自己愛性人格障害の人からの自分の守り方

こんにちは♡

今日は、人付き合いに

自信がなくなってしまった人へ

常識反転のおすすめについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に

あいやすいタイプの人は

いわゆる尽くすタイプの方が多いと思います。

いわゆるいいお嫁さんになるタイプで

夫を立て夫に尽くし

物分かりがよく細かいことは

気にしない寛大な方が本当に多いです。

これって今までの常識では

いいこととしてとらえられてきていました。

子供のころ、親や先生に教わってきたことが

自己愛性人格障害の人の

ターゲットになりやすくなってしまうのです。

それも自己愛性人格障害の人の嫌がらせは

限度がありません。

執拗に何度も何度も行われ

しかも自己愛性人格障害の人は自覚なくやり

周りの評判まで落とされて孤立してしまい

その場所で生きていけなくさえなります。

罪悪感がまったくないので

まったく悪いことなんて

していない顔をしています。

心の底から罪悪感がないので

まったく罪のない顔をして笑い

普通に周りの人とうまくやっています。

だから、自己愛性人格障害の人が

そんなことをしているなんて

誰も思わないので

相変わらず人気者だったりするんですね。

Tiaraは自己愛性人格障害の人のことを

「あの子は取り巻きを作るのがうまいんだよ。」

と言われたことがあります。

もちろん言った人は

その人が自己愛性人格障害なんて知りません。

でもその人のせいで

新人がすぐにやめてしまうことは

知ってるんですよね。

被害者が、職を失うなんて

もはや当たり前の世界で

自己愛性人格障害を知らない人からしたら

あなたのほうが

何か問題があると思われてしまうのが

普通の世界です。

こんなことあなたに子供がいたとしたら

教えたくないですよね?

でも、知らないとどんどんやられる人が

増えてしまいます。

では、もしあなたに子供がいたとしたら

なんと言って自己愛性人格障害のことを

教えたらいいのでしょう。

自己愛性人格障害の被害は

被害者本人にしかわかりません。

恋愛が絡むと被害者本人も

気づくかどうかも分かりません。

まずは自分の心の声を聴いてみることです。

何かおかしいと感じませんか?

何か嫌な気分が残りませんか?

それを我慢してはいけません。

常識で言う細かいことは水に流せとか

気にするなといったようなことは

相手が明らかに失敗しちゃったときは

許す気持ちも必要だということです。

もちろん水に流した方が

うまくいくことのほうが多いでしょう。

ただ、自分が嫌な思いをしていても

明らかに相手が失言しちゃった、とか

悪気なくいってしまった時は

あなたの胸に嫌な気持ちは残りません。

たとえ冗談でも

あなたの心が傷ついたら

それは水に流すところではありません。

今まであなたに

優しく親切にしてくれているのだとしても

あなたが明らかに嫌がっていることを

何度も何度もしだしたら

彼の心を一度疑ってみるといいかもしれません。

こんなこと、好きな人にできるかどうか。

普通の男性は、好きな人でなくても

女の子にはひどいことは

できないようにできています。

恋人なのに、あなたが

「それは嫌だからやめて。」といったことを

何度も何度もやったり、

あなたに我慢することを強要したり、

たとえ理由を述べても期間を設けて

ある一定期間を過ぎてもやる場合は

あなたに対して

思いやりがないのかもしれません。

あなたがやめてと言わなくても

あなたが嫌がるようなことは

しないのが普通です。

女の子は年齢を重ねると

これが最後の恋かもしれないと

その恋に執着することがありますが

最後の恋ならなおさら

相手にこだわってみてください。

ましてやあなたを馬鹿にしたり

見下したり、嫌なことを繰り返すようなら

その彼とは一刻も早く別れないと

今後のチャンスを

逃してしまうことになるかもしれません。

そばにいてどうしても気になってしまうときは

逆にあなたのほうから物質的な距離を置いて

意識的に彼を見ないようにしないと

よけいに苦しいかもしれません。

自己愛性人格障害にも程度がありますが、

被害者にも程度があり

嫌なことをされたと気づくとすぐに離れる人、

嫌なことをされても少し様子を見てみる人、

嫌なことをされると

されないように相手によけい

寄り添おうとしてしまう人、

嫌なことをされればされるほど、

気になってしまい

どうしても彼に気に入られようと

必死になってしまう人、

後者になればなるほど

被害者の症状は悪くなります。

だから、嫌なことをされたと気づいたら

少し相手を疑ってみるといいのです。

そして疑った分だけ

相手から心の距離を離しましょう。

自分を大切にする気持ちがないと

あなたは幸せになんてなれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする