自己愛性人格障害のひとは自分がひどいことをしているとばれそうになると全力でいい人になる


こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとは

自分がひどいことをしていることが

ばれそうになると

全力でいい人になる

ということについて

お話ししたいと思います。

 

今のTiaraは

自己愛性人格障害のひとの

特徴が分かるようになったので

以前は分からなかったことも

すぐに気づいてしまいます。

 

そして、自己愛性人格障害のひとの

していることに気づくということで

自己愛性人格障害のひとが

何をしているのかもわかってしまうので

自己愛性人格障害のひとが

それほど怖くありません。

 

そしてさらに、このそれほど怖くない

ということが

自己愛性人格障害のひとを怯えさせ

Tiaraには自己愛性人格障害のひとが

攻撃を仕掛けてこれなくなります。

 

なぜならいつもお話ししているように

自己愛性人格障害のひとは

大変に臆病ですので

自分がひどい人間だと思われてしまうと

耐えられないほど恐れています。

 

人から嫌われることが

普通のひとよりも

怖いのです。

 

それなのに自己愛性人格障害のひとは

自分のおなかの中にたまった怒りを

誰かにぶつけたいと思っているので

ぶつけられる人を常に探し、

自己愛性人格障害のひとに逆らえない人や

自己愛性人格障害のひとから離れることができない人

自己愛性人格障害のひとのことを
好きな人やあこがれている人には

自分の怒りをぶつけやすいです。

 

なぜなら自己愛性人格障害のひとと

離れたくないので

許そうとしてしまうのです。

 

そしてまた自己愛性人格障害のひとも

うまくごまかして自分がした

ひどいことをなかったことにしてしまおうとするので

騙された人たちは自己愛性人格障害のひとを悪く思いません。

 

結果、自己愛性人格障害のひとのしたことを水に流し

忘れてしまうのです。

 

ですが、Tiaraには

自己愛性人格障害のひとの禿頭が分かるので

ごまかそうとしても

このごまかしている最中もよくわかります。

 

自己愛性人格障害の特徴を知った人は

自己愛性人格障害のひとと

交流を深めていこうという気には

ならなくなります。

 

だって人は

幸せになりたいから

誰かとお付き合いをしたり

結婚をしたりします。

 

ですが、もし

そのパートナーが

自分のしたいことをとことん潰し

あなたの人間関係を崩していき

孤立させ

あなたの才能も名誉も

何もかも奪ってしまうと知っていたら

この人とは

初めからお付き合いなんてしませんよね?

 

そんなことをする人だと知らなかったから

お付き合いをするのです。

 

ですが、はじめは知らないので

自己愛性人格障害のひとも持つ

楽しい雰囲気や頭のいいところ

知的なところをみて

この人と一緒にいたら

幸せになれると思って

お付き合いを始めるのだと思います。

 

 

昨日、たまたま、自己愛性人格障害かな

っと思っている先輩とたまたまエレベーターで

乗り合わせました。

 

先輩はもう一人の方とお話をしながら

エレベーターに乗ったので

Tiaraは会話の邪魔はせず、

会釈だけして静かに乗っていました。

 

 

先輩ももう一人の方も

穏やかそうな方たちです。

 

仲が良いのか、

よく二人でお話をしているところを

お見掛けしていたのですが

何を話しているのかまでは

聞いたことがありませんでした。

 

Tiaraがエレベーターに乗ってきたからといって

不自然に会話が途切れることはなく

始終、落ち着いた低い小さめの声で話していて

2人とも穏やかで紳士的です。

 

先輩のほうは、

Tiaraが直接指示を受ける方なので

自己愛性人格障害っぽいなあと

前々から見ていたのですが、

もう一人の方は全く分かりません。

 

2人とも少しだけ笑みを浮かべながら

穏やかに話すような方なのですが

その内容が少しだけ聞こえていました。

 

「うそお。で、午前中の仕事は

ちゃんとできたの?」

 

「ううん。でも

イベントまでには必ずやらせる。」

 

「また課長が怒ってるんじゃないの?」

 

「まあ、今はいいけど

次の案件はしっかりやらせるって、

ははは。」と

穏やかに笑いながら

少しだけちょっと冗談っぽく

ディスっていました。

 

2人ともとても落ち着いていますし、

ちょっと冗談ぽくもあり、

嫌な感じは少しもしません。

 

でも、文章だけ読んでいるあなたには

分かるかもしれませんが

これは誰かの悪口です。

 

正直Tiaraには誰のことを言っているのかも

分かりますが、

明らかにバカにしています。

 

でも、その人本人が

その先輩から「どこまでできた?」と聞かれたとき

正直Tiaraはそばにいたのですが、

「まだ、ここまでしかできてないです。」

とその人が言うと

「いいですよ。

ではまた明日も引き続きおこなってください。」

ととても穏やかに優しく言って

静かに席を離れました。

 

 

正直こんな形でTiaraにばれてしまったのです。

 

エレベーターという密室の中

この先輩ともう一人の男性、

そしてTiaraの3人だけでした。

 

エレベータが1Fにつくと

先輩は話しながら「開く」ボタンを押して

(どうぞ。)というように

Tiaraに出るよう、促しました。

 

Tiaraも「お疲れさまでした。」と

頭を下げて先に出たのですが、

この人もTiaraに聞かれて焦ったと思います。

 

おそらくもう一人の男性も

いろいろ聞いていると思いますので

Tiaraに聞かれたくないと思って焦ったことでしょう。

 

ですが二人ともそんな表情は

表面には出さずに

話を突然不自然にやめたりもしませんでした。

 

すぐにさりげなく別の話題に変えていったのですが、

この先輩は雰囲気から

自己愛性人格障害を疑っていた人なので

Tiaraは内心、こういうやり方をするのね、

と思っていました。

 

 

そして一緒にいた男性は

先輩の取り巻きでしょう。

 

きっと先輩のことをできる男、として見ていて

彼と一緒に話の人物のことを

バカにしていたのです。

 

以前のTiaraはすごく鈍感だったので

優しそうな人だな、とか

穏やかな人だなと

好印象しか持たなかったと思います。

 

話しの中の男性のことも

もしかしたら

「そうなんだ」とどんくさい人、

先輩や上司に見下されている人、

と見たかもしれません。

 

ですが、先輩たちの悪意には

全く気づかなかったでしょう。

 

 

世の中には現に以前の

Tiaraのように見る人も多く、

そういった見下されていく人たちが

できていきます。

 

そして、自分はそう思われないように

と努力して、自分は先輩に

認められる人物になろう、

と張り切っていたかもしれません。

 

でも、そうすると、

誰もがターゲットになる可能性が出てきて

話しの中の人物も

将来的には

Tiaraも二人ともターゲットになる可能性があります。

 

ですが、Tiaraは今、

人格障害のひとが何のためにそんな話をしているのか

意味が分かるので、この人物に

月曜日の朝、内容を伝えできるだけ

早く出したほうがいい、と伝えます。

 

先輩がディスれないようにするためです。

 

そして、Tiaraは完全無視はしませんが

少しだけ、先輩に対して口数を少なくします。

 

先輩が悪口を言っていたことがばれた、

と先輩が考えるような態度をとります。

 

 

感情を薄くして

でも業務はしっかりとして

先輩をちょっとだけ残念な人、

ととっているようにがっかりし

でも業務はきちんとやらなや、

と仕事と感情は切り分けている

というように仕事の話はきちんとします。

 

きっとこうすることで

Tiaraのご機嫌を取るようになると思いますし、

話しの中の人物のことも

バカにしにくくなるでしょう。

 

自己愛性人格障害を知ることによって

結局はターゲットにならない態度を自然にとることが

できるようになるのです。

 

あなたはもしかして

逆の態度をとっていませんか?

 

自分が嫌な思いをする人の

ご機嫌はとる必要は

ありません。

 

一度よく考えてみてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください