自己愛性人格障害の優しい彼がだんだんとモラハラ化していく過程

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

モラハラ的な心の動きについて

お話したいと思います。

まず、普通の人は、お付き合いを始めたころは

やはり、まだお互いに自分を出し切っていなくて

少しつづ、信用が増してくるにつれて

徐々に自分を相手に見せていきます。

それからだんだんとお互いのことがわかるようになり

少しづつ、言いたいことが言えるようになり

お互いにけんかしたり分かりあったりを繰り返しながら、

少しづつ心の距離も縮めていきます。

そうしてだんだん信頼関係が増していくのです。

でも、彼が、自己愛性人格障害だった場合は、

少し普通の人と違います。

お互いに信頼関係がまだそんなにないうちは

とても優しく

あなたに信用してもらえるよう

最大限あなたに優しくします。

そしてだんだんにお互いにいいたいことを言うようになり

お互いの愛が本物だと

確信していったときには、信頼関係が

増すのですが、

自己愛性人格障害の場合、

信頼関係が増して、

あなたに何を言っても自分のことを

分かってくれようとするあなたを見て

もうあなたが離れていかない、と

安心します。

そして、安心してあなたに

少しづつ自分の中のイライラを

ぶつけるようになっていきます。

そのときのあなたの反応が

少し嫌な顔をして不快感を見せて

それでも彼から離れていかないと、

普通の人は、

少し八つ当たりをしてしまって

かわいそうだったなあ、と思います。

ところが、

自己愛性人格障害の場合は、

そうは思わないのです。

自分だけがあなたに怒りをぶつけて

少し、すっきりします。

そして、あなたには信頼が置けるから

何をしても大丈夫だと確信し、

だんだんにモラハラ行為を強めていきます。

あなたが気づきそうになると

そうじゃないよと言い聞かせたり、優しくされたりするので

あなたも気のせいだと思ってしまいますが、

自己愛性人格障害の彼は

あなたを信頼してモラハラ行為をしているのです。

普通の人なら自分の大切な人のことを想い、パートナーを傷つけてしまったときは、

「ごめんね。傷つけてしまって。」

となるのですが、

自己愛性人格障害のひとの場合は、

自分の信頼のおけるひと=自分の思い通りにしていいひと、

となります。

そこが普通の人と違うのです。

なんで?といわれても、

そこの部分が病気で、相手の気持ちが分からないのです。

分からないというよりもむしろ、あなたが傷つくところをみて、自分のほうが上だと安心し、どんどんあなたよりも上に立とうとして、それに逆らわない、もしくは逆らっても彼に勝つことができないあなたを見て、満足するのです。

だから、自己愛性人格障害のひとに

自分の思い通りになる、と思われることはたいへん危険なことなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする