自己愛性人格障害の被害者がなぜ自他ともに信じてもらいにくい存在になってしまうのか?


こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の被害者が

なぜ、自他ともに

信じてもらいにくい存在になってしまうのか

ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の被害に遭った方が

なぜか平和的であるにも関わらず

知らない間に

だんだんと周りの人から冷たくされていき

味方がいなくなってしまう

ということはよくあると思います。

自己愛性人格障害とは別名、

いじめ依存症と呼ばれていて

誰かみじめな存在を作って

眺めていなければ

いられない病気とされています。

もし、あなたの彼が

自己愛性人格障害だったとしたら

あなたのことを一番に考えてくれている人が

いじめ依存症だと知ったら

とても驚くと思います。

ですが、彼がいくら普段は優しくても

時々感じる理不尽な冷たい態度や

なぜかあなたを省いた

彼を取り囲む楽しそうな人間関係に

入れてもらえないという経験をした人も

少なくないのではないでしょうか?

自己愛性人格障害のひとは

全力でその気にさせておきながら

後からその人を放置する、ということを

頻繁にして

人を傷つけています。

自己愛性人格障害のひと心の底で

自尊心が全くないのですが

それが周りの人に知られることを

恐れているので

どうしても自分よりも下の存在を

作っていないと

安心して生きてはいけません。

それくらい極端な思いがあるからこそ

必ずターゲットを作ってしまうのですが

それは恋人でも奥さんでも

自分の子供ですら関係がありません。

とにかく自分の周りにみじめな存在を作って

その人を眺めることにより

自分のほうがましだと思うことで

ようやく平常心を保っていられるのです。

また、称賛されることも

異常に求めているので

会話の中で常に

「すごい!」と言われることに

無意識にこだわっていて

常に尊大な自分を魅せつけてしまいます。

あなたは普段何も考えていないので

自分を尊大に魅せることなんてしませんし

本当に普通にふるまっていると思います。

また自己愛性人格障害の被害に遭うような人は

とても共感力が強いので

むしろ自分よりも

相手が気持ちよく過ごせるように

常に気を使っているのです。

ところが、責任感が強いことから

なんでも自分が悪いと思ってしまいますし

何か事が起こったときは

その原因を自分の態度から

探そうとしがちです。

その結果、自己愛性人格障害のひとの

責任逃れの言い訳が成立してしまい

自他ともにあなたが悪いと

思われてしまうのです。

精神科のカウンセラーでさえ、

あなたの中の問題点を

探そうとする人がいますので

あなたの自尊心はどんどん傷つけられていき

あなた自身が本当に自分が悪いのかと

思ってしまい

本能的にはあなたは何もしていないことを

自分で知っていますので

余計にショックを受け

あなたは自分に、自信を無くしてしまいます。

その結果、あなたが悪いように

思われてしまうのです。

なんでも他人の責任にする

自己愛性人格障害のひとの話が

成立してしまい、

自己愛性人格障害のひとのほうが

あなたに傷つけられたと

真逆のとらえられ方をしてしまうことが

多いのです。

まして、自己愛性人格障害のひとは

大変に臆病なので常に自分を守ろうと

無意識のうちにしてしまいますので

あなたに傷つけられたと

言葉巧みにあなた本人や

周りの人間にも言ってしまいます。

その結果、責任感の強いあなたのほうが

自分のほうが悪かったと

思ってしまったりするのです。

自己愛性人格障害のひとの

本当に難しいところなのですが

自己愛性人格障害とは

あなたが何もしていないとしても

もともと自尊心がありませんので

もともと傷ついています。

そして周りの同情を惹く言動が

非常にうまいので

周りの人も自己愛性人格障害のひとを

無意識のうちにフォローしようと

してしまうのです。

自己愛性人格障害のことが

分かるようになって

冷静に見ていても

世間のそのような態度を見ることが

よくあります。

そしてあなたがいくら優しいとしても

いつも責められたり、

理不尽な態度をとられていますと

だんだんと卑屈になっていってしまうのです。

その結果、自己愛性人格障害の被害者は

めんどくさい存在だと

思われやすくなってしまい

だんだんと本当に周りから人が

いなくなってしまうのです。

そうなると世間とはあなたのほうが

悪かったのではないかと

調べもせずに思うようになってしま

自己愛性人格障害の被害者が

その場にいられなくなることも

少なくないのです。

このようにいじめというものは

簡単に成立してしまいます。

いじめをなくそうと

世間的にはなっていますが

本当に之原因に気づいている人は

驚くほど少ないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする