自己愛性人格障害のひととけんかになったり無視をされたりした後に即座に許してはいけない理由


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとと

けんかをしたり無視をされた後に

即座に許してはいけない

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

突然意味もなく

機嫌が悪くなったり

無視をしたりすることがあります。

あなたは責任感がとても強いので

何もしていないとしても

彼が怒っている原因は何かと考えだし

無理やりに自分に何か原因があるのではないかと

考えてしまいます。

人間とは不思議なもので

何か出来事があると

その出来事に納得しようとするため

自分の中でその理由を考え出してしまうのです。

そして、その事実があるから

彼が怒っている、と考えがちですが

そもそも自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの中の怒りをぶつけても

大丈夫な人がいれば

何もなくても

どうしてもその人に甘えてしまい

自分の中の怒りをぶつけてしまいます。

つまりあなたの常識とは

まったく逆なのです。

普通は何か出来事が起こってから

それに対して怒ったり不機嫌になったりしますが

自己愛性人格障害のひとは

常におなかの中に怒りがたまった状態で

いるので、

機会さえあればいつでもそれを発散させたいのです。

周りに怖い人や

自己愛性人格障害のひとのわがままを

許してくれない人がいる場合は

自己愛性人格障害のひとでも

少しもその怒りの感情を表に出すことは

ありません。

穏やかで親切で尊大な人物を

演じてしまっています。

なぜなら、自己愛性人格障害のひとは

極端に人から嫌われることを

恐れていますので

その人の怒りに触れるのが極端に怖いのです。

そして、

どうしても普通のひとよりも

より優しく温厚にしていないと

いつ怒られたり捨てられたりするのか

分からない、と思っているので

極端にいい人を演じて

おなかの中の怒りを

我慢してしまっています。

ところが、

周りに、自己愛性人格障害のひとの

怒りを受け止めてくれる優しい人や

すべてを自分のせいにしてしまう

責任感の強い人がいると

安心して

どうしてもその人に怒りを

ぶつけたくなってしまうのです。

もし、あなたがそんな優しい人だったり

自己愛性人格障害のひとと

離れたくないと思っているような

自己愛性人格障害のひととの人間関係を

より良いものにしようと努力している人だとしたら

彼は、安心してあなたに怒りをぶつけてきます。

そして、どんなに理不尽に怒っても

あなたはすべて自分のせいだと思い込み

勝手に反省してくれるからです。

これで自己愛性人格障害のひとが

意味もなく怒っても

誰も自己愛性人格障害のひとを

責めたりしなくなるので

安心して

あなたを悪者にしてくるのです。

こういった理不尽な怒りを向けられたときは

あなたが自分のせいじゃない、

というような態度をとることにより

自己愛性人格障害のひとの怒りが

不自然に見えてきます。

自分のせいでもないのに

自分が悪いことをしたような顔を

しないことです。

なぜならあなたが彼と

うまくやっていきたいという気持ちを利用して

関係ないあなたに八つ当たりをしているだけなのに

あなたが反省することにより

本当にあなたのほうに原因があることに

なってしまうのです。

あなたが理不尽な怒りを買うのはこのためなので

自己愛性人格障害のひとが相手だった場合は

気をつけましょう。

普通のひとは

あなたに何度も八つ当たりをしたり

自分の罪を擦り付けて

あなたの評判を落とすことなどないので

このような行動ばかりとっている

と気づいたときは

その人はおそらく自己愛性人格障害なので

付き合うといいことがありません。

たとえ彼だったとしても

あなたが持っているものは

愛情だろうが、友情だろうが

仕事だろうが、名誉だろうが

すべて、なくなるほどつぶして

その行動を止めることが

自己愛性人格障害のひと本人にも

できないので

あなたのほうから

そっとばれないように距離を置いていくように

しましょう。

たとえ彼のことを好きだったとしても

それは彼が自己愛性人格障害だから

魅力的に見えただけで

あなたが見ている彼は

本当の姿ではないのです。

次回は自己愛性人格障害のひとと

けんかになったり突然無視をされたり

トラブルになったときに

どうしたらいいかを検証していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする