自己愛性人格障害の人はとても面倒見がいい

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害とは

とても面倒見がいいことについて

お話したいと思います。

 

あなたが

彼が自己愛性人格障害だと

気づき始めたころは

だんだんになくなってきているかも

しれませんが、

出逢って最初のころは

彼にとても世話をやかれたことが

あるのではありませんか?

 

電化製品の調子が悪いといえば

すぐに飛んできてくれたり

体の調子が悪いというと

すぐに駆けつけてくれて

おかゆを作ってくれたり。。。

 

頼りがいのある彼に

とても安心感を覚えた人も

多いと思います。

 

習い事などのコーチとして

知り合った場合は、あなただけが

特別扱いされたり、

個別指導をしてくれて

彼についていけば、

あなたの才能も目覚めると

彼についていけば大丈夫という

安心感に

包まれたことは、ありませんか?

 

自己愛性人格障害の人は

特に出会って間もないころは、

あなたに気に入られようと

素敵な面をいっぱい出します。

 

自己愛性人格障害の人は

誰よりも尊大で尊敬される

人物でありたいと

思っているために

何事にも手を抜かないので

得意なこともたくさんあります。

 

そして、あなたのふだんの行動や

言動で

自分にひきつけることが

できると思ったら

全力であなたを

振り向かせようとしてきます。

 

そして、あなたの困りごとには

さっと気づいて

あなたを助けてくれるのです。

 

そんな素敵な彼に

あなたもすっかり彼のことが

気になってしまうでしょう。

 

恋に落ちるのも

そんなには

時間はかからなかったはずです。

 

ですが、付き合いが深くなると

いつもはやってくれるはずのことを

知らん顔をしていたり

気づかないふりをしていたりします。

 

あれ?と少しおかしいな、と思っても

たまたま気がついていないのかな?

と思ったりして

流してしまいます。

 

そのうち意味もなく無視をしたり

冷たくしてきたりします。

今までのあまりの親切とのギャップに

あなたは自分が何かしたのでは、

と不安になったり

彼に嫌われたのでは?と

意味もなく

落ち着かなくなったりします。

 

時間とともにそれは

勘違いではないと思うのですが、

自己愛性人格障害の人は

それを

計画的にしているわけでは

ありません。

 

どうしても自己愛性人格障害の人の

脳の構造より

そういった行動を

とってしまうのです。

 

彼がはじめから嫌がらせをするために

あなたに親切にしていたと思い

ショックを受ける場合がありますが、

そうではありません。

 

尊大な自分を見せて

あなたが彼に、

夢中になったと感じ始めると

今度は自己愛性人格障害の人のなかで

それが当たり前に

なってしまうのです。

 

そしてだんだんに

あなたの喜ぶ顔を見て

憎しみがこもってくるように

なります。

 

自己愛性人格障害の人は

極度の妬きもち焼きなので

あなたの幸せそうな顔でも

自分よりも上だと感じてしまい

とても不安になります。

 

もともとが自尊心がなくて

その恐怖から逃れるために

尊大な自分を

見せてしまっているだけなので

あなたが彼を賞賛しているうちは

満足します。

 

それでもその満足は

長くは続かないので

また突然、機嫌が悪くなったり

します。

 

そしてあなたに賞賛してもらいたくて

彼にしかできないような

得意なことを見せてきたり、

あなたに感謝されるような

優しい行為を行いますが

それは、

あなたが好きだから

しているのではなく

自分を認めてもらいたいから

しているだけのことなのです。

 

もともとがあなたへの

思いのために

していることではなく

自分を売り込むために

していることなので

あなたが彼を好きになるまでは

必死で振り向かせようと

(自分を見てもらおうと)

あれこれ親切にしたり、

楽しい思いをさせたり

自分の得意分野を

必死でアピールすることに

尋常ではないほどのエネルギーを

注ぎます。

 

それが、あなたから見ると

彼の私への愛、と取れるのです。

 

あなたが本物の愛だと

思っていたものは

彼の自己愛から来る

自分を尊大で立派な人間に見せたい、

という極端な願望のせいなのです。

 

 

だから彼にしたら

嘘をついているわけでも

だましているわけでもありません。

 

ただ、正直に

必死で自分をよく見せることに

一生懸命なだけなのです。

 

その姿を見ていて

自分への間と思っていたことに

気づくとあなたはショックだと

思います。

 

Tiaraはかなり悩んだので

自己愛性人格障害について

かなり調べ、

そして彼の姿と照らし合わせてみたら

そこに書いてあったことには

なんら不思議はなかったので、

そういうことだったのね、

ととても深く

納得したような覚えがあります。

 

ただ、自分への愛だと思って

勘違いをしていたとはいえ

Tiaraは本気で彼と

この先も一緒にやっていくと

必死にがんばっていたので

自分の気持ちを戻すには

彼の姿を見ながら

ああ、そういうことね、と

納得しながら少し心は震えましたが

頭で納得して頭と心が違うところで

人間業とは思えないことをしながら

戻していきました。

 

 

そもそも

彼からその逆をされていたので

心に負担はかかっていたと

思いますが、

好きだったのでそんなに気づかずに

どんどん洗脳されて

いったんだと思います。

 

だから今、

あなたが納得できない気持ちは

よく分かります。

 

だってこんなに深い愛はない、

と思えるほどのことを

彼はしていたのですから。

 

でも、少しづつ

飼いならされていったから

気づかなかっただけで

あなたは彼のパラレルワールドの中に

完全に引きづり込まれて

いってしまっていたのです。

 

気づいた今、時間はかかりますが

ゆっくり元に戻していけば

また楽しい生活を送れるあなたに

戻れるのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください