自己愛愛性人格障害のひととは、あなたに執拗にくっついてきながらもあなたを蹴落とす言動を繰り返す人のことである


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

行動について

裏から見た場合の見え方について

お話したいと思います。

自己愛性人格障害のひととは

あなたのそばに

執拗にくっついてきていながら

あなたを蹴落とす言動を

繰り返す人のことです。

あなたがした、ちょっとした失敗は

(誰にでもあるようなこと)

大げさに伝えられ

そのせいで自己愛性人格障害のひとに

迷惑が掛かったことになっていますが

そんなに対して迷惑をかけては

いません。

自己愛性人格障害のひとも

同じように失敗はするのですが

自分の失敗はできる限り隠して

分からなくし、

さらに普通のひとは

人の失敗にそんなに興味もないので

自己愛性人格障害のひとが

失敗したことにすら

気づいていないことが多いです。

あなたの失敗もそのままにしておけば

そんなに目立つ失敗ではないのですが

自己愛性人格障害のひとが

大げさに口にしたり

その失敗をぬぐう、

尊大で寛大な自分を演じないと

いられないので

結果としてあなたの失敗は目立ち

自己愛性人格障害のひとの業績は

目立ってしまいます。

結果としてあなたは落ちぶれ

自己愛性人格障害のひとは

出世していくわけですが

自己愛性人格障害のひとは

それをするために

ターゲットの存在は

常に必要なのです。

そして、少しづつ

それを繰り返されることによって

徐々に周りの人から少しづつ

あなたの信用が

失われていってしまうことに

なります。

あなたを蹴落とす言動を

繰り返しながらも

自己愛性人格障害のひと自身は

その自尊心の低さから、

周りの人に

生きている価値がないと

思われてしまうことに

ひどく怯えていますので

全力で、自分をよく見せることに

極端に、力を尽くしています。

そのため、あなたのほうが、

その人とうまくやっていきたいと

思っている場合

自己愛性人格障害のひとが

おかしいのではなく

あなたのほうが

おかしな人だと映る可能性が

高くなっていってしまいます。

自己愛性人格障害のひとの

その独特の言動は

表面上の尊大な自分を

演じ続けることで

とてもきれいに

カモフラージュされているので

ほとんどのひとには

気づかれにくのです。

もしあなたが

彼とうまくやっていきたいだとか

彼に好かれたいと思っていたり

彼に誤解されたくない

と思っている場合

あなたがどれだけ誠心誠意

向き合っていても

どれだけでも

ひねくって取られてしまう

自己愛性人格障害のひとに

弁明をするあなたの姿は

周りの人から見ると

とてもうざい存在に

見えてしまいます。

だってあなたの誠意を

わざとそのままに受け取らず

自己愛性人格障害のひとが

あなたより上に立とうと

無意識にしてしまうことから

あなたのことを

下に下げていってしまうので

どうしてもあなたのほうが

出来が悪く見えてしまうのです。

これは仕事でも恋愛関係でも同じで

あなたがうまい具合に

ターゲットっぽく振舞ってしまうと

あなたのほうが

嫌がられている自己愛性人格障害のひとに

縋り付いていっているように

見えてしまい

みじめな存在に見えてしまうのです。

周りの人からも

軽く見られてしまいやすく

また信用されないように

なってしまうのです。

だからあなたがどれだけ誠心誠意

説明をしてもさらに

あなたがただ単に

うざい人間に見えてしまいますので

逆に自己愛性人格障害のひとが

価値のある人に見えてきます。

自己愛性人格障害のひとが

しようとしていることは

成功しているのです。

自己愛性人格障害のひとは

まさにその極度のコンプレックスから

逃れるために

人を蹴落として

自分の価値を上げていますので

人を見下したり、人の失敗を

必要以上に

周りの人に悪く見えるように

演出することで

まさに自己愛性人格障害のひとの

評価は

上がっていくのです。

だから自己愛性人格障害のひとは

この原理を使い

本当に出世していくことが多いです。

過去に知り合った

自己愛性人格障害のひとの

現在の様子を聞いてみますと

本当に出世していることが

よくあります。

もし、そんな人に

あなたがつぶされて

立場を追いやられたことがある場合

おもしろくないと思います。

誠心誠意、正面から立ち向かっても

自己愛性人格障害のひとに

勝つことはできないのです。

自己愛性人格障害のひとが

恋人だった場合も同じで

自己愛性人格障害のひとのほうから

熱烈にあなたを

必死で口説いてきたのだとしても

後になって考えてみると

自己愛性人格障害のひとは

何とも思っていなかったのに

あなたのほうが

うざいくらい

必死で追っかけていたことに

なっていることも多いのです。

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとの

妻だった場合も、同じで

妻の失敗を

常にフォローする優しい夫、

という設定になっていると思います。

それが事実でないことは

Tiaraには分かっているのですが

世間のひとの大半は

分からないことが多いのです。

自己愛性人格障害のひとを

信頼していた場合は

悔しくて仕方がないと思います。

ですが、自己愛性人格障害と

いうものは

そういうもので

本人も、まさか自分が

そんなことをしているとは

夢にも思わないのです。

それは自尊心が極端なほど

低すぎるために

自分がそんなひどいことをしている

と認めることすら

辛すぎて認めることができないので

相手が悪くて

自分が被害者だと

思い込もうと

無意識のうちにしてしまうのです。

あなたが自分の心と名誉と

自分の立場を守るためには

自己愛性人格障害のひとが

していることに

いち早く気づき

あなたの心を彼から

離すことにあります。

そしてどんなにひどいことをされても

自己愛性人格障害のひとから

無関心にされたとしても

気にしたり、自分のほうを

振り向いてもらおうとしては

いけません。

あなたが気にすれば気にするほど

自己愛性人格障害のひとが

あなたの存在を否定したときに

自己愛性人格障害のひとの価値が

上がるのです。

あなたは

自己愛性人格障害のひとの

引き立て役のために

あなたのしていることを

すべて否定されてしまい

自分に自信を無くしてしまいます。

あなたがどんなに

必死に努力をしたことも

自己愛性人格障害のひとのために

自分が折れたことも

すべてひどいことだと

見せかけられてしまい

そしてそれが成功してしまうのです。

それくらい自己愛性人格障害のひとは

本気で全力でそんなことを

常にしているので

めんどくさいからと考えなかったり

そのまま素直に受け取ってしまうと

知らない間にどんどん立場や

あなたの存在が

おとしめられていってしまうのです。

だから自己愛性人格障害のひとには

全力で気づかれないように

必死であなたのしていることを

隠してください。

自己愛性人格障害のひとは

そもそも共感力がありませんので

あなたが自分の気持ちを素直に

態度に出したり

口にしないとあなたの心が分

からないのです。

自己愛性人格障害のひとは

分からなければ、あなたの印象を

コントロールすることが

できませんので

あなたをおとしめたり

あなたを不安にさせたり

あなたを悲しませることが

できません。

あなたがもし

自己愛性人格障害のひとの恋人で

彼にあなたの気持ちを

分かってもらおうと

必死で話せば話すほど

自己愛性人格障害のひとが

あなたを傷つけたりおとしめたり

みじめな存在にすることが

やりやすくなるのです。

だからどんなに彼のことが好きでも

相手が自己愛性人格障害だと

気付いたときは

あなたの存在を

彼に隠さなければならないのです。

そのために

あなたの心を

徐々に彼から離していき

彼に無関心になることで

あなたの心と立場を守ることが

できるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする