自己愛性人格障害は、自分で誘っておいて置いていくのが好き

こんばんは♡

今日は自己愛性人格障害の人は

自分から誘っておいて、

約束を破ったり、置いていくのが好き、

ということについてお話ししたいと思います。

自己愛性人格障害の人とお付き合いをすると

幸せな時は、今までの彼を全部忘れてしまうくらい

すてきな気分に浸らせてくれます。

多趣味で、頭もよく、知的な自己愛性人格障害の人と付き合うと、

自己愛が魅力的過ぎて、もう健常者と付き合う自信がない、という人がいますが、

自己愛性人格障害の人は

すてきな思いをさせてくれれば、させた分だけ

今度は強烈にひどいことをします。

しかもそれは、だんだんひどくなっていき

勢いを増していくので

ほとんどの人が彼といられなくなります。

話せば分かってくれる、と未来に希望をえがいているあなたは

究極に恐ろしい思いをすることになるのです。

あなたが彼と一緒にいる理由は

彼があんなにもすてきだからですよね?

でもあなたが素敵な思いをすればするほど

彼は急に別れ話を何の意味もなく出します。

あなたを完全に夢中にさせておいてから

捨てるのです。

でも、あなたがいなくなると急に不安になり

彼から連絡が入るのです。

そしてそれを何度も何度も繰り返しされます。

そしてあなたは精神的に参っていくのです。

それでもあなたが強烈に彼から離れたくなるくらいの

とんでもなくひどいことを彼がします。

あなたが彼に希望を抱いた分、

よりショックだと思います。

なかなか立ち直れない被害者の方も数多く見てきました。

それでも、そんなにも彼のことが好きなはずなのに

最後は、必ず、彼から離れたい!と言って

全力で逃げます。

まだ彼が激化していない人は、

本当に彼は自己愛性人格障害なんでしょうか?と聞いてくる被害者の方が

みえますが、あなたが何とも言えない怖さを彼から感じていることが

もうすでに彼が自己愛性人格障害だと物語っているのです。

あんなにも知的に見える彼ですが、

実は判断能力がありません

それを尊大な自分を見せつけることによって

隠し通しているのです。

あなたが感じるその恐怖と疑問、すべてが

自己愛性人格障害の証拠なのです。

DVなどは、若いころはひどかったりしますが、

その人が自己愛性人格障害でない限り、

暴力は歳とともに治る人がほとんどです。

ですが、自己愛性人格障害は、

歳をとるごとに

ひどくなっていくのです。

そしてそれを本人も自覚することができず、

激化していきます

最後には判断能力がないことと、自分がそんなひどいことをしてきたことを

認めてしまうと、生きていけないほどのショックが

自己愛性人格障害を苦しめますので

それから逃れるために、

自分はそんなことをしていない、と本気で思い込み

記憶を改ざんしてしまうのです。

そして改ざんされた記憶の中では

あなたが完全に悪者になっています

あなたが違うといっても信じてもらえないくらい

自己愛性人格障害の人は

人づきあいがうまく社交的で

誰からも信頼されます。

あなたにしか分からないのです。

だからTiaraは、彼が自己愛性人格障害だと気付いた瞬間に

彼から離れることをお勧めするのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする