自己愛性人格障害の人の魅力

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害の彼が忘れられない、

ということについて

お話ししたいと思います。

 

自己愛性人格障害の彼と付き合っていて

別れた後、何年も自己愛性人格障害の彼が忘れられない、という人は

意外と多いと思います。

 

Tiaraもこんなサイトをやっていますが、

もとはといえば、自己愛性人格障害の彼への未練から始まっています。

 

自分の中で、自然に消化などできるはずがないのです。

長年にわたる理不尽な思い、将来のパートナーになりたいんだ、というプロポーズ、

何もしていないのに何度も別れ話をされる、

彼の部屋に置いてあるTiaraのものを勝手に捨てられる、

愛してると言われる、Tiaraへのすごい執着、

ほかの男を寄せ付けない、

捨てる。。。

 

何もかも納得できないことだらけです。

 

せめて好きじゃないのなら、付き合うなよ。。。

 

そんな思いまで出てきます。

 

しかも強引に口説いてきたのは彼のほうです。

 

こんなにもしてくれた、だから信用したのに。

 

最高の彼氏でした。

 

なのに虐待される?

意味わかんないですよね。。

 

両方やるから分からないんです。

普通嫌いな人なら相手にもしない。

 

向こうから強烈にしがみついて離さないで、

小さな虐待をしつづけて徐々に強める。

 

びっくりして逃げると、全力で追いかけてくる。。。

彼自身も魅力的なのですが、(容姿、トーク、頭が良い、立ち振る舞いがスマート、仕事ができるなど)それよりも、あなたが彼を忘れられない理由の一つは、

あなたに対する彼からの愛情ではないですか?

 

中には、こんなにも愛されたのは生まれて初めてだという被害者の方も見えます。

 

自己愛性人格障害の人は

愛情表現がとても上手なのです。

 

こんなにも愛されて虐待なんてしないよね?

何かの間違いだよね?

 

被害者の方は、たぶんこんな思いを抱いていたんじゃないですか?

 

自己愛性人格障害の人に会った人は、

彼の魅力は自分への強い愛情だと言います。

それが忘れられないのです。

 

そしてそれをとても素敵に演出します。

 

自己愛性人格障害の人は、

自分がないために、モデルとする人物がいて

映画やアニメ、小説などから素敵な人物をチョイスし、

それを完全にコピーします。

 

嘘っぽさがないので、

被害者はたちまち自己愛性人格障害の人の虜になるでしょう。

 

そこに虐待とマインドコントロールが入るので、

自己愛性人格障害の人がいないと生きていけないほどの感覚になるのです。

 

それを被害者自身が恋だと思い込み、

そこから自分でどんどん彼に夢中になっていきます。

 

あまりの恐ろしさに怖くなり、逃げてしまった人も

もしかしたら、病気が勘違いだったらどうしようと

自分が見てきた魅力的な彼に

本当だったらいいなと期待をかけることをやめられないのです。

 

でも自分が怖くて辛い思いをしてきたのは事実なので

戻れなくても

付き合っていた時の素敵な彼が忘れられないのです。

 

自己愛性人格障害はその病気ゆえに

尊大な自分を見せつけていないと気が済まないので、

その習性により素敵に見えています。

本当にそのくらい素敵な人はいるよ、と断言はできませんが、

本当にあなたのことを想ってくれて優しい男性は

この世の中にいっぱいいます。

 

そのことに気づけないのは、

あなたがまだ、彼の洗脳から完全には解けていない証拠で、

彼が演じていて、本当はそんなに責任感の強い男ではない、ということに気づくと

彼はからっぽの、

周りだけ素敵にかためられた

愛情のかけらもない人間だということが分かります。

 

彼には、人の痛みが分かりません。

 

それなのにあなたのことを大事に思ってくれる大切な人だと

あなた自身が思い込んでいるのです。

 

そしてそんな彼を手放したくないと思ってしまいます。

 

あなたが、

自分にこんなにも愛情をかけてくれている、と思っていた彼の言動や行動は、

彼の尊大な自分を見せている行動の延長なのです。

 

ただ、彼は、そんな自分に心の奥底では気づいていて

そんなはずはない、と努力を続けていることもまた事実なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください