感情の移り変わり方が不自然な人は?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人が、

精神的虐待をしているのにもかかわらず、

どうしてあなたにいろいろ愛情をかけてくれたのか?ということについて

お話ししようと思います。

まず、自己愛性人格障害の人の特徴として、

自分から人を捨てることは平気でしますが、

自分が人から捨てられることに関しては、恐怖心に近いくらい怖い、ということがあります。

人に嫌われることが、怖いがゆえに

とても親切にしてくれるのです。

されたほうは自分のことが好きなんだと思ってしまいますよね?

でも、いろいろやってくれることは、

あなたのことが好きなわけではなく、自分が嫌われるのがめちゃめちゃ怖いから、

めちゃめちゃ親切にしてしまうわけです。

自己愛性人格障害は極度の臆病なのです。

常にちょっとしたことでイライラしているので

自分がいつかキレてしまうこともなんとなくわかっています。

だから、自分がキレてしまったときに、相手が逃げていく事が分かっているから

逃げ出すことがないように

普段からそれを隠して生きているのです。

自分をよく見せたいという自己顕示欲とも重なって、

すばらしい人物に見えます。

どちらかというと被害者になるような人も

心の奥底は、非常に臆病で

人に嫌われたくないので、万人に親切にしてしまいます。

もっと自分に自信をもって

人に好かれても好かれなくてもどっちでもよいと思っていてください。

あなたのことを好きか嫌いかを決めるのは、

あなたではなく

他人です。

他人から見てあなたを好きか嫌いか判断するのです。

どんな人にでも親切にしてしまうと自己愛性人格障害の人からも

好かれてしまいます。

それは地獄の始まりなので、

あなたに対して冷たいことを言ってくるような人には

好かれなくてもよいのです。

それが自分を持つ、ということです。

自己愛性人格障害の人も、嫌われるのが怖いので

親切にするので初めは分からないかもしれません。

でも被害者になるような人の親切と

自己愛性人格障害の人の親切は少し違うのです。

被害者になるような人は、自分にひどいことをされても

とことん親切にしますが、

自己愛性人格障害の親切は、

相手が自分のことを好きになると、

徐々に親切にすることをやめていき、罵声や上げ足取りに変わっていきます。

上げ足を取られたりしているのに、彼に好かれようと

すり寄っていってしまってはいけません。

あなたは、人に好かれようと嫌われようとどちらでもよい、

自分は自分がやらなければならないことと、やりたいことをするだけにしてください。

好かれたら好いてくれてありがとうと

自分とよい関係を築ける人とだけ

関係を深めていけばよいでしょう。

少しでもおかしいな、と思ったら少し立ち止まって考えてみてください。

自己愛性人格障害の人は

特徴が分かるようになるとすぐ分かるようになります。

まず、感情の移り変わりが不自然です。

普通の人が笑っているときに、急に無言になったり無表情になったりします。

怒り方が唐突でどうして怒っているかもわかりません。

ただの気分屋とは違います。

あと、けんかをしても割と次の日、けっろっとしていることもあります。

これはさっぱりしているのではありません。

初めから、あなたを虐めるために怒っただけで実際に怒っているのでは

ありません。

突然の無視は自己愛性人格障害の特徴的なものでしょう。

今後はあなたの前に現れた人が、はじめのうちは親切でも

こういった特徴的な感情の移り変わりが不自然な人は

一度疑って様子を見てみるといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする