自己愛性人格障害の人は相手に自分の求める答えを発言することを必要以上に求める

こんにちは♡

今日は自己愛性人格障害の人は普通の人よりも何百倍も

傷つきやすいということについて

お話したいと思います。

 

 

自己愛性人格障害の人は、

普通の人が普通に話せることでも怒りを感じます。

 

特に普通の人よりもこだわりを持って生活していることが多いため、

その自分の中のルールから少しでも外れるようなことをいうと

とたんに怒り出します。

 

あなたに自分が望むとおりの答えを求めます。

 

その答えから少しでもはみ出すと自分の言うことを聞かなかったあなたに対し

驚くほどの怒りを感じることがあるのです。

あなたは、お互いに分かり合おうと思って

話し合っていることが多いので

彼が怒り出したのを見て驚くことになるのです。

 

彼が、あなたの意見を聞きたいと思って一生懸命考えて話しているので

怒られると、何が彼の気に障ったのかわかりません。

 

彼はあなたの意見を聞きたいのでは、ないのです。

 

あなたのなんでもない一言や何気ない素振りにさえ、

自己愛性人格障害の人を深く傷つけてしまいます。

 

自己愛性人格障害の人にとっては

ほんとに些細な批判や、感覚のずれや意見の違いも受け入れることができません。

 

でも、そんなことあなたにわかるわけがないのです。

 

自分が受身になることさえ苦痛に感じてしまうのです。

でも、そんなこといってたら人と話すことはできないのです。

 

でも自己愛性人格障害の人は、

自分で自分を評価することができませんから、人から評価してもらって自分を見ようとするのです。

でも、少しの批判も許せませんから、あなたができることは彼を賞賛することだけです。

 

でも、あなたは彼と話し合おうとするので

あなたの会話が彼には受け入れることができないのです。

 

Tiaraも彼からよく無視の合間に「Tiaraがいままでどう考えていたか聞きたい。」と

電話がかかってきて、また彼の機嫌を損ねるのがいやなので

「まだ、考えがまとまっていない。」というと

「今まで考えてくれたことだけでもいいから。」

と無理やり話をさせられて、そんなにおかしなことを言ったわけでもないのに、

いつも怒ってぜんぜんわかってない!といわれて電話を切られたりしていました。

 

結局何を話してもだめだったのです。

彼の考えていることなんてわかるはずがないのです。

 

自己愛性人格障害の人とは

対等な人間を築くことのできない障害なのです。

 

人と人が付き合っていく以上会話なしに分かり合うのは不可能だと思います。

 

でもその会話が成立しないのです。

でも、それはターゲットのみと会話する場合だけです。

関係のない一般のひとと話すときは気配りができて、とてもコミュニケーション上手なのです。

 

そんな彼とまともに話ができないのはあなただけ、ということになってしまいます。

 

これが、恋人同士の関係だけだったら二人きりの場で会話が行われるので、他の人からあなたが話の通じない人だとは、あなたが言わない以上おもわれないです。でももし、彼と社内恋愛だった場合、二人の会話を聞いた人から、あなたが信用を失います。

 

他の人からコミュニケーション上手だと思われている彼は周りの人からは評判がいいはずですので、そんな彼と話ができていないあなたが不信に思われてしまいます。

 

あなたの評判を落としてしまうような彼でいいんですか?

 

会話の内容を考えてみればあなたは自分がおかしいことを言っているかわかるはずです。。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください