自己愛性人格障害のひとの量、強さ、勢いについて

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

量と強さと勢いについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

コミュニケーション能力が高く

いつもテンションが高い、

といわれていますが

それはターゲットの前以外で、

という条件がつくことになります。

ターゲットになるまでは

好印象の場合が多く、

テンションも高めで明るく、親切で

コミュニケーション能力に

大変長けている場合が多いです。

ところが、しばらく付き合っていて

あなたが寛大だったり、

やさしかったり

弱かったり、遠慮深かったり、

また、魅力的だったりと

何らかのターゲットになりそうな

要素を見つけると

あなたがどれくらい弱いか

いろいろな言動を使って

試してきます。

大きな声を出したり、

突然不機嫌な態度をとったりして

あなたの様子を見ます。

その時にあなたが

モラハラ行為を受け入れる人か

受け入れられない人か

試しているのです。

自己愛性人格障害の人は

人との距離を

分かり合えるか分かり合えないかで

見るのではなく

自分のほうが相手よりも

強いか弱いかで

判断します。

そしてあなたのほうが弱い場合

どんどん攻撃を増してくるのです。

でもとても用心深いので

あなたが彼がおかしいことに

気づきかけると

全力で優しくしてきて

愛を語り、あなたを惑わせ、

あなたに気づかれないようにします。

なのであなたが優しかったり

寛大だったりすると

その前のちょっとした

不自然な出来事は

すぐに水に流してしまうのです。

ちょっと変だな、と思っても

気のせいか、と思ってしまうのです。

だからなかなか気づくことは

ありません。

そうやってあなたが気づかないように

少しづつ攻撃を強めていくのです。

自己愛性人格障害の人のやり方は

とても巧妙に見えますが、

その基準は案外単純です。

多いか少ないかあ、強いか弱いか、

大きいか小さいか、

ということだけなのです。

プレゼントをたくさんくれるという

特徴も

この多いか少ないか、

ということに当てはまります。

ものすごく高額なものや

たくさんのプレゼントを

いただいたり、

海外旅行などをプレゼントされた方も

みえますし、生活の面倒を

長い間見てもらった人もいます。

なんでも極端な行動をとるため

いいときは本当によく見えるのです。

だからあなたのことを

本当に愛してくれているように

感じますので、

真逆の感情を見せられた時

あなたはとても驚くのです。

自己愛性人格障害の人は

共感力がないため、

相手の細かい感情がわからないので

判断基準はわりと単純なのです。

おなかの中に怒りを抱えているので

気難しく見え、

いろいろ考えているように

見えますが、

判断基準は強いか弱いか、

量が多いか少ないか、

自分が上に立てるか立てないかで

あなたを判断しているのです。

だからあなたの上にたてると

思われてはいけません。

自己愛性人格障害の人は

いったん自分のほうが上だと思うと

どんどん勢いを強めてきますので、

あなたがモラハラを受けない人間だと

思われることが大切です。

そうすれば彼はあなたに

攻撃をしたいとも

思わなくなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする