自己愛性人格障害の被害者が自分を認めるということ

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

自分を認めるということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に遭われた方は

自分のことを大事にする気持ちが

普通のひとよりも低いと思います。

自分よりも他人に価値を置き

価値のない自分を一緒に持ち上げてもらうことに

依存してその人に全力で尽くします。

自分に自信がないことを認めているので

彼の素敵な魅力に

大事にされることで幸せになろうとしていて

自分の力で幸せになれる自信がありません。

Tiaraでも自分の力で幸せになれると

思っていなかったのですが

自分で幸せになろうとするほうが

はるかに楽です。

他人を変えることは

旦那さんであっても彼氏であっても

できません。

できるときはその本人が変わりたい、

と本気で願う時だけです。

自己愛性人格障害のひとは

自責の念がありませんので

反省することができません。

反省することは自分が悪いと認めることになるので

自尊心のない自己愛性人格障害のひとが

自分のしていることを自覚することは

麻薬患者が麻薬をたつときの苦しみと

同じくらいの苦しみをともなうと言われています。

ですから、自分のしていることを認めることは

まずないのです。

もちろんあなたの言うことを聞く、

なんていうこともありません。

だから自己愛性人格障害のひとを

変えることは、不可能なのです。

もし、可能性があるとするならば

それは本人が自覚したときだけですが

そもそも自尊心があまりにも低すぎるので

認めたくはないのです。

あなたが苦しみから脱出したいときは

あなたが変わるほうがはるかに速いので

できるだけ早めにあなたの考え方を変えることを

お勧めします。

あなたが一番に変えなければいけないことは

まず自分が何をしたいのかを知ることです。

本当はどんな気持ちなのか、

何をしたいのか、どんな風になりたいのか

に気づくべきです。

あなたは、彼が何を思っているのか

彼がどうしたいのか

彼がどんな気持ちなのかに

興味を持ちすぎていて

自分の気持ちに気づいていません。

あなたが嫌な気持ちを持っているのに

あなたが傷ついているのに

自分の気持ちを守らずに

彼のことばかり考えています。

あなたはもっと自分の気持ちに気づくべきなのです。

あなたを傷つける人がいたら

あなたは遠慮なく怒っていいんです。

あなたはあなたのためになることだけを

受け入れてください。

あなたを傷つける人がいたら

あなたが怒って

全力であなた自身を守ってください。

あなたが一番守らなければならないのは

あなた自身なのです。

あなたが自分自身を守れるようになれば

まず、自己愛性人格障害の被害に

遭うことはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする