自己愛性人格障害のひとは自分の感情にはひどく敏感である

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

特徴の一つである

敏感なことにについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

人がすることにとにかく敏感です。

鈍感な自己愛性人格障害は

いません。

他人の感情に関しては鈍感なのではなく、

共感力が極端に全く0なので

感じ取って先回りして

傷つけないように動くことができないのです。

むしろわざわざ傷つけて

高揚感を増します。

人がつぶれていく姿を見ると

自分のほうが上だと思い

自尊心を少しだけ持つことができるので

常に人を潰すことをやめられないのです。

でも、人のことは傷つけることを

わざわざするのに対し

自分の感情にはひどく敏感です。

例えば、大きな音とかはなし声など

極端なくらいに気にするのです。

気にさわってイライラする、という感じです。

Tiaraは初め品がいいからだ、

と考えていたのですが、

そうではないのです。

本当に品のいい人、というのは

人をさげすんだりしません。

人に対してと自分に対しての

気持ちのむけ方に

ものすごく差があるのです。

自分の気持ちはとても大事にして

あなたに対しても

彼の気持ちを考えて動くように

彼を怒らせないように動くことを

極端なほど求めます。

しかし、あなたに関しては

彼のために我慢するのが当たり前なのです。

普通の恋人同士は

相手の気持ちも自分の気持ちも

大事にします。

でも、自分の気持ちだけは大事にしろと

極端にあなたに求めてきても

あなたに対して彼が

ひどいことをすることに関しては

平気なのです。

そのことからも

普通の人と自己愛性人格障害の違いが

はっきりと表れます。

相談を聞いていると

「私の彼は自己愛性人格障害なのでしょうか?」と

聞かれることが多いのですが、

このように自己愛性人格障害のひとは

人に対しての扱いと

自分に対しての扱いに差がありすぎるのです。

あなたが我慢して当然、という人は

まず、自己愛性人格障害でなくても

本当に思いやりがありません。

普通の人はそんなこと言いません。

自己愛性人格障害のひとは

時にしつけの厳しい人、という

見られ方をすることがよくあります。

あなたのために厳しいことを

あえて言ってくれている、

ととらえられ、真実の愛があるひと、

と誤解される場合が多くあります。

周りからもそういわれることが多く

我慢できないあなたが甘いだけ、

ととられてしまいかねません。

でも深く付き合っていくと

そうではありません。

自分にはとことんあまいのです。

自己愛性人格障害のひとは

周りの人が自分に対して気を使うのは

当然だと思っています。

まず、そこでおかしい、と気づいてください。

恋人同士や夫婦の場合、

相手に対して思いやりを持つことはいいことだと思います。

でもそれはいっぽうてきではありませんし、

あなたが我慢するのが当然、ということは

ありません。

それも、あなたの我慢はどんどん

強くなり限度なくひどい言葉を浴びせられたり

我慢をさせられたりします。

それでよくある被害者の反応として

彼の要求をのめなかった自分が悪い

というものがありますが

そうではありません。

あなたの心がつぶされるほど

ひどいことをされているのに

あなたが我慢して当然、という態度の彼は

あなたのことを愛していません。

たとえその後ですがってきたりしても

それまでにあなたにしたことを

思い返してみると

戻るべきではないのです。

自己愛性人格障害のひとは

限度がありません。

限界を知らないので

あなたの心がつぶれても

どんどんひどいことをしてきて

それをどんどん強めていきます。

そして最後までついていこうとすればするほど

簡単にごみのように捨てるのです。

自己愛性人格障害のひとは

コミュニケーション上手な人が多く

初めのころは優しく

本当に魅力的であったと思いますが

彼があの頃のように戻ることは

二度とありません。

それも、本人は無意識のうちに

やっているのです。

原因は彼の中の幼いころの記憶と

闇の中にあります。

本当に危険な状況になる前に

あなたから静かに、気づかれないように

フェイドアウトしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする