自己愛性人格障害の人の言ったことは、本当になる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が言ったことは、

初めは違っていても、だんだんと本当のことになる、

ということについてお話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

最初はフレンドリーに近づいてきます。

 

公の人間関係はむしろ得意なほうでしょう。

 

友達のようにふるまい、ほかの人から見ても

仲がいいように見えますが、

二人きりになると、意味のない無視や、態度に説教など

繰り返し行いながら、

あなただけに虐待して、ほかの人にはむしろ親切なのかもしれません。

 

だから周りの人から見ると

全然分からないのです。

むしろいいひと、という風に映るでしょう。

ターゲット本人にも

「あなたのためを思っていっているんだよ。」とかいうので

あなたも虐待されている、とは分からない場合もあります。

 

そして、あなた自身もそうなのかもしれない、と思い込んで

虐待されている、とは分からないのかもしれません。

 

そして彼の言うことを

こじつけにもかかわらず、

あなた自身が、そうなのかもしれない、と思って

いろいろ直そうとしたり、

いろいろ考え込見すぎて

普段なら、できることも、できなくなったりするでしょう。

 

そしてだんだんと失敗するようになり、

彼がそばに来るだけでも

ドキドキするようになったりするのかもしれません。

 

そしてだんだんと本当に

自己愛性人格障害の言ったとおりになっていってしまうのかも

しれないのです。。。

 

そしてあなたはどんどん失敗するようになり、

本当にいろんなことができなくなります。

 

そうなってしまうと、周りの人に

あなたのことを悪く言われたりしても

周りの人も、本当にそうなのかもしれないと

だんだんあなたから離れていきます。

 

彼の言うことをうのみにしてはいけません。

彼の言うことにいちいちびくびくしていたら

あなたは、本当に失敗ばかりするようになってしまうでしょう。

 

そうなるとだんだんと思考回路もストップして

自分でいろいろなことを判断できなくなります。

 

きちんとあなたの目で見て

判断するといいでしょう。

 

あなたは、人に合わせることには慣れているかもしれませんが、

自分で判断することをやめてしまっています。

 

もう少し自分の目で見て判断する癖をつけていかないと、

自己愛性人格障害の人にコントロールされていても

全く気づかないかもしれません。

 

周りはいい人ばかりでなく、

あなたをはめる人も、

あなたの味方ができない弱い人もたくさんいます。

 

自分を守ることをやめてしまってはいけません。

 

そういった意味では、人に合わせるのではなく

自分自身の目で見て、いろんなことを判断していき、

人の目は、あまり気にしないほうがいいのかもしれません。

 

そうすると、あなたから離れていく人も出てくるでしょう。

それでも気にしないほうがいいのです。

 

あなたが、人に合わせるのをやめた瞬間、

あなたから離れていってしまった人とは、

お付き合いをしないほうがいいと思います。

 

むしろ、あなたが自分のことを大事にしていても

自然にあなたに近づいてくる人は

本当の意味で相性のいい相手なのです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください