の人を

変えることは無理です。

それでも

あなたが彼と一緒にいることができるのか

一度考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする