自己愛性人格障害のひとの計画性

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとが

まだモラハラ化していないときの

計画性について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

出会ったばかりの頃がいちばんやさしく

そして時を追うごとに

だんだんと

本当に少しづつ

気付かれないくらいの速度で

モラハラ化し、

最後にはたいていの場合

激化してしまいます。

普通のひとでも

出会ったばかりのころは

少しでも相手に

よく思ってもらいたいという意識が

無意識のうちに働いて

もともとがよほどの人間嫌いでない限り

できるだけ人に親切にしようと思う人が

多いです。

普通のひとでもだんだんと関係が深まるうちに

言ってはいけないことを

相手に伝えてしまうこともよくあることですし

一緒にいるうちに

だんだんと合わなくなっていく人がいても

まったく不思議ではないです。

むしろ、そのほうが人間的で

だからこそ人間関係はおもしろく

そして悩む人も多いのです。

ところが自己愛性人格障害のひとは

まったく普通のひとと違っていて

相手に対して信頼関係が

増せば増すほど

限度がなくなるほどに

相手にひどいことをします。

してしまう、というよりは

何にも逆らわないあなたに対して

むしろ、

自分のことを

分かってくれようとするからこそ

ひどいことをするのです。

自己愛性人格障害のひとは

相手のことが全く考えられず

常に自分が一番でないと

強い恐怖心をいだきます。

だからこそ人よりも上に立とうとしてしまうので

そばにいる人のことをこき下ろしたり

ののしったり

叱ったり、見下したりします。

ですが、自己愛性人格障害にも

程度がありますので

病気の症状が少しでも軽いと

自分を守る力がまだ弱いので

人に悪く思われることも

してしまいがちになります。

そういった人は

自己愛性人格障害のひとと普通のひとの

ちょうどボーダーラインだとTiaraは考えていて

ちょっとでも人前で暴言を吐いたり

嫌われてしまうような自己愛性人格障害のひとは

変な言い方ですが

自己愛性人格障害としてはまだ不完全です。

本当に真正の自己愛性人格障害のひとは

周りを信じ込ませる力がより強いのです。

この時、自己愛性人格障害のひとに

自覚はあるのでしょうか?

自己愛性人格障害の羽谷にあった人は

ほとんどの人が

その被害に気づくと

ひどいことをされた、と思っているのですが

自己愛性人格障害のひとに

その自覚はありません。

相手を攻撃している、

というよりは自分を守らなければいけない、

という気持ちが極端に強いので

あなたが何もしていなくても

あなたに攻撃されることを

前もって予想していて

あなたがそんなつもりがないとしても

強い力で攻撃をしてきて

やめようとしません。

もしくは

あなたが極端に弱く

自己愛性人格障害のひとに

どんなにひどいことをされても

周りの人に言えなかったり

自分が悪いと思ってしまい

自責の念に駆られるような人は

どれだけ攻撃してもいい、

と思ってしまいます。

そして自己愛性人格障害のひとも

脳は正常ですから

あなたにひどいことをしている

ということはなんとなく自覚しているのですが

自分がひどいことをしていると

周りにばれてしまうことを

極端に恐れていますので

あなたがとことんひどいことにして

自分はいっさい疑われないほどに

あなたを最悪のひとだと思わせてしまっていて

それをやめることが

できなくなってしまいます。

そして自分がひどいことをしている

と自分で自覚してしまうことにも

恐怖心をいだいてしまうほど

恐れていますので

記憶を書き換えて

自分が被害者だと自分でも

全力で思い込んでしまうのです。

ですから、自己愛性人格障害のひとは

あんなにもひどいことをしているのに

まったく計画的に行っているわけではないのです。

初めはあなたに優しくしながら

あなたの人柄や雰囲気を見ていきます。

そして優しいあなたと一緒にいることで

自己愛性人格障害のひとの心も

初めのうちは

(今度こそ幸せになれるかもしれない)

と本気で思っているのです。

ですが、付き合いを続けていくうちに

どうしても隠し切れない

自己愛性人格障害のひとの

身勝手な行動や言葉にも

あなたが結局

許してしまうところを見ているうちに

徐々に

この子になら自分の感情をぶつけても

周りの人に悪く思われないのではないか、

とだんだんと自覚していき

同時にあなたに少しづつ

攻撃を強めてしまうのです。

だから、自己愛性人格障害に人は

あなたにひどいことをするために

計画してあなたに近づいてきたわけではなく

それでもどんどんあなたのやさしさに

甘えていってしまい、

最後には自己愛性人格障害のひと本人も

自分を守るためにあなたが悪いと

思い込むようになってしまうのです。

だから、

あなたが自己愛性人格障害のひとに

分かってもらうことは無理ですし、

ましてや周りのひとにも

分かってもらおうとすればするほど

あなたのほうがおかしく

見えてしまうのです。

唯一のあなたを助ける方法は

あなたが自分が悪者にされても

仕方がないな

とあきらめることです。

Tiaraにあきらめるように言われて

自分は被害者なのに

それでは納得できないという相談者の方も

少なからずお見えになりますが

不思議なことにあなたがあきらめて

冷静でいる、心底相手にしていないと

ふるまうことで自己愛性人格障害のひとから

自然に離れていってしまうのです。

不思議だと思う人はやってみると

よくわかります。

たしかにあなたは

何もしていないのですが、

悪く思われても仕方がない、

と堂々と普段通りにあなたがすることで

不思議と真実が時間をかけて

周りのひとにも分かってくるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする