自己愛性人格障害の突然の別れ話の理由

こんばんは♡

 

今日は、自己愛性人格障害のひとの

嫌がらせを仕掛けてくるそのタイミングとやり方について

お話ししたいと思います。

 

彼が自己愛性人格障害だった場合、

ほとんどの人は、別れ話の頻度と、そのやり方で気づくと思います。

 

別れたりくっついたりを何度かするカップルは、

自己愛性人格障害でなくてもたまにありますし、

そのあと2人とも考え直して、やっぱりやっていきたいと結論を出したとき、

その後は、そんなに簡単に別れ話にはならないと思います。

 

でも、自己愛性人格障害の場合は、それを何度も繰り返すのです。

 

しかも、彼から別れ話を出されるタイミングは

あなたが、彼と最高に幸せなタイミングの時に、突然

「やっぱりあなたとはやっていけない。」などと言われ

納得できないタイミングで繰り返し行われます。

 

普通の人は、別れ話が出るときは、

どちらかが浮気をしていた時、

ケンカが多くなってきたとき、

言い争ってどうしてもお互いの意見に納得できないとき、

などいろいろ理由はあると思うのですが、

例えばどちらか一方だけが心変わりしてしまったときなどは、

言われたほうは納得できませんが、なんとなく相手が別れ話を切り出してきた

理由は分かります。

自己愛性人格障害の人が、別れ話を出してきたとき、

言われたほうは納得できないのです。

 

彼が言ってくる別れの理由も、

なんとなく納得できない理由をつけて

別れよう、などと言ってきます。

 

結論から言わせてもらうと、

理由などどうでもいいのです。

 

とにかく理由をつけ、

あなたが納得できないように、辛くなるように仕向けます

 

それ自体が彼の目的だからです。

 

あなたが嫌だと言い張り、どうして?彼の言うことを聞くから、と

彼に歩み寄りを見せます。

 

それが目的なのです。

それをさらに突き落とします。

 

そしてあなたを悲しませて、別れたくないとも言えない状況まで

追い込んでいきます。

あなたを追い込むことが彼の目的だからです。

 

 

そんな彼の別れ話に

あなたは自分のどこが悪かったのか考える必要はありません。

 

彼が虐待をしていることに気づかなければいけません。

本当にあなたが悪いことをしたときは分かります。

例えばあなたが浮気をしていてばれた場合、

彼が怒って別れ話を切り出してくる可能性はあります。

 

でも、あなたが別れたくないとしても

それはあなたが悪かったと納得できるでしょう?

 

だから普通の別れ話は、辛いでしょうけど、

自己愛性人格障害との別れよりは辛くないはずです。

 

しばらくたてば納得もできて落ち着いてくるでしょう。

 

自己愛性人格障害の彼との別れがこんなにも辛いのは、

それだけ彼のことが好きだからではありません。

 

そもそも別れの理由がこじつけなので

納得できないのです。

 

それをあなたは、ものすごい大恋愛だから

こんなにも彼のことが好きなんだ、と錯覚をするでしょう。

 

あなたの気持ちはこんな風に

ある程度コントロール可能なのです。

 

あなたは、ドン底まで傷つくように

彼に仕組まれているのです。

 

やり方は簡単です。

あなたのやることに何かとケチをつけて

あなたが何もしていないのに、こっぴどくフルだけです。

 

そこにあなたは自分が、辛すぎる理由を

自分の中に探します。

 

こんなにも辛いのは彼のことが好きすぎるからだ、と

自分が辛く苦しい胸の内の理由を

自分が納得できる形で見つけます。

 

でも、それは違います。

苦しみが強すぎるから、彼のことがすごく好きなのではなく

そもそも何もないのに別れ話を突き付けられているから、

あなたの心が納得していないのです。

 

それは、彼が、何もないところに

こじつけの理由をつけてあなたの心がひどく納得できないから

こんなにも苦しいのです。

2 Replies to “自己愛性人格障害の突然の別れ話の理由”

  1. >あなたは、ドン底まで傷つくように
    彼に仕組まれているのです。
    やり方は簡単です。
    あなたのやることに何かとケチをつけて
    あなたが何もしていないのに、こっぴどくフルだけです。

    ここ、すごくすごく腑に落ちました。笑
    そうなんです。
    最後なんか、ほんっともう酷かったです。
    まだ完全に癒えてない時なんかは、思い返すだけで辛すぎて、それでまた何回も何回も傷ついていました。
    思い出に変わりつつある今になって思い返しても、何回考えても、本当にわたしには悪いところは一切なくて、全て彼が勝手に私を悪者にして、更に八つ当たり(その時にちょうど、彼にとって面白くないことがあったんですよ?わたしとは一切関係ないことなのに…)で当たり散らしていたんだなぁ…と、わかります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください