自己愛性人格障害の人のする浮気の特徴の2つの意味

こんばんは♡

今日は、

自己愛性人格障害の人の浮気について

お話ししたいと思います。

浮気や不倫は世の中に数多く

存在しますよね。

世の中の半数以上の人が

浮気の経験があると言われていますが、

自己愛性人格障害の人がする浮気は

普通の人の浮気とちょっと違うのです。

普通の人は、長年付き合った彼女がいても

ほかの人に目移りする、とか心変わりする、

といった風に浮気に走ると思います。

そのまま、本気になってしまうこともあるでしょう。

でも、自己愛性人格障害の人の浮気は

彼女に対する嫌がらせの意味を含んでいます。

どんなに好きに見えても

彼女を精神的に苦しめる、

といった意味を含んでいないと

浮気はしないかもしれません。

自己愛性人格障害の人にとって

浮気も嫌がらせの一つなのです。

そして自己愛性人格障害の人にとって

浮気とは

もう1つ意味があって

自己愛性人格障害の人は

普段は自分が間違っていない、と思い込んでいますが

心のどこかで自分がしていることに自覚があります。

でも自覚をすると自分が恥ずかしい気がするので

自分でもそんなことをしていない、と思い込んでいますが

どこかで不安があるのです。

そしていつか自分からあなたが

離れていってしまうのではと

不安に思っています。

どこかで自分が爆発して

あなたとの関係を

壊してしまう可能性があることを

知っているのです。

そして1人になることを

非常に恐れているため

自分がいいな、と思う女の子に

どうしても尊大な自分を

魅せてしまいます。

そんなところから

どうしてもいろんなところで

ほかの女の子と

仲良くなってしまうのです。

そして、そのことの関係が進展すれば

彼女がいる、いないに関わらず

どんどん関係を進めてしまいます。

今までの記事でも

お話ししたことがあると思いますが、

自己愛性人格障害の人とは、

その場その場での

尊大な自分のつなぎ合わせで

彼の中では一貫性が全くありません。

だから浮気をしても浮気だという認識が

普通の人よりも薄いのです。

だからどうしても浮気をする機会は

普通の人よりも増えてしまうでしょう。

そしてそれを本当の意味で隠そうとしないために

いっしょにいる彼女は

不安になってしまうのです。

そして自己愛性人格障害とは

常に不安にさせていたいので

そのまま別の女の子と浮気を続けてしまいます。

自己愛性人格障害の彼の相談のほとんどが

浮気が絡んでいるのですが

それも仕方のないことなのです。

Tiaraは自己愛性人格障害の浮気は

浮気だとは思っていません。

その病気の特徴から

そのような状態になってしまうのです。

そもそも自己愛性人格障害とは

つながりのないその場その場での

一番都合のいい自分を演じていることの

つなぎ合わせなので

浮気はどうしても仕方のないことなのです。

だから被害者の方から

浮気の相談をされているときも

対処法は同じで自己愛性人格障害の人に

無関心になることです。

彼に無関心になることによって

自己愛性人格障害の彼からの

しがみつき行為にあうかもしれませんが

それで喜んでいてはいけません。

彼の行動がすべて

自己愛性人格障害からきているもので

お互いに同じ道を歩んでいく将来ある関係を

あなたが望んでいるのだとしたら

自己愛性人格障害の彼とは

あなたの望む未来は望めないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする