自己愛性人格障害の被害にあう人の自己犠牲欲について

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

犠牲になる人の

自己犠牲欲について

お話ししたいと思います。

あなたの彼が

自己愛性人格障害だと気づいていても

彼となんとかやっていけないかと

考えていると思います。

大半の被害者は、自己愛性人格障害の人に

何度も傷つけられているのに

別れようとはしていません。

気持ちを離すことも苦しいし

彼との穏やかな時間が忘れられず、

もう一度

あの頃の優しかった彼に

戻ってくれないかと

どこかで期待してしまっていると思います。

ですが、

嫌なことをされても

彼のそばに居続けて笑っているあなたを見て

彼の攻撃はどんどん強くなっていき

元に戻ることはないのです。

それに、彼にひどいことをされても

自分の努力で彼にわかってもらい

穏やかな生活をしていくことを望んでいる場合

あなたは自分のことを大切にしていません。

自分の気持ちよりも

相手の気持ちを大切にしてしまうのです。

まず、

自分のことを大切にすることが

先なのです。

自己愛性人格障害の人を

好きになるような人は

自己犠牲欲が強いです。

自分が犠牲になることで

相手にわかってもらおうとして

彼に認めてもらうと満足するのです。

どれだけ犠牲になることが出来るかによって

相手をどれほど思っているかを

分かってもらおうとしますが

それが、自己愛性人格障害にとっては

とても都合がいいのです。

逆にそういった人でないと

自己愛性人格障害の人と

付き合うことは不可能なのです。

だからあなたが

自己愛性人格障害の彼から

「あなたは俺のことを

何もわかっていない。」と言われ

苦しんでいるとしても

そんなことないとTiaraは知っています。

分かっていないのは

自己愛性人格障害の人本人と

あなただけなのです。

それなのにあなたは

彼から言われたことを真に受け

反省し、

さらに努力して彼に寄り添い

分かってもらおうとします。

あなたも

自分は価値がないと思っていて

大事にしてもらうためには

彼に尽くすしかない、と思っていますが

そんなことはありません。

あなたは、

相手の為に自分を犠牲にしてでも

相手の為に尽くすことのできる人なのです。

その代わり、自分がひどい目にあっていることは

なかなか気づけません。

自分のことはわからないのです。

そして

自己愛性人格障害の人も同じく

自分には価値がないと思っています。

そしてそのことに耐えられないので

それを認めることが出来ず、

そんなはずはないと立派な人物を

演じ続けているのです。

そして相手の上に立つことで

自分のほうが価値のある人間だと

思うことで、気分が高揚しているので

被害者になってくれる人を

そばに置くことで

落ち着いていられるのです。

あなたが犠牲にならなくても

あなたがいることで

幸せを感じてくれる人は

世のなかにたくさんいますし、

普通の人はあなたが犠牲になることを

できれば避けたいと思うはずです。

そもそも男の人は

女の子が嫌がることは

できないようにできているのです。

動物など弱い者にも

無意識に嫌がることは

良心が傷んでしまうのでできません。

あなたが犠牲にならなくても

楽しいのが一番だし、

もしあなたが

自分の為に犠牲になって努力してくれるとしたら

本当にうれしく思い、

あなたのことを本当に大切にするでしょう。

普通の人は自分の為に

犠牲をはらって努力してくれるあなたを

無下にはしないのです。

一度経験してみると

いかに被害者の人が

相手の為に相手を分かってあげようと

最大限努力する人かわかってしまうので、

自己愛性人格障害の経験をした人にしか

この話はしたくないのです。

世間の常識が、いかにいい加減なもので

固定されたものなのかが

よくわかりました。

ちゃんと自分の頭と感覚で理解し、

彼は本当に

あなたのことを思っていてくれるか

考えなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする