自己愛性人格障害とは病的に自分のために愛情と人の犠牲を求める病気である

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害とは病的に

自分のために

愛情と人の犠牲と求める病気である

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

せっかく作った関係を

壊すようなことをしますが、

なぜそんなことをするのでしょう?

そもそも

自己愛性人格障害のひとは

ひととの関係を作りたくないのかというと

そうではなく、

自己愛性人格障害のひとも

本当は自分のそばにいる人を

求めているのだと思います。

ただ、自分の感覚が

普通の人とずれていることには

途中からなんとなく気づいているのですが

どこが違うのか、

ということは分かりません。

その原因は幼いころの生い立ちや

両親との関係だと言われていますが、

何らかの原因で

その自尊心のなさに恐怖を感じています。

自分がすべてのひとから

大事にされないと

どこかで極端な恐怖心をいだいていて

それを味わいたくないので

必死に自分には価値がある

と思いたくて必死です。

そのため、誰かが

ちやほやされているところを見ると

無性にやきもちを妬いて

それを壊したくなります。

その人が自慢をしているわけでも

魅せつけているわけでもなく

たまたま人気があったり

話しがおもしろくて

周りの人が惹かれていたり

ほかのひとよりも目立っていたり

優しかったりすることにも

やきもちを妬いてしまいます。

そしてその怒りは

相手が悪い、と思い込んでいるのです。

それは自尊心の低さから

きているのですが

どうしても人の幸せそうな顔を

見ることができないのです。

そしてその人に

そんな気がないとしても

勝手にやきもちを妬いて

全力でその人の幸せを

邪魔しようとします。

悪い噂を流したり、

笑いものにしようとしたり、

できの悪い子だと

見せようとするのはそのためです。

それが、他人だけでなく

自分の恋人や奥さんや友達や兄弟にも

そういうことをするのです。

どうしても

自己愛性人格障害のひとの心の中の

恐怖から

人を認めることができないのです。

そのくせ、自尊心が極端にないので

自分が嫌われることには

ひどく怯えています。

普通の人も嫌われることは

嫌でしょうが、

自己愛性人格障害のひとは

それが極端なのです。

その恐怖から

どうしても嫌われたくないため

人とのコミュニケーションには

抜群に気を使います。

自己愛性人格障害のひとが

コミュニケーション能力が高いのは

その極端に人から嫌われることを

恐れるためです。

自己愛性人格障害のひとに

気遣いのできる人が多いのは

そのためなのです。

話しも面白く明るく少しだけ

母性本能をくすぐるような

甘え上手な面もあり

たしかに

イライラするところもみえるのですが

それが正直で分かりやすいと

人懐っこくみられることも多いです。

人からの愛情に関しては

異常に求めているのですが、

初めは自己愛性人格障害のひとから

好きだと告白してくることも

多いでしょう。

それは、自己愛性人格障害のひとの

惹きつけ行為で

周りの人が自分に惹かれていないと

不安なので、

極端に惹きつけ行為を行い、

付き合うまでは彼からの

熱烈な愛の言葉をかけられた方も多いですが、

その時の自己愛性人格障害のひとの気持ちは

自分の魅力をあなたに見てほしくて

あなたからの称賛の言葉を

欲しかったのでしょう。

これも、はじめから

思っていたわけではありません。

初めはとにかくあなたに

相手にしてほしい

というところから

始まっているだけだと思います。

そして

あなたの性格によって

彼を称賛したり尊敬したりすると

彼はあなたを欲しくなります。

自己愛性人格障害のひとは

称賛してくれる人、自分を認めてくれる人が

好きなのです。

そして、あなたが優しく寛大だと

彼から少しくらいひどいことを言われても

さらっと水に流してくれたり

受け流してくれ、

なかったことにしてくれたりすると

さらに彼は

もうあなたを離さなくなります。

こうやってあなたはどんどん

自己愛性人格障害のひとからも

求められるようになるのです。

被害者になりやすいひと、というのも

ある程度

自己愛性人格障害のひとに

気に入られやすい性格をしています。

そしてそんなあなただからこそ

彼から彼のための犠牲を求められても

どんどん受け入れてしまうのです。

あなたが彼からの理不尽なことを

受け入れてしまうと

彼はどんどん自分の怒りを

ぶつけていくようになるので

気づいた時には

とてもひどいことになっているのです。

自己愛性人格障害とは

病的に自分を愛してくれる人や

犠牲をはらってくれる人を

求めているのです。

そしてそれくらいしても

自己愛性人格障害のひとの心は

満たされないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする