自己愛性人格障害のひとの味方を作ることのうまさ

こんばんは♡

今日は、自己愛性人格障害のひとの

自分の味方を見つけることの

うまさについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害のひとは

育った環境により

うまく育たなかった自尊心と

共感力のなさから

他人に自分の怒りをぶつけて

人がつぶれていくところを見ていなければ

満足して生きていけない心の病気です。

尋常ではないほどひどいことをしますが

なぜか不思議なことに

被害者になる人よりも

圧倒的に

自分の味方になってくれる人を

見つけるのがうまいです。

自己愛性人格障害の被害者に

なるようなひとは

見事にひどい状態になっていくので

助けてもらいたい気持ちは

死ぬほど持っているのに

助けてくれる人がなかなか見つかりません。

たまたま、

本当にいい人がそばにいた場合は

その人自らが、

勝手に助けてくれることはあっても

被害者側が、何とか助けてもらおうと

必死になればなるほど

人が離れていきます。

それはなぜなのでしょう?

自己愛性人格障害のひとが

どういっているのか

それとも何も言っていないのか

そればケースバイケースにより

分かりませんが、

被害者が周りの人に悪く思われていくように

周りを操作しています。

自己愛性人格障害のひとは

あなたができないようなひどいことが

共感力がないのでできてしまうのです。

そして

自己愛性人格障害のひとは

非常に臆病な一面を持ちますので

周りを味方につけるときも

一気に目立つことはせず、

少しづつ分からないように時間をかけて

じっくりと被害者の信用が

失われるようにしているのです。

被害者になるような人は

自己愛性人格障害のひとに

そんなことをしませんので

自己愛性人格障害のひとだけが

一方的にやることになり

あなたの評判だけが

少しづつ落ちていきます。

おそらくあなたは「違う」ということも

言わないと思うので

自己愛性人格障害のひとの言ったことだけが

本当のことだと思われるようになっていき

態度が激変していきます。

自己愛性人格障害のひとから

攻撃を受けたと感じたら

自己愛性人格障害のひとに分からないように

(敵対心を持たれないために)

できるだけ

自己愛性人格障害のひとよりも早く、

本当のことを周りの人に

伝えるようにしてください。

少しでも出遅れたり

あなたの言うことが

信じてもらえなかった場合は

速やかに

そこでの関係をあきらめたほうが

あなたも楽です。

信じてもらえなかったのに

何度も言うと

今度はあなたのほうがおかしく思われてしまうので

言い方をよく考えて真実が伝わるように

気づいた段階でできるだけ

自己愛性人格障害のひとよりも早く

周りの人に分かってもらえたほうがいいです。

少しでも躊躇する気持ちがあると

自己愛性人格障害のひとの思い通りになってしまい

あなたは完全に落ちぶれてしまうことになるので

信じてもらえなかった場合や

自己愛性人格障害のひとよりも

出遅れてしまった場合は

そこでの関係をあきらめ

新しい関係を築き上げていったほうが

あなたが幸せになるのが早くなるのです。

自己愛性人格障害のひとは

自分に都合のいいように

あなたが悪く思われるように

してしまうことが得意なので

知らない間に権力者を

味方につけていることがあるのです。

自己愛性人格障害のひとに

油断は禁物で

こんなにひどいことはしないだろうと

タカをくくっていますと

とんでもなく悪い方向に流れだすこともあるので

自己愛性人格障害の対策は

できるだけ早くあっさりと淡々とこなし

自己愛性人格障害のひとと

その味方を一気にあなたと関係のないこととして

とらえることができれば

自己愛性人格障害のひとからの被害は

ほとんどなくなっていくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする