自己愛性人格障害の彼と別れた後もまだ接点がある人へ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の彼と

別れた後もまだ接点がある人に

どうやって苦しみから抜けたらいいかの

ヒントを

お話しいたします。

自己愛性人格障害の被害で

社内恋愛を使ったものが

自己愛性人格障害の相談の中で

3/2以上を占めているのですが、

会社を辞めない限りは別れた後も

自己愛性人格障害の彼の

そばにいることになります。

その場合、自己愛性人格障害の元カレは

別の女性と仲良くする、

もしくは新しい彼女を社内で作る

ということをよくするのですが

偶然にしてはかずが多すぎます。

自己愛性人格障害の人は

嫌がらせの道具によく恋愛を使うので

元カノに見せつけて苦しめるために

新しい彼女を社内で作るのか、

偶然好きになってしまい、

また社内で恋愛が

スタートするのかは分かりませんが

それを目の前で見る元カノは

辛い思いをすることになります。

特に自己愛性人格障害の人の場合

わざわざ嫌がらせで別の女性を見せつける、

というやり方をするほどですから

偶然ではなくおそらくあなたを苦しめるために

わざわざ大げさなほど、

新しい彼女を目の前で大事にしたりします。

別の人とは仲良くするのに

あなたとだけ口を利かない、など

卑劣なやり方をするのでしょう。

彼をまだ好きなうちは苦しいでしょうが

自己愛性人格障害の人の特徴として

どうしても人よりも自分のほうが

優位に立たないと気が済まないという

特徴がありますので

あなたのように相手の気持ちを考えて

傷つかないようにしてあげる、

ということはありません。

それを自己愛性人格障害の人に望んでも

無理なのです。

Tiaraはたまたま社内に

ほかに女性のいない職場でしたので

やきもちを妬くことはありませんが、

男ですが、別の同僚とは

以前の変わらない優しくて

気づかいのできる彼だというところを

見せつけられていましたが

もう、別れるころには

自己愛性人格障害に気づいていたので

不思議な気持ちで彼を見ていました。

妬きもちとか、どうして私とは

普通の話をしてくれないの?

と思うのではなく

ああ、やっぱりああやって見せつけて

虐待しているつもりなんだな、

不思議だな、

そんなことで虐待にならないのに。。

と思って見ていて

逆に彼が自己愛性人格障害で

人の気持ちを考えることが出来ない症状を

確信しながら見ていました。

そんなことをしなければとても素敵な人なのに

その素敵なところですら

尊大な自分を見せることに必死で

虚勢を張り

本当の自分ではないんだなと

確信しながらずっと見ていました。

ほかの人で

「Tiaraと話していると

自分まで彼から冷たくされそうで怖い。」

という人がいたので

「いいよ。Tiaraと話さなくても。」と言って

ごめんね、しゃべってあげられないけど、

というその人に

あっちに行ってて、というそぶりをして

彼の前で

Tiaraのそばに寄らないほうがいいよ、

とアドバイスしていました。

自己愛性人格障害の人は

そういった特徴があるんです。

むしろそうでなければ

その人は自己愛性人格障害では

ありません。

新しい彼女や

彼に優しくされて喜んでいる人には

申し訳ないですが、

かわいそうだな、わからないんだな、としか

思いません。

Tiaraももともとがそうだったように

大半の人は、

自己愛性人格障害に気づいていないのです。

中には

「彼が嫌がらせをやめてくれません。」

とか

「いつになったら終わるのでしょう。」と

いう方がみえますが、

残念ながら、自己愛性人格障害の嫌がらせは

終わることがありません。

なぜなら、彼の心の中に

負けることへの極端な恐怖心があるから

嫌がらせを常にし続け

あなたが堪えているところを

見続けている限りは

気分が高揚し、よくなっているので

やめることがありません。

彼の攻撃をやめさせたいのなら

もう少しそばに来て

眼中にない、ということを

アピールするしかないのです。

この場合も決して敵対心を

見せてはいけません。

敵対心をみせず

彼にもう興味がなくなった、という風に

ふるまうのが一番です。

そうすると

自己愛性人格障害の人も

一生懸命見せつけていることが

つまらなくなって

あなたよりも過敏に反応してくれる

新しいターゲットを無意識のうちに

物色しだすでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする