あなたが攻撃されないためにはもう少し自分の痛みに敏感になってみる

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人は

他人の心の痛みはわからないが、

自分の心の痛みに関しては

ひどく敏感ということについて

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人は

コミュニケーション能力も高く

周りの人とうまくやっている人が

とても多いです。

ちょっと横着をしても

不思議と自己愛性人格障害の人がすると

なぜか許してもらえます。

被害者になるような人は

そんなに大したことをしていなくても

ちょっとしたことで

知らない間に

誰からも

口をきいてもらえなくなっていることも

あります。

不思議だと思いませんか?

なぜ自己愛性人格障害だと

許されるのでしょうか?

おなかの中にあんなにも

大きな怒りを抱えているのに

自己愛性人格障害の人は

不思議と過ごしやすそうにしています。

理由は

自己愛性人格障害の人は

自分を傷つける本当にちょっとした行為も

極端なほど許さないからです。

自己愛性人格障害の人は

病的なほど自尊心が低いため

心の中は恐怖でいっぱいになっています。

そのため、ちょっとした批判も

批判と呼べるほどのものでなくても

彼と違う意見を言っただけでも、

彼よりも目立ってしまうときでも

自己愛性人格障害の人は

驚くほどの恐怖が湧き上がってきて

怒りをあらわにします。

周りの人もそれが分かっていて

なぜか自己愛性人格障害の人には

ちょっと気を使って動いています。

少々怒鳴っていても

長時間誰かを叱咤していたとしても

誰も何も言いません。

特に上司に注意されることもなく

延々と怒り続けていたりしても

誰も何も言いません。

これに比べて被害者になりやすい人は

嫌なことをされても我慢してしまいます。

荒波を立てたくないのです。

そうすると

自己愛性人格障害の人でなくても

被害者になりやすい人は

荒波を立てたくないことが分かっているので

あなたにはなんでも言いやすくなります。

理不尽なことをされても

さらっと水に流してあげたり

許してあげたりしていませんか?

あなたのそんなところは

寛大だったり優しさだったり

いいところではあるのですが、

そのことによってあなたは

まあいいや、と思われがちになります。

気を使わなくても済むので

あなたとは

付き合いやすい人が多いと思いますが

そのことによって

ちょっと軽く見られてしまっているのです。

それに比べて自己愛性人格障害の人は

自分の痛みには

ものすごく敏感に反応しますので

周りの人も自己愛性人格障害の人には

少し気を使ってしまうのです。

Tiaraはどうしてあんなにも

自己愛性人格障害の人が言うと

説得力があるのだろうとか

自己愛性人格障害の人の都合のいいように

周りが動いてしまっているのは

なぜなんだろうと思っていました。

周りの人が気を使う環境になっていることが

自己愛性人格障害の人が

過ごしやすい理由なのです。

あなたももう少し自分の気持ちに

敏感になってはみませんか?

あなたは周りの人に気を使えるあまり

今までは、あなたのことは

軽くみられるようになってしまっていました。

そのことによって

あなたには攻撃しやすくなります。

あなたが子供のころから教わってきた

みんな仲良くしなさい、とか

ちょっとしたことは

水に流してあげなさい、とか

相手の気持ちを分かってあげたりしていると

あなたは相手を大事にしていますが

相手はあなたを大事にしていません。

きれいごとだけを守っていてもだめなのです。

あなたが親切にしても

相手があなたを大切に扱っていないと

感じたときは

あなたはその人とは

少し心の距離を置くようにしてください。

あなたが付き合うべき人間ではありません。

あなたはもっと大切に扱われるべきなのです。

子供のころに教わった

やられてもやり返してはいけません、

とは何もしないことではありません。

やり返すのではなく心の距離を置いて

付き合うべき人間を選ぶべきなのです。

あなたがもっと自分のことを大切にしていれば

そんな人とは付き合ってはいけないことは

本能で分かります。

あなたが自分を大切に思い始めると

だんだんとあなたには

攻撃しにくくなるのです。

あなたは自分が思っているように

他人にも扱われます。

あなたが自分を大切にしていなければ

相手もあなたを大切にしてくれません。

あなたが自分を大切にしていれば

あなたを大切にしてくれない人は

寄せ付けないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする