自己愛性人格障害の人の能力が高い理由は臆病だから?

こんにちは♡

今日は、自己愛性人格障害の人の

能力について

お話ししたいと思います。

自己愛性人格障害とは

とても恐ろしいですが、

その脳の構造はとても不思議で

あんなにも尊大な自分を演じているのは

極端に憶病なことの裏返しです。

普段は、とても臆病には見えませんが、

被害者に自分がしていることがばれることを

心のどこかで恐れているのです。

そしてばれたくないがために

必死で脅して、自分のことを恐れさせて

周りの人に知られないように

身動きをとれなくしているのです。

なんだかすべて反対のことに

見えてしまいますよね。

ですから自己愛性人格障害の特徴をよく知ると

怖いというよりも

病気の症状からの怯えや自信のなさや不安から

あのような尊大で恐ろしいイメージに見えています。

このことに気づくと

今まであなたがなぜか怖いと思っていた

自己愛性人格障害の人が

それほど怖くなく思えてきませんか?

自己愛性人格障害の人は

直接何かするわけではありません。

あなたを脅して自信を無くさせ、

自己愛性人格障害の人に

攻撃できなくしているのです。

あなたが何もしなくても

自己愛性人格障害の人は

その共感力のなさに

相手の感情がどんな風に動くのか

分からないことに恐怖を感じて

その前につぶして

前もって防御線を張っているのです。

あなたがどんな動きをしてくるのか

分からず勝手に極端な恐怖心をいだいています。

その原因は自尊心がほとんどないため

価値のない自分がつぶされることが怖いのです。

だから尊大な自分を必死でふるまい、

価値のある存在に見せかけていないと

その恐怖心は収まりません。

そして機会あるごとに

周りの人をつぶし、つぶしながら自分を上げて

いつの間にか本当に才能が開花していたり

地位の高い人物になっていたりします。

その極端な恐怖心のおかげで

本当に立派な人物に見えるようになっているのです。

ですがその姿はすべて外堀だけで作られているので

深く突っ込まれると困ります。

責任が取れないしとれる自信もないのです。

だからあなたにそれがばれそうになると

ごまかして行方をくらましたり

連絡が取れなくなります。

あなたも自尊心が低いので

それは自分のせいだと思っているかもしれませんが

それはあなたのせいではなく

自己愛性人格障害の人の

心の中の問題なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする