自己愛性人格障害のひとに感謝の言葉は伝わらない


こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害のひとに

ありがとうの言葉は

通じない、ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとに

感謝の気持ちをのべたり

ありがとうといって

感謝の言葉を伝えたとしても

彼には通じません。

普通は、自分のしたことで

あなたが感謝してくれると

思うだけです。

人によっては、自分のしたことに

あなたが感謝してくれたことが分かって

うれしく思ったり、

やってよかったなあ、という

満足感があったりして

お互いの信頼関係が増すものだと思います。

そこまではいかないとしても

自分のしたことであなたが

助かったことが分かり

自分のしたことが相手のためになったと

自分に対して

肯定的な気持ちになると思います。

ですが、

自己愛性人格障害のひとの心情は

普通のひととは少し違うのです。

このとき、自己愛性人格障害のひとの

心のなかには

本人も意識はしていませんが

あなたがいい人なんだ、という

安心感と、同時に

その分だけ、あなたは

軽くあしらってもいい人、

という認識になります。

ここらへんの

自己愛性人格障害のひとの心理が

普通のひとには分からないと

思うのですが、

これが分からないことにより

いつでもターゲットになる可能性が

あります。

あなたが

自己愛性人格障害のひとに対して

普通の人にするように

感謝の言葉をのべたり

態度で感謝の気持ちを

素直に表してしまうと

それがなぜかターゲット認識されてしまう

材料になってしまうことがあります。

今までに

一度でも自己愛性人格障害の

ターゲットになったことのあるひとは

きちんと自己愛性人格障害のひとの

心理を認識していないと

本当に危険だし

自己愛性人格障害のひとの態度に

いちいち戸惑うことに

なると思います。

なにもしていないのに

そんなことしてくるひとなんていないよね?

なんていう一般常識では

片付けられない心情なのです。

だからなにも考えもしないで

性善説を頑なに信じて

自己愛性人格障害のひとのしてくれた親切や

助けに関して

自己愛性人格障害のひとを

普通のひとと同じように

信じてしまえば信じてしまうほど

より高い確率で

ターゲットになってしまう可能性が

あるのです。

自己愛性人格障害のひとも

気分がありますから

自己愛性人格障害のひとの

機嫌がいいなと思う時は

普通にしていても構わないと思います。

ですが、自己愛性人格障害のひとは

普通のひとには分からないことで

簡単に不機嫌になりますから

そこにどうして?と意味を考えても

意味のないことになってしまうでしょう。

それよりも

自己愛性人格障害のひとの機嫌が変わったら

できるだけすぐにその場を

自然に離れることです。

Tiaraの今の仕事のチームリーダーが

おそらく自己愛性人格障害なのですが、

最近Tiaraのパソコンの調子が悪かったので

仕事が飛んでしまうことが増えていたので

相談していたところ

新しいパソコンと交換してくれるよう

専門部署に交渉してくれたようで

パソコンの入れ替えのメールが

届いていました。

Tiaraはそれに気づき、

自己愛性人格障害のひとは

どうしても親切にしてしまうところもあるので

それは単純に助かることだったので

リーダーの顔を見かけたときに

普通に明るい感じで

「あ、パソコン手配してくれたんですよね?

ありがとうございました!」

と素直に伝えてしまいました。

すると顔色が急変して

真顔になり

「そういえば昨日の指示ですが

Tiaraさんの資料が間違っていたので

すぐにやり直してくださいね。」

目をグイっと見開くような顔をして

生気がなくなり

冷たい感じで言われてしまいました。

その瞬間、

あ、お礼を言わなければよかったな、

と思いました。

そのままスルーしたほうが

自己愛性人格障害のひとにはいいのです。

すぐに感謝の言葉を述べてしまったので

Tiaraが親切にはすぐに反応する人

思われてしまい

普通のひとにはそれでいいと思うのですが

自己愛性人格障害のひとには

相手が幸せそうな顔をしているところを

見ることも

不安の対象になってしまうのです。

彼がパソコンを手配してくれたことにより

Tiaraが仕事がやりやすくなり

うれしそうな顔をするじゃないですか。

それすらも

自己愛性人格障害のひとの

神経を逆なでることに

なってしまうんですよね。。

相手をつぶしてそれを眺めることにより

自分の自尊心を上げてほっとするのが

自己愛性人格障害のひとの特徴ですので

Tiaraのパソコンが新しくなることにより

Tiaraが嬉しそうにすることも

自己愛性人格障害のひとには

より強く潰してしまいたくなる

材料になってしまうのです。

もちろん

自己愛性人格障害のひとの自尊心は

お礼を言われたことにより

上がっているのですが

俺がお前なんかのために骨を折ってやった、

と急にTiaraのことが憎らしくなり

仕事のことで文句をつけた、

ということでしょうか。。。

ちなみにリーダーに指摘された資料ですが

何も間違ってはいませんでした。

ここで

自己愛性人格障害のひとの

心情を知らずに

リーダーに

「資料確認しましたけど、

間違っていませんでしたよ?」

なんて言ってしまうと

自己愛性人格障害のひとに俺に逆らった

ととられてしまい

しばらく嫌がらせ攻撃に遭うかもしれません、

だからここは

自己愛性人格障害のひとの心情を理解し、

お礼は言わないほうが良かった、

と認識して何も言わないことです。

仕事は間違っていないので

そのままにしておけばいいのです。

本当に間違えていたら

修正しなければなりませんが

間違っていないのでそのまま提出しておけば

自己愛性人格障害のリーダーも

何も言ってこないでしょう。

自己愛性人格障害の心情を理解していないと

お礼を言っただけなのに

自分に対してあんな態度をとられたことへの

疑問を持つでしょうし、

もしかしたら自分は好意を現しただけなのに

冷たい態度でしてもいないミスで

怒られたことで

自信を無くしてしまう人もいるでしょうし、

自分がどうしてそんな扱いをされるのかと

自分に対して自信がなくなってしまう人も

いるでしょう。

自己愛性人格障害のひとが怖くなり

気に入ってもらえるように

媚を売るようになってしまう人も

いると思いますが

そんなことをしたら余計にどんどん

ターゲットになっていってしまいます。

自己愛性人格障害のひとの

心情を理解すれば

あなたが悪いわけではなく

ただ彼が感じる必要のないことに

極端な恐怖を覚えていて

勝手に自分のほうが上だと

威嚇してきているにすぎないのです。

ただパソコンの交渉を

してくれたことに対して

お礼を言っただけでも。

自己愛性人格障害のひとに

あなたの感謝の言葉は通じません。

むしろお礼など言わないほうが

自己愛性人格障害のひととは

安定した関係を保つことができます。

ですが、時と場合によっては

お礼を言ったほうがいい場合もありますが

それは自己愛性人格障害のひとが

どちらのパターンで攻撃するかによっての

くせの違いによっても変わってきます。

そして失敗してしまったときでも

あわてずその人の心情を分析しながら

関わっているうちに

その人がどういったことで

不安を感じたり怒りを感じたりするのかが

分かるようになり

彼が怒りを感じやすいことは

言わないほうがいいと

覚えておきましょう。

このように

自己愛性人格障害のひとの対処の方法は

その自己愛性人格障害のひとによっても

変わってきますから

どのパターンが

彼の怒りのもととなるのかを知り

その行動は避けるようにすることで

自己愛性人格障害のひとの

ターゲットの基準から

離れていって下さい。

間違っていても決して

指摘したり反論したりせず

ただその行動を避けるように心がけて

後のことはすべて、

自己愛性人格障害のひとを頼らず

自分で解決するようにしていってください。

ですから今回のTiaraの場合ですが

もうこのリーダーからの親切にはできるだけ

お礼を言わないようにして

仕事は間違っていなければ

リーダーに間違っている、と

指摘されたとしても

自分で確認して

(もしくは自己愛性人格障害ではない別の人で

その仕事の内容が分かるひとに

確認してもらい)

間違いがなければそのまま提出をし

自己愛性人格障害のひとには

何も聞かないで進めていきましょう。

Tiaraも本当は一番聞きたい

自分のチームのリーダーが

自己愛性人格障害だったことは

痛いですが仕方がありません。

ちなみにTiaraの課の課長も

自己愛性人格障害です。

ですから上司からは

指示だけをもらいそれに従い

細かい相談は別のひとと仕事を進め

最終的に自己愛性人格障害の

リーダーのお気に召すものを作ります。

指摘があったり「変えてください。」

と言われれば、おかしい、と思っても

「はい。」と返事をして

ただリーダーの指示に従って

動けばいいのです。

リーダーに

気持ちを分かってもらおうという気も

さらさらありませんし、

むしろ分かるわけがないと

分かっています。

自己愛性人格障害のリーダーとは

ただ事務的に仕事を淡々とこなし、

リーダーの求めるものを提出するだけです。

たしかに、やりがいはありませんが

周りのほかの人たちと

普通にコミニュケーションがとれているので

仕事は楽しいですし

攻撃もされません。

こういった突発的なトラブルは

ちょこちょこありますが

自己愛性人格障害のひとの

心情を理解していれば

当たり前のことですので

怒りの感情を持っても仕方がないのです。

このように自己愛性人格障害のひととは

上手く立ち回りをして

感情を入れず、

そのほかの普通の人たちと

コミニュケーションがとれていれば

それなりに楽しい時間を

過ごすことができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする