自己愛性人格障害の人は、本当は驚くほど気が小さい

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、

本当は、気が小さいということについて

お話したいと思います。

 

 

以前のブログでも、

お話したことがあると思いますが、

自己愛性人格障害の人は、

本当は、ものすごく気が小さいです。

 

普段はとてもそんな風には見えませんが、

それは、あなたというターゲットがいるので、

その人に

尊大な自分を魅せつけていないといられないので、

自然に有能な人間に見え、

そして中には

そうしているうちに、

本当に実力をつけていく自己愛性人格障害の人も

多く見られます。

 

だから、

とても気が小さいようには見えないのですが、

本来、その自己価値のなさから、

そんな自分を恐怖にすら感じているので

全力で隠している状態が、その

尊大に自分を魅せつけていなければ

生きていけないという、心の状態なのです。

 

誰でも、人は

自分をよく魅せたいという気持ちはあると思いますが

その気持ちが、異常なほど大きいので

周りの人に甚大な被害をもたらします

 

その部分が病気なので、

精神障害のひとつとされています

 

ただ単に自分をよく魅せたいだけの

見栄っ張り程度の性格なら、

自己愛性人格障害とは呼びません

 

そういった人は、特に周りの方に

被害が及んだりはしません。

 

周りの人が、うつ病になったり

自殺してしまうほど

追い込んでしまうから問題なのです。

 

自己愛を人の心が病むほど魅せ付けたい、

人をつぶさないといられないほどの感情が

自己愛性人格障害というものです

 

逆に言えば、

それ以外の知能や判断能力は正常です。

だから、仕事や勉強には差支えがありません。

 

Tiaraの元彼もそうでしたが、

尊大な自分を魅せつけていなくては

いられないので

とても知識が豊富でしたし、

またそれを魅せつけているのか

言語能力がとても高く、弁の立つ人でした。

 

彼を見て、やはりあこがれている人が

何人かいたようです。

 

そんな有能な人が精神障害などとは

誰も思わないでしょう。

 

でも、一人でいるときにふと、話しかけると、

弱々しく、びくびくしたような彼を

見ることがありますし、

現在、Tiaraの周りにいる

自己愛性人格障害の方たちも

例外なく、そんな姿を見ることがあります。

 

普段あれだけ尊大な面を魅せつけて

人の揚げ足を取り、指導という名のもとに

こじ付けで虐待しているにもかかわらず、

ふとしたときに見せる表情や態度が

驚くほど小さいのです。

 

彼らの本当の姿は、本当に小さく自分に自信がないのでしょう。

しかし、本当は、

自己愛性人格障害の人も

価値がないわけではなく、

人をつぶさなければならないほど

そうでないと生きていけない理由なんて

本当はどこにもないのです。

 

それどころか、

被害者の方たちを、これほどまでに悩ませ、

自己愛性人格障害の人と別れたくない、

いっている人たちが

どれほどいるのでしょう

 

それを彼らに話したところで

意味を理解できないですけど、

本当に理不尽でふびんで、

なりません。

 

それがわかるのは

ターゲットにされた方だけです。

 

あなたが悩んで、

Tiaraのサイトにたどり着いたなら

それだけで、あなたの彼は、

自己愛性人格障害の可能性は高いと思います。

 

そこまで苦しんでいる人でないと、

こういったサイトを見たりしません。

 

どうか少しでも、自己愛性人格障害の人たちと

被害者の人たちが、平和で楽に暮らせるよう

世の中の人たちに理解してほしいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください