自己愛性人格障害の彼は愛する人を徹底的に置いていくことに必死である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼は

愛する人を置いていくことに必死である

ということについて

お話ししたいと思います。

あなたがもし

あなたの彼が

自己愛性人格障害かもしれないと

うたがっているとしたら

あなたは幾度も

彼からおいていかれるということを

されていると思います。

たとえば、突然の別れ話だったり、

約束を破られる、ということも

ドタキャンも日常茶飯事でしょう。

細かいことを言うのなら

たとえば一緒にショッピングをしているときでも

突然彼がいなくなったり

前々から楽しみにしていた

約束していたはずのデートに

あなた以外の用事で

彼がすっ飛んでいってしまう、

といったこともあるかもしれません。

あなたは幾度となく理不尽な思いをしたり

みじめな気持ちになったりしたことでしょう。

それでもそれを彼に問いただすことができる人

というのは

自己愛性人格障害の被害者の中では

非常に少ないかもしれません。

知らない間に

あなたは彼に自分の気持ちや

わがままを言えなくなっているのかも

しれません。

ですから

自己愛性人格障害のひとと

付き合っている人の中には

彼を本気で怒らせるほどのわがままな人や

自分の意見をはっきり言える人は

少ないかもしれません。

そしてそんなあなたを

彼は無意識のうちに選び

そしてまたさらに

あなたが好き放題自由に生きられないように

少しづつ躾けられていくのです。

そしてそのことに

あなたも彼も気づいているわけではなく

すべては自己愛性人格障害のひとの

無意識のうちに行われていきます。

特に恋愛関係では

女の子は彼に服従することで

彼も満足しますし

彼女も彼に尽くしていると思い込んで

彼に依存してしまう人がいがちです。

逆の場合は男のひとでも

そうなってしまう人もいるのですが

この関係が

自己愛性人格障害の被害を大きくし

また気づきにくいのです。

自己愛性人格障害のひとに

依存してしまうことは

大変危険なのです。

自己愛性人格障害のひとは

幼いころに

ありのままの自分を

受け入れてもらえなかったので

自尊心が非常に低いです

そのため、

自分に価値がないと思うことが

尋常でないくらいに辛いので

無意識にそばにいる人を

必ずつぶしていっています。

そうしないと不安で不安で

たまらないからなのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分のそばにいる人が

みじめな思いや理不尽な思い、

とんでもなくいたたまれないほど

ひどい目に遭っているところを

自分の目で見ることでほっとします。

心の中では

そんなことはしていないと

思い込んでいますが

自己愛性人格障害のひとも

自分では覚えていないくらい昔に

とてもみじめな思いをしているので

無意識にそのことから逃げないと

とんでもなく辛いのです。

ですが、自分の周りに

みじめな思いや辛い思いをしている人を

見ることで

(やった、俺のほうがましだった)

と感じていたり、

ほっとしたり、そのみじめな人よりも

優位に立てたと思っていないと

自分の無価値感で

恐ろしいほど

自信がなくなってしまうのです。

そしてそれをやりやすい

彼女や奥様を徹底的に

おいていくことをすることで

周りの人からは

ひどいことをしていると分かりにくい形で

嫌がらせをしています。

怒鳴ったり手を出したりする人も

中にはいるようですが

自己愛性人格障害のひとは

自分のことを守ることに必死なので

そういった人は少なく、

できれば自分が悪く見えない形をとって

あなたを精神的に痛めつけるには

フるとか、無視をする、とか

あなたが悪いことにして責め立てる、

などという方法をとりたがるのです。

それでも

自己愛性人格障害の彼のそばにいて

彼に金銭的や精神的に依存している場合は

彼の言うことを聞こうとしてしまったり

彼と平和な関係を築きたいが

ためにいろんなことを我慢します。

だから自己愛性人格障害のひとは

彼女や奥様には

自分のイライラや不満を

ぶつけやすいのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分の精神状態を保つために

自分のそばに

被害者が必ずいてくれないと

困ります。

だからどうしても無意識に

世間から分かりにくい方法をとって

人をつぶしてしまうのです。

だからあなたをとことん傷つけるために

何度も何度も小さな置いてきぼりを

徹底的にしまくるのです。

普通の人と付き合っていても

彼から傷つけられることは

あると思います。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

自分の精神状態を保つために

あなたを傷つけることを

徹底的にしまくるので

傷つくことも何度も何度も

徹底的にされるということは

あなたの精神状態に

かなりのダメージを与えることができます。

ですから自己愛性人格障害のひとと

結婚をして、

離婚などしてはいけない、

どんなに嫌なことがあっても

2人で乗り越えなければならないと

まじめに旦那様からの

ひどいことに耐え続けた奥様は

将来的に体や精神を壊す恐れがあります。

どんなに小さなことでも

徹底的に繰り返しされるということは

相当なダメージを

食らうことになるのです。

あなたの心臓が止まってしまう前に

できるだけ早くこのことに気づいて

少しづつ離れていく

心の準備をしていってください。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする