自己愛性人格障害の最後はどうなってしまうのか?

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は、最後はどうなってしまうのか?

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は、

普通の人よりもどうしても上に立ちたいため、

常に全力で努力しているので、本人にとっては辛い状況ですが、

結果的に才能を発揮している人が少なくありません。

口説こうと思えば、普通の人よりも

かなり高い確率で口説けるのかもしれません。

しかし、その病気のため、

どうしても自分のパートナーを潰すことをやめられないため

パートナーはだんだんに

自己愛性人格障害の人と、いることが辛くなり

最後は逃げ出す形でいなくなってしまう場合がほとんどでしょう。

でも、中には自己愛性人格障害の

マインドコントロールから抜けられず、

彼と離れることができないため、

うつ病になったり自殺してしまうケースもあります。

そしてもう一つのパターンは、

自己愛性人格障害の人が

別にターゲットを見つけた場合は、

あっさりと捨てられてしまうケースもあります。

いずれにしても

必ずパートナーが、いなくなる仕組みになっているのです。

もしたとえ、被害者のほうが、気づかずに、

自己愛性人格障害と精神的虐待をされ続けながら

一緒にいる場合は極めてまれだと思います。

自己愛性人格障害はそれほどまでに強烈なのでしょう。

家族がいた場合も、

娘や息子でさえ、自己愛性人格障害とは

一緒にいられなくなります。

最後はほぼ、高い確率で

孤独になります

そして歳をとると

症状はますますひどくなり、

自己愛性人格障害の彼は、

孤独死となるでしょう。

そのためにも自分で気づいて少しでもよくなれば

誰かと一緒にいられる確率は

上がります。

それが自己愛性人格障害の人は、

自分のどこが悪いか分からない人なのです。

自責の念がありませんから、

何があっても自分でなく相手が悪いと思い込みます

だから治ることがほぼないのです。

ただ、Tiaraの彼も自分がどこかおかしいことには気づいていましたから、

人生のどこかでうまくいかなくなると

その時に原因を知りたくなるかもしれません。

その時は、もしかしたら自分で調べて

この病気にたどり着くかもしれません。

上手くいっている間は、

なかなか自分では気づけませんし、人が言って人の言うことを

聞いたりはしませんので、

彼に気づいてもらうためにもできるだけ

彼の思い通りにはしてはいけません。

自分の人生が崩れ去ったときに、

もしかしたら自己愛性人格障害は、

自分の症状に気づくのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする