自己愛性人格障害のひとは自分のしたことをあなたのせいにする


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分のしたことをあなたのせいにする

ということについて

お話ししたいと思います。

 

 

自己愛性人格障害のひとは

とても頼りがいがあるように見えますが

本当は責任感が全くありません。

 

あなたに

とても重大な責任をとるようなことを

言ったとしても

何らかのあなたが悪い理由付けをして

その責任を一切取りません。

 

でも、自己愛性人格障害のひとの

頭の中では

自分は悪いとは思っていません。

 

 

自分がいい加減なことをする人間だという

事実からも逃げてしまいますので

その責任から逃れるために

彼がそういう行動に出てしまった理由は

あなたのせいだということに

自己愛性人格障害のひとの脳の中で

変換されてしまうのです。

 

自己愛性人格障害のひとの

頭の中では

自分が悪いなどということは

考えられません。

 

すべてが相手のせいであり

周りにいる人たちのせいです。

 

彼の頭の中では

いつも誠実な自分が

迷惑をかけられている存在なのです。

もし、あなたが彼から

別れ話を切り出されていたとしても

それは彼のせいではなく

あなたが、彼のことを分かってくれないから

仕方なく別れ話を出しただけだ

ということにされてしまうのです。

 

そして人のいい彼は、

それでも傷ついて

あなたに別れ話を出したことになっていますが

そのあとに彼のことが好きだから

よりを戻してほしいといったのも

あなただということに

なってしまっていたりするのです。

 

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとして

彼から別れ話を出されているのだとしたら

二度と戻ってはいけません。

 

 

今度こそうまくやっていける、

だとか話し合いの末

彼が分かってくれたなどと考え

戻ってしまうと

延々同じ事を繰り返し続ける羽目になります。

 

ですが、自己愛性人格障害のひとの

記憶がないわけではないので

あまりにも何度も繰り返して不自然な形になってくると

今度はどうしても別れなければいけない理由を

あなたが原因ということで作り出し

何度も同じことを繰り返し

あなたの方が一方的に好きだった

みたいな感じになります。

 

 

自己愛性人格障害のひとが

あなたの気持ちを分かってくれる、

ということは残念ながらありません。

 

彼からどれだけあなたが好きだと

熱心に打ち明けられても

あなたがいないと生きていけないんだと

情熱的に言われても

あなたを幸せにできるのは

この俺しかいないんだ、

と涙を流していわれても、

時間がたつと彼の頭の中では

彼が迷惑していても

あなたの方が彼と別れたくないと言ってきた

ということに全く変換されていても

不思議はないのです。

 

それでもいいと思えるときは

彼のところに戻ってください。

 

ですが、残念ながら

自己愛性人格障害のひとと

話しがかみ合うことはありません。

 

歳を重ねるごとに

だんだん症状もひどくなっていくのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください