自己愛性人格障害のひとは本当はなんとなく自分でも気づいている

こんにちは♡

Tiaraの恋愛相談室の相談が現在、

混みあっておりますので、

しばらく恋愛相談を

お休みさせていただいております。

 

現在、相談されている方が

落ち着き次第、恋愛相談室を

再開させていただきますので

今しばらくお待ちください。

 

Tiaraはいろいろな方の相談に対応していて

解決された方や

もう自己愛性人格障害の被害を受けない程度に

考えた方が変わってくると

本当によかったなと思います。

 

Tiraが悩んでいた時は

相談するところが分からなかったので

自己愛性人格障害について

誰か知っている人がいたら

もう少し早く気づけたのに、

と思っていました。

 

でも自己愛性人格障害の被害は

なかなか表に出ることが

ありません。

 

大事件になったときでも

被害者のほうが悪く取られていることが

ほとんどで、少しはおかしいな

と思った人が周りにいたとしても

なかなか助けることができません。

 

だから本当に怖いし

被害者が孤立したり、周りからも攻撃されたり

居場所を無くしてしまうケースが

ほとんどなのです。

もしわかった人がいたとしても

自己愛性人格障害のひとに

直接指摘してしまうと、今度はその人が

ターゲットになりかねないので

この問題は本当に解決しにくいです。

 

自分で気づいて誰にも言わず

対処をして少しづつ離れるしかないのですが

離れていることに気づかれると

今度は自己愛性人格障害のひとが

しがみつき行為に走りやすいです。

 

あなたの彼が、自己愛性人格障害だと気付いて

別れる決心をしていても

彼からしがみつき行為をされてしまうと

どうしても同情してしまい。、

彼に戻ってしまったり、

あなた自身が別れることが

また辛くなってしまいます。

 

自己愛性人格障害のひとは、

決して性格が悪いわけではなく

病気なのです。

 

だから本人も自分がなぜそのような状態になってしまうのか

理解できず、苦しんでいる場合もほとんどで

自己愛性人格障害の彼と

ずっと付き合ってきたあなたは

彼の中にある、怒りと同時に

悲しみまでもが、なんとなく伝わっていて

見捨てることができないのです。

 

 

自己愛性人格障害のひとと

別れた人たちも誰一人

自己愛性人格障害の彼のことを

本当に嫌いだったり、見放したりした人は

いません。

 

みなさん、一緒にいることができないから

離れるしかないから別れたのです。

 

自己愛性人格障害のひとは

自尊心があまりにも低く、

その恐怖に怯えていますので

尊大な自分を魅せつけていないと

不安でたまりません。

 

だから素敵だったり優しかったりするのですが、

本当の自分というものはありません。

 

だから激化して

パートナーが一緒にいられなくなるか

自己愛性人格障害のひとがつぶして捨ててしまうと

自己愛性人格障害のひと本人も

空っぽになってしまいます。

 

もうあなたが好きだった彼はいないのです。

 

たまにTiaraも元彼のことを

口にすることがありますが、

この前息子に彼のことを

「どうしてるかなあ?」というと

息子が、「きっとスタイリッシュに生きてるよ」

と冗談めかして言ったのです。

 

「そうだね。きっと相変わらず

スタイリッシュに生きてるよね」

と笑ったのですが、

Tiaraの元彼もなんとなく自分がおかし事は

気づいていました。

 

「俺、なんかおかしいんだよ。」と

悲しそうにして言ったこともあります。

 

ほとんどの被害者のみなさんが

口をそろえて言うことですが

なんとなく彼が、自分がおかしいことに

気づいているような発言があったと言います。

 

 

自己愛性人格障害のひと自身も

自分の中に「心」というものがないことに

なんとなく気づいています。

 

相談者様のそういった話を聞くことがあるのですが、

本人が気づいているような話を聞くと

本当にかわいそうになります。

 

きっと被害者のみなさんも

怖いという気持ちがありながらも

どこかで、彼の悲しみが伝わり

ほっておけないのだと思います。

 

でも、自己愛性人格障害のひとの言葉も

メッセージなどもらうことがあるので

少しお話を読んでみますと

気づいた方は、何とか治したい、という方が

ほとんどです。

 

気づいたきっかけは、彼女と事件を起こしてしまい

警察にお世話になったときに

自分がおかしいことに気づいた、や

分かっているけど、

どうしても誰かを傷つけてしまいそうで怖い、

といったものです。

 

 

自己愛性人格障害のひとも治したい、と

Tiaraは思っています。

 

きっと被害者の方もみなさん、

本当は彼を治して、一緒にいたい人が

ほとんどなのです。

 

でも、残念ながら被害者は

自己愛性人格障害のひとは治せません。

 

治すとしたら、ご本人が

全力で自分の怒りや不安を止めることです。

 

原理から言えば

自己愛性人格障害のひとの自尊心を復活させることだと

Tiaraは考えていますがそれは、

幼少期の育ち方により、難しいです。

 

お医者様でも自己愛性人格障害の治療は

嫌がると言われていますし、

本人が治したいと言って

医療機関を訪れても、医者が異性だった場合

治療しているうちに

医者もだんだんコントロールされてしまい

患者と恋に落ちてしまい、

治療にならなかったりするらしいです。

 

患者が男性の場合、医者が男性だったとしても

初めは素直に聞いていても

途中で自己愛性人格障害のひとが

怒りだし、治療を途中でやめてしまう、

ということもうかがっております。

 

自己愛性人格障害は

本当に難しい病気なのです。

 

 

この連鎖を止めるためにも

被害者が離れて自己愛性人格障害のひとが

モラハラ行為ができないようにすることが

唯一の対策法なのかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください