自己愛性人格障害の人の特徴は、被害に合ったことのある人には必ず分かるようになる

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の怖さについて

お話ししようと思います。

 

自己愛性人格障害の人は、

手を出さなくても、言葉だけで、

相手の心臓を止めることができます。

 

これはたとえですが、本当に心臓が止まるくらい

怖いのです。

 

大きい声を出す必要もありません。

怖い顔をする必要もありません。

 

時には、「あなたから離れたくない!」とか

「あなたを愛しているんだ。」

というような一見すると、愛情あふれるような言葉でさえも、

あなたを、恐怖のどん底まで突き落とすことができます。

周りにいる人には絶対に分かりにくい絶対に分からないのです。

 

人は、

本来、めんどくさがる生き物です。

何かを教えてあげようかな?と思っていても、

相手から「分かるからいいよ。」と言われれば、

「あ、分かるんだ。じゃやっといてね。」という具合に

わざわざ説明しなくても相手が分かっているなら、

よかった、と楽なほうに逃げます。

 

人が大変な思いをしていても、関係のない人なら

「かわいそうだな。」とちょっと思う程度で、素通りしてしまいます。

 

街中で知らないカップルがけんかしていようものなら、

よっぽど正義感の強い人なら止めるかもしれませんが、

たいていの人はめんどくさい出来事から逃げようとするのが

普通です。

 

 

だからこんなにもめんどくさい内容の

自己愛性人格障害の人が

分からないのです。

 

普通はそこまで深く考えないので、

大変分かりづらいです。

 

Tiaraは彼のことが大好きだったので、

本当に疑問だらけで、彼のことを深く考えて調べるようになっていったのです。

 

そしてそれを全部彼と照らし合わせていったから

気づいたのです。

よっぽど好きな人でないと

ここまで調べるでもなく、さっさと逃げてしまいます。

 

そして調べて自己愛性人格障害だと理解した後も

もしかしたら、違うかもしれないと、

糸筋の光に願いを込めて、丁寧に彼の言動や

たまにこれは彼の本当に心の中の気持ちだと

思うようなことも言っていたので

より彼の気持ちが分かるようになりました。

 

たぶん彼も、

自分の中の不可解な感情にどこかで疑問は持っていたのだと思います。

 

そういった行動の一つ一つでさえも

自己愛性人格障害の証拠にしかなりませんでした。

 

 

それでも、とても頭よく、一度目にした情報は瞬時に覚えて

そして何をするにも丁寧で早く

仕上がりもきれいなので

どんどん彼に魅了されていきました。

 

それが精神的な異常から来るものだなんて

誰が想像できるでしょう。

 

それでも、単に常識では考えられないほどの

残酷なことを

天使のような顔のままするのです。

 

恐ろしさで背中が凍り付くようなことが

何度もありました。

ただTiaraも自己愛性人格障害のことについて書かれた書籍や

メンタルカウンセラーの講習会に行ったり、

自己愛性人格障害を体験した人のブログなどを読んで

すべてのことがTiaraと彼のことではないかと思うくらい

そっくりでした。

 

だからTiaraのブログを読めば

あなたの彼がもし、自己愛性人格障害ならば

必ずピンと来るはずです。

 

Tiaraの周りには自己愛性人格障害のことについて

知っている人がいなかったので

Tiaraが大げさに言っているように思われたり

被害妄想に見られたりして

とても辛かったです。

 

だから自己愛性人格障害を体験した人が

どんどん情報を与えるべきだと思うし

世間の方もこういったことがあるという事実を知ってほしいのです。

 

 

そうすれば今まで不可解な出来事に苦しんできたあなたも

自分の思ってきたことにすべて納得できるはずです。

 

その不可解な出来事が

自己愛性人格障害という病気の症状だと

気づくことができるでしょう。

One Reply to “自己愛性人格障害の人の特徴は、被害に合ったことのある人には必ず分かるようになる”

  1. ティアラさん、先日はコメントにお返事くださり、ありがとうございました(^ ^)

    >Tiaraは彼のことが大好きだったので、
    本当に疑問だらけで、彼のことを深く考えて調べるようになっていったのです。
    そしてそれを全部彼と照らし合わせていったから気づいたのです。


    この部分は特にそうなんですが、この回のblogの内容は、特に全てが彼とわたしのこと!というくらいに当てはまります。笑

    彼の言葉や行動に対して、
    「これは絶対おかしい。こんなこと普通じゃない」と、ずっと感じていたので、ティアラさんのblogに出会って読み進めていくうちに、言葉や行動、性格などなど、何から何まで本当に彼そのものなので、どんどん謎が解けてきて…
    それはもう、ものすんごくスカーッとしております。笑

    特に、笑っちゃうくらい同じだったのは、
    「ワザと他の女をちらつかせる」だったかな(そんな内容の回がありましたね)、あれがまさに彼!でした。
    そしていつも説教、説教、何かと言えば誰かや何かに噛みついていましたね。

    穏やかで優しい話し方。
    生まれてくる時代を間違えたかのように、紳士的というより最早武士的(笑)といえるくらいのストイックぶり。
    手先が器用で、なんでも直せちゃうし作れちゃう。

    彼は、自分でも自分の生きづらさや、どこか人にはない致命的な欠陥があることを自覚していて、それは自分の幼少期からの成育環境が原因だということも気づいていました。
    わたしに対しても、わたしを愛してると熱く、深い愛情を込めて表現してくれた後には、いつも、その熱さのぶんだけ突き落としてきました。
    愛の表現が熱ければ熱いほど、深い絶望の谷間に突き落とす、みたいな感じで。
    そしてそれを、「君の気持ちを考えられない、俺がしてることは最低だと自覚してるよ」と言いました。
    (わかってるだけまだいい方なのかな?)
    いつも、自分の気持ちとは裏腹の言動をとってしまうことに、彼自身も深く深く悩んでいたようでした。

    ティアラさん、もし彼がこのblogに辿り着いて、このコメントを読んでしまったら、自分のことだとわかってしまうかもしれません。
    全体に公開しないでコメントすることは可能でしょうか?
    ティアラさんには読んでいただきたいけれど、彼には読まれたくありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください