自己愛性人格障害の後悔

こんばんは♡

 

ところであなたは自己愛性人格障害の人は

とんでもなくひどいことをした後に

後悔はするのか気になりませんか?

 

Tiaraは本当にあんなことをして

後悔しないのか?

大切にはぐくんできた関係が台無しになるほどの

行動に出た後の彼が後悔しているのか気になっていました。

 

実は自己愛性人格障害の人は今まで従順に従っていたターゲットが

思うようにコントロールできなくなってしまったと感じたとき、

相手がどうしようもなく最低な奴だ、と思うことによって

自分を保とうとします。

 

そしてあなたを虐めるためならあることないこと言い続けます。

ほんとに些細なことでも1000倍くらいにしてののしります。

 

そしてそれをほとんど覚えていません。

 

勢いというか、

あなたをつぶして自尊心を満足させるためだけに言っているので

本当に思っていったのではありません。

これはいわゆる自己愛憤怒と呼ばれるもので、

ものすごい怒りを爆発させるので、

あなたは恐怖におとしめられるでしょう。

 

それでも、自己愛性人格障害は覚えていないんです。

 

ただ勝つためだけに言っているので

後から自己愛性人格障害の人に

「あなたはこんなことを言った!」といっても

「へ?」

なのです。

 

しかし、あなたがそれを許さない場合、

泣いてすがりますが、残念ながらそれは

あなたのことが好きだから、すがっているのではないのです。

 

おそらく自己愛を満足させてくれるあなたを

手放したくないだけなのでしょう。

 

そして、人は否定する癖に

自分が否定されることをひどく恐れているので

あなたのほうから去っていこうとすると

しがみつきもすごいです。

それに驚いてあなたが彼から離れてしまった場合、

冷静になってから、

自分のしたことに気づくのです。

 

そして、後悔するのです。

 

それで人間関係を何度もダメにしてきているはずなので

またかと、落胆し、気づいたら

後悔してももう遅い状態になっているのです。

 

自己愛性人格障害の人は、

自分でもそれを止めることができないんです。

 

何度も後悔をし、それでも自己愛憤怒をやめることができない。

 

自分に従順な人に、

もっと、言うことを聞いてくれるか、無理難題を出し、

そしてそれを強めてしまい、

後戻りできないところまできて、相手に逃げられてしまうんです。

 

どうしても勝っていないと不安で仕方ないというのは、

こんなにも怖い心の状態を作ってしまうんです。

 

あなたもできるだけ早く逃げてください。

本当に恐ろしいことになる前に。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください