自己愛性人格障害のひとのターゲットになることをするりとかわす方法


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

苦しみは、時々、

相手にしてほしい人にあえて見せている

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとのおなかの中には

本人も自分で自覚していないほどの

怒りと苦しみをかかえて生きています。

 

ですが、

そんな自分を人前で見せてしまうと

自分には価値がないことが

ばれてしまうと思っているので

普段は

立派で尊大な自分を魅せつけています。

 

いつも余裕の顔で

いろいろなことをさらりとこなし、

程よく親切で

話もとても分かりやすいと思います。

 

ですが、ふと心を許した相手や

この人なら自分の苦しみを

すべて受け止めてくれるだろう、

と思った人には

時々自分の中の怒りを

その人のせいに見せかけて

突然無視をしたり

苦しんだ表情を見せて

同情を惹くことがよくあります。

 

普通のひとも同情してもらいたい、

と思うような辛いことや悲しいことが

あるのだと思うのですが

普通のひとと

自己愛性人格障害のひととの違いは

普通のひとは自分に同情してくれた人や

優しくしてくれた人に感謝をしたり

ありがたいと思ってくれたりする

と思うのですが

自己愛性人格障害の彼の場合は

自分に寄り添ってくれた人り

自分のことを信じてくれた人に

ひどいことをするのです。

 

 

普通のひとと

自己愛性人格障害に人の違いは

そういうところで見抜きます。

 

Tiaraの彼もよく自分の辛い話や

辛い表情を見せることが

たまにありました。

 

そんなとき、Tiaraは

彼のことがかわいそうだと思ってしまい

彼の気持ちを分かってあげようと

同情してしまっていたのですが

自己愛性人格障害のひとは

あなたが同情してくれても

あなたのことは全く見ておりません。

 

ただ自分のことを見てほしいだけなのです。

 

もちろん普通のひとにも

自分を見てほしい、と思う気持ちは

ありますし、

自分のことを分かってもらいたい

という気持ちはあるので

彼の気持ちがとてもよくわかると思います。

 

だからおかしいと思うことは

何もないでしょう。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとは

一方的なのです。

 

自分のことは

周りのみんなに見てほしいですが

自分はその人たちにひどいことをしても

何とも思いません。

 

それで普通だと思っているのです。

 

それにあなたがしたことについて

悲しい表情をされたりすると

自分が何もしていないと分かっていても

悪いことをしたな、と思ってしまったり

迷惑をかけないようにしなきゃ、

と思ってしまい、

あなただけが彼のために

努力をするようになりますが

自己愛性人格障害のひとは

そんなあなたにも感謝の気持ちが

持てないのです。

 

そんなことを知らないあなたは

彼の気持ちを分かってあげることで

相手も自分のことを大切に思ってくれると思い

必死で努力します彼はそんなあなたを

平気で傷つけてきます。

 

極端なことを言えば

どんなにひどいことをしても

自分に尽くしてくれる相手が

理想なのです。

 

もっと俺のことを見てくれないと

辛くて生きている価値がないと

思ってしまうのですが

それも一方的にあなたの方が

努力をし続けることを望みます。

 

今日、自己愛性人格障害のリーダーのところに

仕事のことで聞きたいことがありました。

 

Tiaraが作ったデータを

1つ消してしまったのです。

 

それに関連付けて

ほかのデータに計算式を入れていたので

そのデータがすべて

エラーを起こしてしまったので

すべて作り直していました。

 

膨大な量があったので

中にはリーダーのどんな指示で作ったのか

分からなくなってしまったものも

ありましたので

仕方なくリーダーにどんな指示だったか

確認しに行かなればなりませんでした。

 

こういったことは

本当は自己愛性人格障害のひとには

知らせず作り直したいですが

覚えていないので確認しなければなりません。

 

自己愛性人格障害のリーダーのところに行くと

落ち着いた雰囲気で机の上の仕事を

鮮やかに片づけているところでした。

 

「すいません。あの~。」と

近づき、データーを1つ消してしまったこと、

そのデータに基づく計算式を入れていたので

それを作り直していたが

どんな指示で作ったのか忘れてしまったので

確認に来たことを述べると

少しイラついた様子で

「今は何をしているんですか!

どうしてそうなる前にもっと早く。。。」

 

とうつむきがちに目を伏せると

かみしめるように静かに、

「私に何をさせたい?」と

言ってきました。

 

なんだか久しぶりに

自己愛性人格障害のひとの

そんな切ない声と

大げさな言い回しを聞いた気がして

自己愛性人格障害のひとの

特徴を目の前で見た気がしました。

 

以前のTiaraは

何にも分かっていなかったので

そんなところを見てしまうと

(ごめんなさい。

Tiaraがうっかりしたばかりに

余計な手間をとらせてしまって。。。)

と申し訳ない気持ちになり、

何とか次からは

この人のために

迷惑をかけないように頑張ろう!

と張り切ってしまっていたところでした。

 

そう思うことも間違ってはいないのですが、

今は、自己愛性人格障害のひとの特徴だと

分かります。

 

Tiaraのほうの気持ちも

今は全然違っていますし

なんで自己愛性人格障害のひとが

こういうものの言い方を

しているのかもわかります。

 

彼もこんな感じで

Tiaraの気持ちを惹く

責め方をすることがよくありました。

 

もしかしたら

自己愛性人格障害という病気を知らなかったら

もしかしたリーダーのことも

好きになっていたかもしれません。

 

全くタイプではないですけどね。。

 

気持ちのほうが同情してしまうので

彼の気持ちに寄り添っていってしまう、

ということです。

 

いくらタイプでなくても

彼に怒られているにも関わらず

悪いイメージは持たないかもしれません。

 

ですが、以前のTiaraのように

私のミスで彼に迷惑をかけてしまった、

と思う気持ちがとても危険なのです。

 

自己愛性人格障害のひとから見たら

ターゲットにしやすいタイプだと

瞬時に無意識のうちに

見破られていたと思います。

 

今のTiaraはこう思います。

 

そんな大げさな。

ミスをしたからやり直しているだけじゃん。

 

たしかに時間の無駄かもしれないけど

人間だからミスをすることもあるよ。

 

それを鬼の首でもとったように。。

 

普通に

「ここはこういう表を作ってください。」

と一言いえばTiaraは自分の席に戻って

作るだけだよ、と。

 

ですが、そんなことはもちろん

口には出しません。

 

「私に何がさせたいのですか?」

とリーダーに言われ

「あ、だからここまでのデータは

一目で○○が分かるように

ここから合計を持ってきたのですが

こちらの表は機種を細かく分けて

表示させたほうが良かったですか?

 

1機種づつわけるのか、

それとももう少し細かく分けるのか

それが分からなくなってしまったので。」と

明るく、少し微笑みながらきっぱりというと

しばらくうつむいたまま

考えていましたが

急に手を動かしてマウスをくるくると動かすと

「ここに朝のデータを張り付けておきますので。」

ともともとTiaraが作ってあった

Tiaraが消す前のデータを

張り付けてくださいました。

 

おお!

 

「ありがとうございます!」

 

たったこれだけのことです。

 

Tiaraが攻撃できない、と

判断したリーダーは

急に淡々と指示だけ出して黙りました。

 

先ほどまでの

大げさにうなだれた

傷ついたような顔はいつの間にか

どこかに行ってしまい、

いつもの、無表情の淡々としたリーダーに

戻っていました。

 

元のデータがあるのですから

もう、リーダーに

聞きに行く必要はありません。

 

同じようにサクサク作って

仕上げてしまいました。

 

 

もともとそのファイルは

すべてTiaraが作ったものだったので

問題は小さくて済みました。

 

消した過程もどうしてそうなったかも

詳しく説明してあるので

ここでは関係ないので端折りますが、

仕方がなかった、ということも

リーダーは理解しているはずです。

 

たったこれだけのことでも

自己愛性人格障害のひとにかかれば

これを重大ミスだとみなし、

みんなの前で

大げさに怒鳴りつけることもできますし

そのデータは元に戻らない!と

Tiaraに「もう仕事しなくてもいいよ。」

と冷たく突き放すこともできます。

 

ですが、相手が

自己愛性人格障害でなければ

あんなに大げさにうなだれて

大きなため息をつき

Tiaraのために迷惑をかけられている

と演じることもないのです。

 

そこでTiaraが「ごめんなさい!」

と必要以上の罪悪感を持ってしまえば

今後はどんどん攻撃しやすくなります。

 

周りで見ていた人も

(なんかあの子データ消しちゃったらしいよ)と

怒られても仕方ないね、

と全体から見るTiaraへの視線も

冷たくなります。

 

もし、自己愛性人格障害ではなく

普通に人とコミニュケーションの

取れる方だったとしたら

Tiaraももっとラフに

「作ってたデータだけど

計算式があまりにもたくさん入りすぎて

ごちゃごちゃしちゃってたから

コピーして2枚作り、

使いやすいほうを残したら

消したほうのデータから

別の表を作ってたの忘れてて

エラー出ちゃった。

 

作り直すけど

どんな条件だっけ?」

と聞きます。

 

普通のひとなら

「あ、元データがとってあるよ。

Tiaraのホルダに入れておくね!」

 

「サンキュ」

 

これで終わりだと思います。

 

 

長い説教も

自己愛性人格障害のひとの同情を惹く

大げさな演技も

申し訳ない!という

Tiaraの大げさすぎる自責の念に

とらわれて反省しすぎ、なんて

メンタルによくない状況は生み出しません。

 

それを見ていた周りのひとにも

緊張感が走り、

(ああ、あの子、ドジしちゃったね。。)

と無意味に重っ苦しい空気になる必要も

ありません。

 

すべてが効率が悪すぎなのです。

 

一言

「あ、元データ貼っとくよ!」

これで通じることなのです。

 

これが、外部から来たデータを

消してしまった、とか

人が作ったデータを消してしまい、

どんなデータだったかも

果たして誰が作ったデータだったかも

分からない、となると

損失は大きかったと思います。

 

もちろんミスはよくないので

これに懲りて

表を作るときは

むやみにデータをコピーしたからと言って

消すのはもうやめようと思いました。

 

ただ、自己愛性人格障害のひとの

立派な自分を演じることにも

付き合う必要はなく

責任感を感じすぎることもよくありません。

 

事実を事実として認め

普通に解決策を考えだして

作り直せばいいだけの話です。

 

もしここで自己愛性人格障害のひとに

「なんでこんなことしたんだ。。」と

大げさに責められたとしても

事実を事実として

淡々と説明するようにしてください。

 

自己愛性人格障害のひとの

大げさにあなたを突き落とそうとする作戦には

けっしてのらないでくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください