自己愛性人格障害のひとに認めてもらおうとしてはいけない


こんにちは♡

今日は、あなたのパートナーが

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたのいいところは見せてはいけない、

ということについて

お話ししたいと思います。

もし、あなたのパートナーが

自己愛性人格障害だった場合、

常にあなたをバカにしたり

あなたのすることを認めてくれなかったり

突然機嫌が悪くなったり

意味もなく無視をされたり

していると思います。

彼とうまくやっていきたいあなたは

彼の機嫌が悪くなると

彼のご機嫌をとったり

怒らせない様にしたり

あなたにそんなつもりがないことを

彼に分かってもらおうとします。

ですが、自己愛性人格障害のひとに

努力して、あなたのいいところは

極力見せないほうがいいと思います。

あなたが必死で彼に認めてもらおうとすると

自己愛性人格障害のひとは

あなたのそのまじめな性格を

虐待に使います。

見せてもいいのですが

それは彼の関わらないところで見せて

あなたを否定したりバカにしたり

あなたのことを認めてくれない人に

いいところを見せようと

美味しい料理を作って彼を待っていたり

彼の好きそうなプレゼントを選んで

彼と会う日を心待ちにしていると

自己愛性人格障害のひとは

それを必ずつぶします。

たとえば

用事が入ったり

ドタキャンだったり

彼と約束をした日の直前になって

ケンカをして

会えなくなってしまったりするのです。

彼とうまくやっていきたいと願う

彼との話し合いも

彼にとっては

あなたがどんなにいいことを言おうとも

あなたのことを絶対に認めません。

そうすることによって

あなたが悔しい思いをしたり

辛い思いをするところが見たいのです。

彼の機嫌が悪くなったからと言って

それはあなたのせいではありません。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

あなた自身が自分が悪いと思い込んで

必死で努力するところが

見たいだけなのです。

自己愛性人格障害のひとが

あなたのパートナーじゃないとしても

同じことが起こります。

初めは

あなたを認めてくれ

あなたをそばに置いて

あなたに仕事をどんどん依頼しますが

あなたが必死にやればやるほど

あなたに無理難題を押し付けてくるのです。

だから、相手が自己愛性人格障害だった場合

あなたの頑張りが利けば利くほど

あなたに無理難題を押し付けてきて

あなたがつぶれるのを待っているのです。

だからあなたが彼のことを

尊敬していれば尊敬しているほど

あなたが彼のことを好きなら好きな分、

努力すれば努力するほど

自己愛性人格障害のひとは

あなたの限界を超えてもまだ、

どんどん仕事を押し付けてくるのです。

出会って初めのころは

あなたのことを認めていた

自己愛性人格障害ですので

あなたももう一度

彼に認められたいと努力してしまいます。

ところが、努力をすればするほど

ターゲットになってしまうのです。

だから、あなたがあなたのパートナーを見て

もしかしたら自己愛性人格障害かもしれない、

と疑い始めていったころには

あなたは彼の歩み寄る行為を

できるだけ早くやめなければ

あなたはどんどん彼のために努力し続け

報われない努力をしてしまい

何年もあなたの人生の

大きな時間と心を

無駄にしてしまうでしょう。

あなたがいいところを見せたり

歩み寄りの姿勢を見せてしまうと

あなたをもっと責め立てて

自分の思い通りにコントロールできる

と思われてしまい、

どんどん無理難題を

押し付けてくることになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする