自己愛性人格障害のひとは被害者をみじめな状態にしてしまうのが好き

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

被害者を

みじめな状態にしてしまうのが好き

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

自分で意識していませんが、

被害者をみじめな状態に

してしまうことが好きです。

たとえば彼にすがって

彼のご機嫌を必死で取り、

平和にやっていこうと

努力しているところを

完全につぶしてしまったり、

職場や学校で誰1人

被害者を相手にしなくなり

必死で話を聞いてもらおうとして

苦しくて

正気でいられなくなっているところを

見たり

職場を追いやられて

仕事に着けなくなり

生活そのものに困っているところを

外部から聞いて

自分のほうが上だと満足しています。

自己愛性人格障害の人は

自分で被害者を

そういった状態に追いやって

自分は他人事のように

それを見ているのが好きなのです。

そしてその姿は

みじめであればあるほどいいのです。

あなたはまさか自分の大切な彼が

そんなことをしているとは

思わないでしょう。

ですが、自己愛性人格障害の人は

病的に自尊心が低いため

人を潰して眺めていないと

自分には生きる価値がないと

思っていて

その恐怖に怯えています。

そのためあなたに

恨みがあるわけでもないのに

どうしても

あなたを潰してしまうのです。

自己愛性人格障害のひとも

そんなことを

したいわけではないのですが、

ひとの事を考えている余裕がないほど

自分の価値のなさに怯えています。

それは幼い頃に

そのままの自分でいることが

許されず、ものすごく頑張って

他の他人よりも尊大な自分でいないと

認められないと思い込んでいます。

だから本当の自分を

知られることが怖く

常に虚勢を張っている状態です。

そして、そばにいる人を

いちいち毎秒ごとに

すこしづつ見下しながら

自分の尊大でりっぱなところを

無意識のうちに見せつけていき、

なぜか周りのひともそんなそぶりから

自己愛性人格障害のひとを

少し上に見ながら

その状態に慣れていきます。

そしてその中から

弱い人物や彼に惹かれた女性を

自分の思い通りに動かし

表面的に立派にふるまいながら

潰していくのです。

被害者になるようなひとは

それでも

自己愛性人格障害の彼を尊敬し

彼についていきたいと思うか

彼に逆らうことが怖いので

したがっているかの

どちらかになります。

そして被害者自身も自ら反省し

どんどん潰されていき

それでも離れようとしません。

世間の人はそのことに気づかず、

被害者が何かしたんだろうと

思っている人がほとんどですが

この被害者が本当は何もしていなくて

むしろ自己愛性人格障害人と

仲良くやるために

必死で努力していたことを知ったら

どう思うのでしょう?

人によっては

かわいそうだなと思う人もいるかも

しれませんが

もしかしたら馬鹿だなと思う人も

いると思います。

人はみな正義ではないのです。

同じことを

考えるわけではありません。

いろいろな考え方をする人がいます。

あなたは自分の身は

自分で守らなければ

誰かに守ってもらえるとは

限らないのです。

あなたが自分を守る方法は

人に振り回され過ぎないことです。

周りの人に惑わされず

自分の気持ちとひとを見る目を

養ってください。

そして自分の心が

すり減らされるような関係は

無視してください。

敵対心は見せる必要はありません。

わざわざ牙をむく必要はないですよね?

だってその人にはその人に考えがあるし

あなたがただ、それを

受け入れないでいるだけなのですから。

好きな人だけを周りに置くことは

できませんが

少なくとも、

あなたを大切にしないようなひとを

そばに置いてはいけません。

そばにいないだけです。

あなたは人のために自分の人生の

大切な時間をうばわれてしまうのです。

このことから何にきがついたかというと

ようは、そんなに嫌な思いをしているなら

パッと離れちゃえばいいんですよ。

根性出して、

しがみついている必要はありません。

友達も恋人も同じです。

あなたに害をもたらすひとと

くっついていただけです。

そういうひとと離れることが

あなたの人間関係を

トラブルのない穏やかなものに替えるのです。

簡単なことです。

それだけであなたは

あなたのままいても

穏やかに暮らしていけるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする